« モンテの補強ポイントは | トップページ | いよいよ豪雪か »

HAKUTO-Rとは?

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、午前中は雨模様のお天気で、しかも気温が低かった。昼からこのお天気は回復に向かい、晴れ間が出てきたのですが、気温はあまり上がりませんでした。今日は在宅勤務でしたので、こういう寒い日は着込んで仕事をすることになります。カーボンヒーターをそろそろ出すかな。昼食を調達するために近所のスーパーに出た帰り道に眼鏡屋に寄り、注文しておいた老眼鏡を引き取ってきました。これで手元の細かい字や、PCの小さいフォントを明瞭に読むことができます。

 さて、最初のアルテミスミッションである無人のオリオン宇宙船が無事に地球に戻ってきて、アメリカの宇宙船ですから着水に成功いたしました。(ロシアや中国は草原などに下りるのですよね。)次はいよいよ宇宙飛行士が搭乗して、人類は再び月を目指すということになります。
 オリオン宇宙船と入れ替わる様に、日本のベンチャー(最近は「スタートアップ」という)宇宙企業の「HAKUTO-R」という探査機がスペースXのロケットで打ち上げられました。民間企業の月探査機が着陸に成功すれば、世界初となるそうですが、月着陸まではしばらくかかる様ですので、「現時点ではその可能性がある」ということです。としても、この会社「iSpace(アイスペース)」というそうですが、巨額の費用がかかる宇宙開発の資金をよく調達できたものだな、と思います。日本でもいくつか宇宙開発企業が出てきましたが、何しろ新規ビジネスで宇宙開発となれば、技術力はともかく資金力が問題になることが多いです。
 アメリカでも多くの民間企業が宇宙開発に登場しましたが、その多くは資金力に難があり、頓挫してしまった企業が数知れずです。
 国からも支援を受けているのだろうと思いますが、この最初のミッションを成功させることが、まずは非常に大切ですね。月着陸は5カ月先になるらしいのですが何とか成功させて欲しいと思います。

|

« モンテの補強ポイントは | トップページ | いよいよ豪雪か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モンテの補強ポイントは | トップページ | いよいよ豪雪か »