« ホイップだけサンド | トップページ | ウィズコロナはいいけれども »

風呂の追い炊き機能

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、昨日の日曜日の夜は、弱いながらも東京はほんの少し雨が落ちてきましたが、この雨は長くは続かず、今朝には上がっていて天気は急速に回復してきました。昼間は晴れましたが、北寄りの風が吹いて気温は上がらなかったです。

 さすがに11月ともなると、夜に入浴をシャワーだけで済ますというのは少し寒い。湯舟に浸かって温まりたいので、浴槽にお湯を張っております。ですが、浴槽に浸かるのは小生一人ですから、1回の入浴でお湯を捨ててしまうのはもったいない。で、2回目は「追い炊き」のスイッチを押して、冷めてしまった前日のお湯をもう一回沸かすということをやっています。
 が、この「追い炊き」がですねえ、一定時間で止まってしまうので、浴槽に浸かると、浴槽の上層の方だけが熱くなっていて、底の方は冷たいのです。熱いお湯は上の方へと集まりますから、こういうことになるのですが、つまりこれだと未だぬるいです。結局、この機能は普通にお湯を張った状態で、お湯がぬるくなってきた時に追加でお湯を沸かす機能なのでしょうね。きちんと沸かし直しする訳ではないと。

|

« ホイップだけサンド | トップページ | ウィズコロナはいいけれども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホイップだけサンド | トップページ | ウィズコロナはいいけれども »