« 墨汁ほぼ消える | トップページ | 悪質自転車 »

モンテ下剋上なるか

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、朝は少し雲がありましたが、概ね終日秋らしい爽やかな一日でした。気温も昼間は快適な気温で過ごしやすかったですね。

 明後日の日曜日の14:00 いよいよJ1参入プレーオフが開催されます。モンテディオ山形は最終節で6位を徳島、仙台と争い、一番厳しい位置からまくって6位に滑り込み、プレーオフ第1戦は3位のファジアーノ岡山と戦います。プレーオフのルールで、引き分けの場合にはレギュラーシーズン上位のチームが勝ちということになりますので、モンテとしては勝ち以外はダメです。まあ、これは最終節の徳島戦でも同じ条件でしたけどね。
 しかも、相手の岡山とは今年3回あたって3回負け(うち1回は不成立ですが)実質的にはシーズンダブルどころかシーズントリプルを食らっている相手です。その指揮官はかつて山形の監督もやっていた木山監督です。過去対戦結果、アウェイの地、引き分けは負けと、非常に厳しい一戦です。
 モンテにとって良い材料とすれば、シーズンの最終盤にきて大分徳島と強敵を連勝で破って、勢いがあること。岡山は逆にブラウブリッツ秋田と東京ヴェルディに連敗してシーズンを終えているので、絶好調とは言い難いのかもしれません。引き分けでも終わりですからモンテは最低1点は取らねばなりません。先制点を取ることができれば、あるいは何かが変わるかもしれません。

|

« 墨汁ほぼ消える | トップページ | 悪質自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 墨汁ほぼ消える | トップページ | 悪質自転車 »