« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | 甲府が天皇杯初優勝 »

結局他力本願寺

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、小生の出社時から既に雨がパラパラと落ちておりまして、折り畳み傘を止めて、大きな傘をさして出社いたしました。ただ、雨はそれほど強いものではなく、折り畳み傘でも十分でした。

 昨日のJ2の試合結果の続きです。モンテディオ山形は大分に勝ち、一瞬だけ6位に浮上したのでありますが、その後の試合で仙台は熊本に勝ち、徳島は大宮に勝ちましたので、モンテはたちまちこの2チームに抜かれて、あっという間に8位に後退してしまいました。
 昨日の記事に書きました様に、モンテの最終節の相手は徳島です。ですので、モンテとしては徳島に最低でも勝たないといけません。仮にモンテが徳島に勝ったとすると、その時点で徳島のプレーオフ進出は無くなります。
 但し、最終節で仙台が秋田に勝つと、文句なく6位で、仙台がプレーオフ進出です。モンテが勝ち、仙台が引き分けですと、仙台は勝ち点差でモンテを抜けませんから、モンテディオがプレーオフ進出。
 結局、モンテディオとしては徳島にたとえ勝ったとしても、「秋田さん、頑張って何とか引き分け以上お願いします。」という他力本願ということになります。現在ブラウブリッツ秋田は中々調子が良くて、仙台を撃破というのはそんなに無理筋ではないですが、いずれにしても他力本願寺へのお願いです。
 アウェイの大宮戦か、ホームの水戸戦のどちらかで勝ち点3をとっていれば、最終節自力で6位確保できた筈ですが、終わってしまったことを言っても仕方が無い。それを言ったらシーズン全体で惜しい試合が沢山ありますからねえ。

|

« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | 甲府が天皇杯初優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | 甲府が天皇杯初優勝 »