« E8系投入と新板谷トンネル | トップページ | アントニオ猪木 »

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、今日から10月なんですが、外に出れば歩いている人の服装は、未だ8月か?と思う様な半袖Tシャツ姿が多くて驚きます。要するに昼間は残暑なんですが、朝晩は涼しく、気温差が大きくなったと言えるでしょう。

 さて、本日のモンテディオ山形は、ホームのNDスタジアムに首位のアルビレックス新潟を迎えての一戦です。
 こちらがアウェイでビッグスワンに行った時には3-0の完敗でしたから、今日は何が何でも雪辱を果たして、新潟のJ2優勝に待ったを掛けてもらいたいところです。

 実はアルビレックスも志向するサッカーはポゼッションサッカーで、モンテに似ています。
 さて、どうなるか。
 前半は、攻守の切り替えを早くしたモンテのペースで、前半34分、ディサロの今期5点目となるゴールで先制に成功。1-0にて折り返し。
 後半になると、さすがの首位新潟が攻勢に転じて、モンテは押し込まれる時間が多くなってしまいます。それでも全員の守備で耐えていたのですが、後半40分についに同点に追い付かれてしまいます。
 試合はこのまま1-1での引き分け。勝ち点3は取れませんでした。残念無念です。

|

« E8系投入と新板谷トンネル | トップページ | アントニオ猪木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« E8系投入と新板谷トンネル | トップページ | アントニオ猪木 »