« 台風接近中 | トップページ | 抗VEGF »

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 月曜日、敬老の日の東京、遥か西にいる筈の台風の影響なのか、お昼頃はかなり強い雨が降ってくるなど不安定なお天気でした。

 さて、昨日のモンテディオ山形、ホームのNDスタジアムにジェフユナイテッド千葉を迎えての一戦、お互いにギリギリのところでプレーオフ進出を賭けての試合でした。小生は知りませんでしたが、このように立ち位置が拮抗している同士の試合を、6ポイントカードとか言うらしいです。つまりは、勝った方は勝ち点3を手にすると同時に、その勝ち点3をどうしても欲しかった相手に勝つことで6点の差をつけるという意味なのでしょうか。勿論本来的には3点差が付くだけなのですけどね。
 昨日の千葉は、かなり積極的な攻撃をみせ、実際これは殆ど1点取られたと思った千葉の大チャンスもありましたが、しかし前半で先制に成功したのはモンテでした。鮮やかな素早い崩しで千葉のディフェンス陣を突破して、加藤選手が左から見事に決めました。
 1-0で前半を終えて後半に入ると、千葉の監督はごそっと交代カードを切って攻撃を活性化。モンテは後半が始まると、かなりの時間押し込まれる展開になりました。ただ、半田選手を始め粘り強い守備で千葉の攻撃を防いでいると、カウンターのチャンスが訪れ、樺山選手が初ゴールを決めて2-0。残り時間からこの追加点が千葉にかなりのダメージとなり、モンテはこのリードを守り切り、2-0で貴重な勝ち点3を掴みました。

 プレーオフ圏内と勝ち点2差となり、後は残り試合どれだけ勝ち点を積み上げられるか。他力本願的な所もありますが、なんとかプレーオフ進出を果たしてもらいたいところです。

|

« 台風接近中 | トップページ | 抗VEGF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風接近中 | トップページ | 抗VEGF »