« 国連機能せず | トップページ | 墓参り »

特別軍事作戦とは

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中は未だ晴れ間も見られたのですが、昼過ぎから雲が出てきて、時折俄雨が落ちてくるようになりました。この間大きな台風が日本列島を横断していったところですが、またしても熱帯低気圧が明日あたり台風に発達し、北上してくるのではという予報が出ています。折角の3連休なのに勘弁してくれと言いたくなりますね。

 さて、昼のニュースでも流れていましたが、ロシアのプーチン大統領が国民向けに直接話していた内容によると、例のウクライナへの侵略戦争で相当に兵力が足らなくなってきたようで、予備役から30万人を動員するとか言っていましたね。
 進んで戦争に行きたい人はそうそういる訳ないので、これはもうかつての日本がやっていたように、国の命令として召集令状で兵隊を集めるということを始めたということです。確かプーチン大統領は、ウクライナへの侵略戦争を「特別軍事作戦」とか言っていましたが、こんな動員をかけてまで遂行しなくてはならないにも関わらず、未だに総動員の戦争とは言えないのがロシアの苦しさなんだろうなあと思います。
 これでもなお、ロシアの国民はプーチン大統領を支持しているのか?と呆れてしまいますが、例えば政権の内部とか、戦争をやらされている軍などから、クーデターを起こして大統領を引きずり下ろす、という動きが無いのが不思議な感じがします。

|

« 国連機能せず | トップページ | 墓参り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国連機能せず | トップページ | 墓参り »