« 特別軍事作戦とは | トップページ | 儚い台風15号 »

墓参り

 こんばんは、チェスです。

 金曜日、秋分の日でお休みの東京は、昼の間は何とかギリギリ、雨は降らずに堪えたかな、という感じでした。湿度が高いせいか、気温ほど涼しいとは思えず、むしろ蒸し暑さを感じました。
 9月23日は、小生の父親の命日です。秋のお彼岸で、お墓参りのシーズンということになるのですが、どうも父親からは「どうせお前は殊勝に墓参りなんぞはしないだろうから、せめて秋の彼岸位はお寺に来い」とか言われているような気がします。
 お天気が心配でしたが、折り畳み傘を持って昼前に出かけて、高円寺にあるお寺で弟と合流。高円寺駅のそばの花屋に寄ったのですが、さすがにお彼岸で、仏花は既に売り切れていまして、些か寂しい花を買っていきました。

 墓参りを終えて、ステーキチェーン店の「フォルクス」で弟と昼食を食べて、国立新美術館へ送ってもらいました。「ルートヴィヒ美術館展」の無料入場券をいただいていたので、会期の最終盤に滑り込んで鑑賞してきました。

 

|

« 特別軍事作戦とは | トップページ | 儚い台風15号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特別軍事作戦とは | トップページ | 儚い台風15号 »