« 儚い台風15号 | トップページ | 蚊の寿命 »

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 3連休の最終日の日曜日、東京は漸く朝から晴れて、やがて快晴の空になりました。気温も暑からず寒からずの適度な気温で、正に爽やかな秋らしい一日という感じでした。

 ところで、昨日の土曜日の夕方、アウェイで東京ヴェルディと激突した我らがモンテディオ山形、1-0で負けました。
 キックオフこそ時間通りだったのですが、やがて強烈な雷雨が味の素スタジアムに襲来し、前半に試合は中断。ピッチのコンディションは当然に悪く、まあこれは両チームに平等な条件ですが、とにかく厳しい試合です。
 前半は0-0だったのですが、後半、コーナーキックからのチャンスをヴェルディに決められて先制を許してしまいます。
 モンテとしては、何が何でも勝ち点3が欲しい。後半に入って最近のパターン、デラトーレにチアゴ・アウベスと攻撃的な選手を投入して、敵陣に迫るも、ヴェルディも粘り強い守備でゴールを割らせず、虎の子の1点を守り切りました。
 かつてのヴェルディとちょっとイメージが変わった印象で、驚きました。

 時節、モンテはホームにて、首位を快走しているアルビレックス新潟を迎えます。どんな形でも良いですから、新潟に土を付けて勝って欲しいところです。


|

« 儚い台風15号 | トップページ | 蚊の寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 儚い台風15号 | トップページ | 蚊の寿命 »