« 東京オリンピック贈収賄事件 | トップページ | 白内障手術の翌日 »

白内障手術(右眼)

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、早朝こそ晴れ間が見られた空でしたが、午前中の間に雲が厚くなり、昼過ぎには雨が落ちてきました。

 ところで、本日は有給休暇を取りまして、近所の眼科へ白内障の手術を受けに行って参りました。
 最後に手術と名前が付いたのを受けたのは、1999年の下垂体腫瘍の時以来です。

 朝9時出頭を指定されていましたので、10分程前に到着。既に3人が待っていましたが、うち一人は付き添いのご主人と分かりましたので、小生と一緒に手術を受けるのは他に2人と判明しました。

 4種類の点眼薬を繰り返し受けて、ようやく準備完了。小生がトップバッターでした。

 点眼麻酔のため、痛みは全く感じません。今何をやっているかは、先制が説明しながらでしたので、特に不安はありませんでした。20分と聞いていた手術時間でしたが、実際はもっと早かった様に思います。
 終わって、お菓子と冷たいお茶を出していただいて、いくつか注意事項を聞いて、1階の薬局で呼んでもらったタクシーに乗って帰宅。近所ですから、ワンメーターと迎車料金で900円弱でした。

 今日のところは右眼眼帯で、左目は元々近視なのに眼鏡をかけられませんので、かなり不自由です。

|

« 東京オリンピック贈収賄事件 | トップページ | 白内障手術の翌日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京オリンピック贈収賄事件 | トップページ | 白内障手術の翌日 »