« 豪雨の影響 | トップページ | ルンバが戻ってきた »

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、雲の多めの空模様ではありましたが、不安定なお天気ということもなく、気温も8月前半と思えばまずまず快適な部類の一日だったと思います。

 さて、昨日のモンテディオは、アウェイでレノファ山口との一戦。今年のレノファはホームで強く、更に昨日の試合は「声出し応援」の指定試合になり、大きなサポーターの後押しを受けて勝ちに来ると思われました。
 モンテのサポーターは、どの位現地応援に行ったか?いや、さすがに山口は遠いので、ブルーのサポーターは少なかった様ですが、仕方ないですね。
 そして試合でも、レノファは積極的にボールを支配して、特に前半は押し込まれる展開が多かった。ただ、両チームネットを揺らすことなく前半が終わり、後半に入るとモンテのクラモフスキー監督は一気に3枚換えの選手交代を行って、ゲームバランスを変えようという意図が見られました。しかし90分が過ぎてこのままスコアレスドローになってしまうのかと思ったアディショナルタイムに、後半投入のデラトーレ選手が、これぞストライカーという角度の無いところからのゴールを決め、これが決勝点。0-1にて、モンテは上位追走のための貴重な貴重な勝ち点3を掴みました。試合全体としてはかなりレノファは押しており、シュート数でもモンテの倍程は打っているため、後藤選手のファインセーブなど粘り強い守備が勝因でしたでしょうか。

|

« 豪雨の影響 | トップページ | ルンバが戻ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豪雨の影響 | トップページ | ルンバが戻ってきた »