« 銀行の営業攻勢 | トップページ | 土用の丑(2回目) »

信夫山

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、月曜日から8月ですが、8月に入って早速猛暑日の連続になっています。昨日に続いて本日の東京も昼前には早くも猛暑日になりました。会社におりますとオフィスには冷房が効いていて、家にいるより数等快適です。

 NHKのBSプレミアムの番組なのかな、「にっぽん百名山」という登山をテーマにした自然探訪番組がありました。(未だ継続しているかは不明です)「百名山」の殆どの山は、登山には相応の経験と技術を要する高い山になるのですが、この番組のスピンオフ番組で「にっぽん百低山」というのが最近(もう数年前になるのか)始まり、こちらもBSで放送されたのがスタートでしたが、今はNHK総合の地上波でも流れています。MCは「酒場詩人」の吉田類さん。キャッチコピーは「山高きゆえに尊からず」。水曜日の昼のニュースの後なので、会社のカフェテリアでお昼を食べていると、見ることができます。
 本日(8月3日)の放送は、福島県の信夫山でした。毎回、吉田類さんの相方としてゲストの女性が登場しますが、今回は福島県出身のフリーアナウンサーの唐橋ユミさんでした。実は小生は唐橋ユミさんのファンなので、注目して拝見いたしました。

 東北新幹線の福島駅を出る下りのつばさ号に乗っていると、福島駅から渡り線で奥羽本線に下りていきますが、北へ向かう東北新幹線の方は、福島駅を出て直ぐの所で小さな山のトンネルに入っています。この山が信夫山です。福島市の北の方にある、山というよりは小高い丘の様な感じなのですが、遥か昔の万葉集にも登場する歴史ある山で、この山の稜線上にはいくつもの神社が並んでいると紹介されておりました。
 東北新幹線の他、国道13号線の本線の方も信夫山にトンネルを貫いて通っています。しかし13号線のバイパスと在来線の東北本線は、この山を西側に逃げて通しています。東北自動車道は、更に西を走っています。
 信夫山の標高はさして高くはなく、福島盆地の西に聳える吾妻連峰の様な厳しい山では無さそうです。ですが登れば福島市街地を北から見下ろす感じで、機会があれば行ってみたいと思った次第です。

|

« 銀行の営業攻勢 | トップページ | 土用の丑(2回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀行の営業攻勢 | トップページ | 土用の丑(2回目) »