« 停電 | トップページ | 9月の帰省はキャンセル »

仕事用眼鏡壊れる

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの水曜日の東京、朝から曇り空で、天気予報では午後には雨が降り出すとのことでしたので、折り畳み傘を鞄に入れて出社しました。

 小生は会社の席につくと、まずやるべきことは仕事用の眼鏡にかけ替えることです。
 これはもうかなり長い間そうなっていますが、要するに老眼が始まったために、普通の近視用の眼鏡ではパソコンの画面が見ずらいのです。
 普通の眼鏡は一応遠近両用にはなっていますが、これはあくまでもレンズの一部(下の方)だけを近くを見やすくしているだけなので、パソコン画面を見るには全く向いていない。
 いっそのこと、眼鏡をかけ替えてしまった方が良いのです。

 で、今日も眼鏡をかけ替えようとしましたら、仕事用眼鏡はナイロールといって、糸でレンズを吊っている形式なのですが、その糸が切れて、レンズが外れてしまいました。
 これはもう、どうしようも無い。で、今日は一日普通の眼鏡で仕事をしましたが、近くに焦点が合わないので疲れることおびただしい。帰宅途中に眼鏡屋に寄って、修理を依頼しました。

|

« 停電 | トップページ | 9月の帰省はキャンセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 停電 | トップページ | 9月の帰省はキャンセル »