« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

ゴルバチョフさん

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝のうちは雲が優勢の曇り空でしたが、次第に晴れてきて気温が上昇、昨日は本当に涼しく夜寝ていると風邪を引きそうでしたが、今日は再び残暑が厳しくなりました。

 昨日のニュースになりますが、旧ソ連の最後の大統領ゴルバチョフさんが亡くなったと報じられておりました。

 ゴルバチョフさんと聞くと、ペレストロイカ、グラスノスチという言葉が連想されますが、「統制された社会主義による計画経済はもうダメだ。」と考えて、西側諸国の自由経済に移行する以外は無いだろうと、ソ連共産党による一党独裁は止めましょうと言い出した人と考えています。
 ゴルバチョフさんではなくても、他の誰であっても、一党独裁の社会主義計画経済がもはや立ち行かなくなっていることは薄々わかっていたことでしょうが、それをはっきり言ってしまった結果、結果としてソ連は崩壊。ソ連として最後の大統領になってしまいました。ただ、米ソ対決の東西冷戦という構造を実質的に終了させたという点ではその評価は大きく、つまりこの人は外国と国内の評価が大きく違っているということになりますね。
 ソ連が崩壊してしまったのは、ゴルバチョフさんのせいだ、というのが、今のロシアの国内評価であれば、亡くなったとしてもあまり大きく報道はされないのかもしれないですね。長寿は全うされたと言って良いと思いますが。

| | コメント (0)

スーパーのレジ係

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日の好天から一転して、どんより曇り空の一日で、しかも午後にはしとしとと雨が落ちてきました。気温も低かったのですが湿度が高いので、じめっとしていましたね。

 本日は在宅勤務をしていましたので、お昼休みに相当する時間に、亀有方面へと昼食を調達しに行きました。
 すぐそばに「まいばすけっと」があるのですが、時々お散歩を兼ねて、綾瀬と亀有の中間で、鉄道高架下にある「イーマート」というスーパーに行きます。

 今日は「タラフライ弁当」という、メインのおかずがタラのフライという、初めて見たお弁当がありましたので、迷わずこいつを購入しました。他にもいくつか食材を買って、かごをレジに運びますと、レジ係の人は、空のかごに移し替える方法で値段をスキャンしていきます。まあ、これはどこのスーパーでも同じです。
 で、精算が終わったかごを持って袋に詰めるのは自分でやるのですが、レジ係の人が移し替えたかごを見ると、これがまあ見事に整理されて綺麗に納めてあるのですね。毎日やっている仕事なので、ごく自然にやってしまうのでしょうが、ちょっと驚きますね。

| | コメント (0)

減便

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、基本的には好天と言って良く、秋を感じる爽やかさがありました。「春は麗らか、秋は爽やか」なんです。俳句の世界ですが。

 今日から東京メトロはいくつかの路線で運行する電車の数を減らす~減便を行うのだそうです。
 小生が朝に夕に乗っている東京メトロ千代田線も、減便の対象になっている様です。
 ただ、JR東日本の常磐線各駅停車、つまり綾瀬から先の柏や我孫子、取手からやってきて、千代田線に乗り入れてくる電車は、JRの都合もありますから減便の対象にはしにくいでしょうね。ということは、北綾瀬、あるいは綾瀬始発の電車を減らすという訳ですね。反対側も同様に、小田急から来る電車はそのままで、代々木上原始発電車を減らすのでしょう。
 小生の出勤時、これまで時々乗っていた北綾瀬始発の霞ヶ関行きという、設定の少ない電車は、幸い減便の対象にはなっていませんでした。がその後の綾瀬始発の電車が無くなっておりました。
 乗っている感じでは、そんなに乗客の数が減っているとも思えないけれども、鉄道会社からすればコスト優先ですから、輸送効率はとことん上げたいということなのでしょう。三密を避けて時差出勤やテレワークにご協力を、とアナウンスしておきながら、電車の密度はしっかり上げるとはね。

| | コメント (0)

宿題

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中は小雨が落ちてくるどんよりした空で、午後になると少しずつ空は明るくなり、夕方には青空ものぞいておりました。気温は昨日よりかなり低かったですね。

 今日は8月の最後の日曜日で、小生はこの時期に毎年似た様なことを書いているのですが、小学生、中学生の頃の夏休みの宿題の追い込みに入っているのですね。ただ東北、北海道の子供たちはもう2学期が始まっているので、今頃宿題は間に合わないです。

 時間を計画的に配分するということは苦手であったので、夏休みの宿題も尻に火がついてから頑張るのが毎年でした。確か小学生の低学年の頃、夏休みの絵日記を出さないといけなかったのですが、まるきり書いていなかった。それで母親に助けてもらったのですが、母親は実に器用な人で、頁の上半分に何か絵を描いて、下半分に日記を書く絵日記帳の上半分に、さらさらと上手く絵を描いてくれました。小生はそれを見ながら日記をでっちあげるという様な作業をした様に覚えております。
 今年の8月は残り3日。みんな宿題頑張れよ。

| | コメント (0)

浮間公園

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、午前中は曇り空でしたが、昼過ぎから青空がのぞくようになり、晴れ間が広がりました。明日の日曜日はどうも雨の予報が出ているため、午後少し遅い時間になってしまいましたが、一度行ってみようかと思っていた浮間公園に行きました。

 埼京線の各駅停車しか停車しませんが、赤羽から2つ目の駅、浮間舟渡の東側すぐが浮間公園の入り口です。それなりに大きな池がありまして、この池のすぐ東を荒川が流れています。一方、池の西側は鉄道の高架を挟んで新河岸川です。どうも、なんとなくですが、昔の荒川の流れの痕跡が、今の浮間公園の池なのではないの?という感じがしますが、果たしてどうなのでしょうか。
 この池は魚釣りOKという面白い池で、あちらこちらで釣竿を出して釣りを楽しんでいる方々がいました。

 未だ夏の名残がたっぷり残っていて、秋の季語で俳句を詠むのは厳しかった。公園の入り口に「コメダ珈琲」がありました。一人なのでカウンター席が空いていて直ぐに案内してくれました。コメダのコーヒーには「カフェオレ」と「ミルクコーヒー」のそれぞれホットとアイスがあるのですが、おそらくはミルクリッチなのがミルクコーヒーなのでしょうね。

 ところで、モンテディオ山形でCOVID-19の集団感染が発生したことで、今週末の大宮戦は中止となりました。

| | コメント (0)

AED

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、涼しかった昨日よりは、何やら少し蒸し暑い一日ではありました。午前中は概ね曇り空で、午後になると雨が落ちてきました。

 本日は会社で火災発生時の避難訓練があり、これはまあ、火災発生の非常ベルが鳴ったら急いで避難するだけで、どうということはありません。
 が、今日はその後に、AEDの使用方法の解説というか講話がありました。会社には、1階の受付の所にAEDが置かれているのですが、流石にこの使い方を知らないというのは、話にならないということになってしまいますからね。何年も前に使い方を習ったのですが、人間、何年も前に一度きりのことをよく覚えている訳ではありません。

 AED、日本語では自動体外式除細動器と言います。日本では、というか世界でもどこでも多いと思いますが、心臓の心室細動が原因で亡くなる人はかなり多いと言います。心室細動というのは、心臓が収縮動作を止めて痙攣をおこしている状態で、血液が送れない状態です。そのため、AEDは電流を流して心室細動を止める。但し止めただけではやはり亡くなってしまうので、同時に胸骨圧迫をしないといけないのだそうです。
 この胸骨圧迫が、実は中々大変で、訓練用の人形でやらせてもらいましたが、かなり力を要し疲れます。一人で続けるのは到底無理で、何人かで交代してやる必要があるように思いました。AEDがどんな場所に設置されているかを知っておくことも大事だと思いますが、設置場所に勤務する人間は、使用講習を必ず受ける必要がある様に思いました。

| | コメント (0)

フライパン

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝から曇り空で、午後になると更に雲が厚くなってきました。あちらこちらで雨が落ちてきたのではないかと思います。

 暫く前に、カミさんの親戚に不幸がありまして、香典を出したのですが、香典返しを頂戴し、これがカタログギフトでございました。考えて、こちらで使っているフライパンはもうかなり使い込んで表面のテフロン加工もおそらく剥げてしまっていると思われ、新しいフライパンを貰うことにしました。

 そのフライパンは未だ到着していないのですが、たまたま今日は第4木曜日で、小生が住んでいる地域の「燃えないゴミ回収日」になっているのです。昼頃に近所のスーパーに昼食を調達しに出かけた時、出されていた小型家電などが未だ回収されないで置かれておりました。
 で、それを見て、もうすぐ新しいフライパンが来るだろうから、今の古いフライパンを今日出してしまおうか、と突然思い立ち、昼食前に出してしまったのですね。
 で、メッセージでカミさんに伝えると、「それは早すぎる」と注意されました。確かに、新しいフライパンがいつ配送されるかはわからないのです。ちと早まったか、と思って、昼食を食べてからゴミ出しの所へ行ってみると、未だ回収されずに残っていたので、一旦出した古フライパンを引き上げてきました。危ういところで延命です。

| | コメント (0)

DART

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝は晴れておりましたが、昼頃から雲が厚くなって空が暗くなりました。会社のある東京の北部は雨は降りませんでしたが、おそらく西の方では雨が降っているような、冷たい風が吹いてきました。今日は傘を持って出なかったので、さっさと帰りました。

 来月の9月26日にNASAでは小惑星に宇宙船を衝突させる実験を実施するそうです。この実験は、「Double Asteroid Redirection Test」(DART)というそうです。
 小惑星が地球に衝突してきたら、それが大した大きさのものではないにせよ、地球には相当な被害が発生する可能性があります。悪くすれば人類滅亡という可能性もあり、そんなテーマで映画が何本も撮られるほど、これは設定しやすいテーマなのだということでしょう。
 ある程度以上の大きさの小惑星は、存在や軌道がわかっており、それらが地球軌道と交差しないということも判明しています。ですが、小惑星は未だに新しく発見されるという様な存在であり、そうした新たな小惑星は暫く観測しませんと軌道は確定されません。ということは、地球軌道とクロスする小惑星がある日発見されるという可能性も、無いとは言い切れません。
 ならばどうする、ということで、衝突の可能性のある小惑星が見つかったら、宇宙船をぶっつけて、破壊は無理でも軌道をちょっと変えてやることはできないか、というのが今回の実験の目的です。
 うまく実験が成功すると良いですね。

| | コメント (0)

手術前検査

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日は涼しかったですが、今日は再び暑くなりました。
 白内障の手術日程が決まったので、その前の術前検査というのが本日ありまして、午後は半日休暇をとって、眼科の午後の診察が始まる3時を待って眼科に行きました。

いつもの検査の後、またしても瞳孔を開く目薬を合計4回位打たれて、目の写真などを撮られて、最後に先生の診察。
例の加齢黄斑変性の部分は、いかなる訳か順調に治っているね、と言われました。緑内障の眼圧を下げる点眼薬を打っているだけなのに、そこが良くなるってことはあるのか?と思いましたが、先生の話だとありうることだと。
 まあ、もうちょっと観察していくということになり、注射をどうするかはあとで決めるそうです。

 そして、白内障手術の説明。2ミリ程切って、そこから器具を入れて水晶体を壊して吸い出し、空いたところに眼内レンズを入れる。時間は計20分くらいだと。
 当日は、タクシーで帰宅してくれということで、眼科はかなり近いので、乗るのは恥ずかしいですが仕方ありません。
 瞳孔開いてしまうと、あとずっと眩しいのはかないませんな。

| | コメント (0)

傘を持っていない時

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、朝は結構涼しく、曇り空が概ね終日続きました。
 天気予報でも曇り空で、テレビ朝日のある六本木かな、そこも曇りでしたので、今日は雨は降らないのだろうと思って傘を持たずに家を出ました。
 西日暮里駅で千代田線の駅から乗り換えのためにJRのプラットフォームに上がると、なんということか、結構な音を立てて雨が降っている。あちゃ~傘を持っていないぞ。
 下車駅で降りると、雨は多少小降りになっていましたが、未だ降っています。西日暮里の時位に降っていたら、もう仕方ないからコンビニでビニール傘を買うかと覚悟していましたが、微妙な小雨です。
 ビニール傘を買うという他、駅で暫く雨宿りをして様子を見る、という選択肢もある。家を早く出ていますから、10分や20分は大丈夫なのです。その他に、都営バスに乗る、という選択肢もある。2つ目の停留所で降りるくらいの近さなので、いつもは歩いている距離なのですが、雨に降られる時間はほんのちょっとに減ります。
 という様な検討を瞬時に行って、結局いつもと同じに歩いていきました。歩いているうちに雨は殆ど止みましたので、結果論で言えば、「駅で暫く雨宿り」が正解だった。スマホで雨雲レーダーを見れば良かったかな。

| | コメント (0)

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中は時折にわか雨が降ったりして、少し不安定なお天気でした。気温はそれほど上がらず、まあ過ごし易い一日と言って良いかと思います。

 さて、昨日の土曜日、我がモンテディオ山形はアウェイで沖縄に乗り込み、琉球FCとの一戦でした。琉球は22位に沈んではいるものの、前節勝ち点3を掴んでおり、降格圏からの脱出を狙ってくるでしょう。

 そして試合ですが、前半10分程だったか、阿部選手に先制点を決められて、1-0での折り返し。後半に入り、クラモフスキー監督はいつものように交代カードを切って、デラトーレやチアゴアウベスを投入。すると後半19分にそのデラトーレが同点に追い付くシュート。が、しかし、おいついた直後に、今度は人見選手のヘディングシュートで琉球が2-1と勝ち越し。
 但し、これで終わらないのが今のモンテディオ。後半36分に再びデラトーレが同点弾で2-2に追い付く。
 更に攻勢を強めるモンテは、アディショナルタイムにPKを貰うというビッグチャンス。しかしこれを琉球のGKに弾かれてしまい、続くチャンスも凌がれてしまって、2-2で終了。勝ち点3はならずでした。
 これはもう本当に悔しい結果ですが、選手の皆さんはもっと悔しいでしょう。次戦に期待します。

| | コメント (0)

政治と宗教

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、午前中は比較的晴れ間の多い薄曇りでしたが、午後も遅い時間になるほど雲が厚くなって、はっきりと曇り空になりました。ただ、お天気の崩れは無かった様に思います。湿度は昨日より高めで、蒸し暑い感じでした。

 暫く前に内閣の人事異動~いわゆる内閣改造を行った岸田総理ですが、例の連日報道されている旧統一教会とこの人はどうの、あの人はどうの、と盛んに関係が取り沙汰されています。旧統一教会というのは、韓国発祥のキリスト教系新興宗教ですが、やれ合同結婚式だのというのが報道されたり、まあ何やら胡散臭い宗教だな、と思っていたら、何時の間にか名前を変更していたのですね。
 で、この旧統一教会はどうやら昔から色々な政治家に食い込んで関係を持っていた様なのですが、特に関係が濃いのが自民党の政治家の皆さんで、それが色々明らかになるにつれてマスコミ報道が過熱してきています。それが故か、旧統一教会は本家のソウルの方で、このマスコミの報道に対する抗議デモというのをやったそうです。

 新興宗教と政治家と言えば、自民党がそうなら、創価学会と公明党なんて明らかに宗教と政治がべったりですよね。
 そっちを問題にする政治家はいないのかな、という気がします。政治家が、どんな宗教を信仰しようと、それは自由ですけれども、宗教団体が選挙結果に影響する力を持ち、政治家が特定の宗教団体に力を貸すという、持ちつ持たれつの関係は、これはやはり如何なものかと思います。

| | コメント (0)

俳句の日

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、不安定な空模様が続いていた今週でしたが、漸くという感じで朝からすっきり晴れて、湿度も低かったので気温が上がっても比較的過ごしやすかった一日でした。
 ただ、8月も残り10日となって、この頃になると小生は子供の頃は学校の宿題に焦りを感じると共に、過ぎ去りつつある夏に何とも寂しい思いをしたものです。山形の帰省先では、夕方になると台所に虫の声が聞こえる様になり、一足早く秋を感じました。

 本日、8月19日は数字の語呂合わせで「ハイク=俳句の日」なのだそうです。

 俳句結社に入会して、今年からは同人という立場になってみると、「何とか名句をものにしてやろう」と唸るのですが、まあ大抵「唸る」だけで迷句しか出てきません。極くたまに、本当にたまにですが、これは良いぞ、と自分として気に入る句を詠むことができ、それが句会で点が入ったり主宰の選に入ったりすると、それは嬉しいのではありますが、確率として1割に満たない様に思います。従って、たくさん作って母数を増やし、その中で名句を拾っていくしかないのでしょうねえ。

| | コメント (0)

9月の帰省はキャンセル

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中はかなり雲が厚く、雨が時折降りました。昼頃に空が明るくなり、午後は晴れてきて気温も上昇に転じました。

 ところで、この間お盆の帰省で4日程山形に帰省してきたばかりですが、9月も3連休があるので、これを利用して帰省する計画をたてていました。17日(土)出発の予定です。

 しかし、先日の眼科の診断で、9月はまず白内障の手術から始めることになり、9月7日にまず右目の手術、14日に左目の手術の予定が入ってしまいました。してみると、17日というのは手術をしてから3日目にあたります。
 それで、土曜日に診察の予定が入るのか、眼科に電話をして聞いてみました。すると、手術の3日目に旅行に行くのは止めてくれ、と止められてしまい、9月の帰省はキャンセルということになりました。9月の帰省は元々の予定が入っていたので、手術の予定の方を先に延ばせば良かったのですが、まあ仕方ありません。

| | コメント (0)

仕事用眼鏡壊れる

 こんばんは、チェスです。

 連休明けの水曜日の東京、朝から曇り空で、天気予報では午後には雨が降り出すとのことでしたので、折り畳み傘を鞄に入れて出社しました。

 小生は会社の席につくと、まずやるべきことは仕事用の眼鏡にかけ替えることです。
 これはもうかなり長い間そうなっていますが、要するに老眼が始まったために、普通の近視用の眼鏡ではパソコンの画面が見ずらいのです。
 普通の眼鏡は一応遠近両用にはなっていますが、これはあくまでもレンズの一部(下の方)だけを近くを見やすくしているだけなので、パソコン画面を見るには全く向いていない。
 いっそのこと、眼鏡をかけ替えてしまった方が良いのです。

 で、今日も眼鏡をかけ替えようとしましたら、仕事用眼鏡はナイロールといって、糸でレンズを吊っている形式なのですが、その糸が切れて、レンズが外れてしまいました。
 これはもう、どうしようも無い。で、今日は一日普通の眼鏡で仕事をしましたが、近くに焦点が合わないので疲れることおびただしい。帰宅途中に眼鏡屋に寄って、修理を依頼しました。

| | コメント (0)

停電

 こんばんは、チェスです。

 本年のお盆休みも終わり、16日火曜日に帰京いたしました。
 帰りの山形新幹線は、いつもの15時46分山形発 つばさ148号で・・・と書きたいところなのですが、本日少し早めに山形駅に到着すると、改札口前に何やら人だかりがしている。何でも、米沢-福島間で停電があったようで、既に何本かのつばさ号の運休が決まったそうです。未だつばさ148号は運休とは決まっていないようでしたが、停電の方の復旧の見込みは立っていない様で、「お急ぎのお客様は、仙台へ」と言われていました。

 で、仙山線の時刻表を見ると、14時56分仙台発があと5分程で発車の時間です。さあどうするか、と言っても仙山線は1時間に1本程度の運行なので、乗るなら即断せねばなりません。で、意図せずの仙山線経由2回目を決断しました。
 仙台からは、17時25分仙台始発のやまびこ号の自由席に乗って帰京いたしました。やれやれです。

| | コメント (0)

終戦の日

 こんばんは、チェスです。

 月曜日の山形、雨が降ったり止んだりの一日で、時折本降りの雨でした。
 午前中は所要を済ませて、昼はイタリアンのボーノでパスタのランチ。
 午後は天童市の最上川温泉ゆぴあへ。ここは大きな日帰り温泉なので、かなりお客さんがきてもお風呂には余裕があります。
 お風呂の後、天童市内のハワイアンカフェ「ルアナ&ラナイ」へ。パンケーキが評判のお店の様で、マンゴーのパンケーキを注文しましたところ、大きなおいしそうなパンケーキが来たので、カミさんと2人で分けて食べましたが、それでもお腹いっぱいになりました。

| | コメント (0)

上山

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の山形、午前中から昼過ぎ位までは好天でしたが、午後遅い時間から夕方にかけて雲が広がり、急な雨が降りました。
 昼前に上山市に出かけて、かねてから気になっていた「原口そば」に行きました。この蕎麦屋さん、メニューは「もりそば」「大盛りそば」「そばがき」の3種のみ。あとはビールやお酒があるだけという極めてシンプルなメニューです。それでも蕎麦好きが集まる人気店になっています。
 小生は大盛りを頼み、うちのカミさんはもりそば。注文するとそばつゆや薬味のネギの他、茄子の漬物が運ばれ、これを食べながら蕎麦を待ちます。鰹節の出汁の効いたそばつゆと蕎麦は相性が良く、お蕎麦を堪能いたしました。

 原口そばを後にして、こちらも行きたかった高橋フルーツがやっているハタケスタイルというカフェで、「季節のフルーツパフェ」をいただきました。これが誠に美味しい、コストパフォーマンスの素晴らしいパフェで、フルーツもソフトクリームもおいしかった。

 後は、上山市内にある「名人の湯」に寄って温泉に浸かり(他に客はいなかった)帰宅しました。

 19時からの霞城公園での花火大会は、ちょうどこの時間だけ雨が上がり、幸運でも実施されました。

 

| | コメント (0)

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。


 台風8号が静岡県に接近している中、東京から逃げるように山形に帰省しております。


 山形は思ったより晴れて蒸し暑い一日でした。夜はうちのカミさんの誕生日祝を前倒しで、昨年オープンのフレンチのお店に行ってきました。
 ところで本日、モンテディオ山形はホームにツェーゲン金沢を迎えての一戦でした。フレンチのお店におりましたので、試合経過をGoogleでちらちらと調べるだけでしたが、4-1で快勝でした。

| | コメント (0)

1日違い

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、ここ数日、東京は南寄りの風が強いのですが、今日も強い南寄りの風が吹いておりました。曇ったり晴れたりという空でしたが、気温は多少凌ぎやすくなり、30℃を少し上回る程度でしたでしょうか。

 昨日の記事に書きましたが、事実上のお盆休みが始まっているという感覚か、今日は通勤電車がいつもよりかなり空いておりました。既にお休みを取って帰省されている方が多いということでしょうね。
 これも昨日の記事の終わりに書きましたが、小生の帰省予定は明日の13日~16日の3泊4日で、明日の朝9時過ぎに上野駅を出る、いつも乗っているつばさ号を予約しています。が、しかし。
 昨日のうちは未だ熱帯低気圧であった奴が、気象庁が予報していた通りに台風8号になりました。この8号が、どうも明日のうちに東海~関東にかなり近づき、どこかに上陸する可能性もあります。問題は、そのタイミングです。台風が早くに関東地方にやってくると、新幹線と言えども運休になってしまう可能性もある。
 できればモタモタと北上してもらって、関東に来る前に、我がつばさ号は山形へと逃げ切ってしまえば、これが一番良い。最悪は、つばさ号はとりあえず走ったものの、途中の駅のどこかで運休になってしまうと、こいつは悲惨である。まあ、遅れはしても走ってくれるだろうとは思います。
 こんなことだったら、今日有給休暇を取って帰省しておけばよかった。尤も本日休むなら、昨日の山の日に帰省しているでしょうけどね。

| | コメント (0)

山の日

 こんばんは、チェスです。

 木曜日は山の日で、世間的にはお休みです。小生の勤務先は、小生が勤務している本社を含めての組織はお休みなのですが、自動車メーカーを顧客としている部門は出勤日となっております。その代わりにその部門は来週の1週間がお休みになります。

 明日の金曜日は出社日になっていますが、お盆休みが近いというか、事実上お盆休みになっている会社も多いためか、有給休暇を取ってしまう人も多いですね。小生はカレンダー通りに出社いたします。

 昨年はこの時期に、緊急事態宣言が発令されていたのかな、あちこち都県境を跨ぐような移動は自粛してくれ、というようなお達しが出ていたため、小生も予約していた山形新幹線をキャンセルして、東京におりました。
 今年はそういった行動制限が出ていないので、以前の様なお盆休みに帰省する人が多くなると予想されており、小生も現在のところはカミさんのいる山形へ帰省する予定としています。

 とは言え、COVID-19の感染状況は、東京はどうやらピークを越えたのかな、という数字を示していますが、全国的に見るとまだまだ厳しい数字です。で、確か前回の帰省時、GWの時だったかな、無料で受けられるPCR検査を、隣町の北千住に行って受けたのですが、今回も事前に受けておこうと思いました。もしかすると非常に混雑しているかもしれませんが、まあ30分も待つ覚悟で行けばよかろう、と思って、始まりの午前10時を目指して行きました。
 行ってみると、確かに順番を待っている人は並んでいましたが、まだほんの数名で、行列という程ではない。
 で、大して待つこともなく、順番が回ってきました。今回も、抗原検査とPCR検査の2つで、濃厚接触者になっている人や体調不良の人は受けることができない、と説明されていました。

 抗原検査の方は勿論、陰性の結果が出て、PCR検査の方はQRコードをスマホで読み取り、生年月日を入力すれば結果がわかる仕組み。たぶん明日には結果が出るそうです。
 ただ、小笠原の西のあたりで台風が発生し、これが土曜日あたりに関東地方に接近する予想がでました。今の所はこいつが気がかりです。

| | コメント (0)

サクレ

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日の続きで、朝から快晴に近い晴天、おそらく最高気温は35℃に到達で、昨日の記事に続きで東京は猛暑日の記録更新ということになったでしょう。

 こうなりますと、お酒が好きな方だと生ビールの大ジョッキを一気に空ける、ということになろうかと思いますが、お酒を飲めない小生は、還暦を迎えても未だに「サクレ」の季節到来と思ってしまいます。
 「サクレ」は毎年、真夏に無くてはならない氷菓子で、レモンの薄切りが表面に載っているレモン味のカップ入りかき氷です。
 丁度今頃、1999年の夏ですが、小生は下垂体腫瘍の手術のために三井記念病院に入院しておりました。手術直後の1週間位は、色々と制限があったのですが、1週間が無事に経過しますと、次々と制限が解除になり、まあ簡単に言えば病室のベッドでダラダラと過ごしていれば良い、という誠に天国の様な毎日を送っておりました。朝晩の点滴位はあったかな?
 何しろ暇なものですから、エレベータで1階に下りて行って、売店のアイスを売っているケースからこのサクレを買ってきては、毎日の様に食べていました。良く飽きなかったものだと思います。

| | コメント (0)

ムーンフォール

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から晴天で、気温が上昇、正午になるのを待たずに最高気温が35℃に達していわゆる猛暑日になった、と昼のニュースが伝えておりました。今年の東京の猛暑日の日数は、これまでの日数の最多であった過去の年に並んだのだそうで、今年は未だ8月のお盆前という時期ですから、おそらく今年の東京は、猛暑日の最多日数の記録を更新することになるのでしょうね。

 小生はアマゾンのプライム会員なのですが、皆さんご存じの様に、プライム会員になっているとこれが結構色々な特典が受けられます。小生の家のテレビはネットに繋がっているので、いつもYouTubeなど視聴しているのですが、アマゾンプライムというアプリも入っていて、小生のプライム会員のアカウントで膨大な映画やら昔のテレビドラマなどを見られます。で、「ムーンフォール」という映画がアマゾンプライムで公開されているというので、昨日見てみることにしました。
 インデペンデンス・デイや、デイ・アフター・トゥモローなどを作ったローランド・エメリッヒ監督による、いわゆる「SFディザスターもの」と分類されるエンターテイメント映画です。Wikipediaなどにも詳しいストーリーが解説されていますので、こちらで繰り返し書くことはしませんが、まあとにかく月が軌道を外れて地球に落っこちてくることで、人類全滅のピンチ、という話です。
 まあ、エンターテイメントとして見ればいいのですが、SFとしてもかなり吃驚な脚本というか設定で、すんなり素直に作品世界に入れない様な気がしました。ご都合主義な所もかなりあるような・・・

 ただ、これは昔から言われていることなんですが、地球と月の惑星-衛星系は、太陽系の中ではちょっと特異な存在なんですね。地球という母惑星に比較すると、月はかなり大きい。勿論太陽系内には月より質量の大きな衛星はいくつもありますが、それらは地球より遥かに大きな巨大ガス状惑星です。地球クラスのサイズの惑星で衛星を持っているのは火星ですが、火星の衛星は非常に小さい。で、太陽系ができた時に、月はどんなタイミングで地球の衛星になったのかというのは、未だ明らかにされてはいないのですね。そんなこともあって、こんな話を思い付いたのかなと思います。

| | コメント (0)

ルンバが戻ってきた

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、この数日は比較的過ごしやすい気温ではあったのですが、どうもまた猛暑日に迫る気温にまで上昇するようになりました。昨日の7日は立秋で、今日は暦の上では秋なのですが、まあ今月一杯は夏の続きであると思った方が良いと思います。

 ところで、何回かこの記事で書いておりましたが、掃除ロボットのルンバ、充電トラブルから始まって、起動しなくなってしまいました。ルンバはアイロボットという会社の製品なのですが、この会社のサイトからユーザー登録することで、修理の依頼ができるようになります。で、ユーザー登録して、修理の申し込みを行ったところ、ヤマト運輸さんがルンバをピックアップしてくれて、更にその時に一緒に渡すのを忘れた充電ベースを後から追加で送ったところ、一昨日の土曜日の夜、アイロボット社から修理成ったルンバが戻ってきました。
 ただ、アイロボット社から予め電話で説明されていたのですが、修理を依頼したルンバ870というモデルは、もう既に生産を終了しているということで、同等のクラスのルンバに交換という処置になるのだそうです。
 実質的には新しいルンバへの交換になるのでしょう。で、昨日の日曜日、このルンバを試運転してみたところ、家の掃除をすべき場所のデータが引き継がれていたのか、結構スムーズに掃除をやってくれました。

| | コメント (0)

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、雲の多めの空模様ではありましたが、不安定なお天気ということもなく、気温も8月前半と思えばまずまず快適な部類の一日だったと思います。

 さて、昨日のモンテディオは、アウェイでレノファ山口との一戦。今年のレノファはホームで強く、更に昨日の試合は「声出し応援」の指定試合になり、大きなサポーターの後押しを受けて勝ちに来ると思われました。
 モンテのサポーターは、どの位現地応援に行ったか?いや、さすがに山口は遠いので、ブルーのサポーターは少なかった様ですが、仕方ないですね。
 そして試合でも、レノファは積極的にボールを支配して、特に前半は押し込まれる展開が多かった。ただ、両チームネットを揺らすことなく前半が終わり、後半に入るとモンテのクラモフスキー監督は一気に3枚換えの選手交代を行って、ゲームバランスを変えようという意図が見られました。しかし90分が過ぎてこのままスコアレスドローになってしまうのかと思ったアディショナルタイムに、後半投入のデラトーレ選手が、これぞストライカーという角度の無いところからのゴールを決め、これが決勝点。0-1にて、モンテは上位追走のための貴重な貴重な勝ち点3を掴みました。試合全体としてはかなりレノファは押しており、シュート数でもモンテの倍程は打っているため、後藤選手のファインセーブなど粘り強い守備が勝因でしたでしょうか。

| | コメント (0)

豪雨の影響

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、昨晩に東京にも降った豪雨のためか、今朝の東京はかなり涼しく、雨は上がっていたものの曇り空は続いており、昨日に続いて猛暑一服でした。

 ところで、新潟県の加越地方、山形県の置賜地方に降った豪雨は、人的被害は少なかった様ですが、鉄道や道路その他のインフラへの被害は結構甚大でした。
 道路は陥没などが発生し、激流で橋が流されてしまっています。3月に小生が乗車した、坂町と米沢を結んでいる米坂線の鉄橋が落ちてしまい、当然米坂線が不通になりました。
 そして13日に帰省を予定している小生は、山形新幹線の様子が気になっていたのですが、案の定というべきか置賜地方の高畠の近くで路盤が流されたということで、本日朝の何本かのつばさ号が運休になっておりました。
 ただ、幸いなことにこちらの方は復旧工事が進んで、お昼頃からは山形新幹線は通常運行に戻っておりました。
 最悪は仙台経由にしなければならんかな、と思っていましたので、やれやれです。

| | コメント (0)

土用の丑(2回目)

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、どんよりした曇り空の一日で、夜中に雨が降ったのか朝は涼しかったです。夕方になってまた雨が降ってきました。連日の猛暑は一休みの一日でした。それで済まないのが新潟県の村上市~山形の置賜地方で、昨晩から今朝にかけて、相当の雨量があり、あの大河最上川が越水したそうです。うちのある山形市は大丈夫だったそうです。

 ところで今日は土用の丑の日(2回目)で、鰻屋さんが書き入れ時になりますね。ただ、1回目の時程の盛り上がりは無い様で、昼に食料品買い出しのためにスーパーに行きましたが、1回目の丑の日の様な、ウナギ大キャンペーンは張っていませんでした。

 以前の記事にも書いたことがあるように思いますが、小生はさして鰻、鰻の蒲焼とか鰻重という高価な食べ物には、あまり食指は動きません。高い、ということもありますが、あのお値段だったら他に美味しいものがありそうな、と思ってしまう。いや、別に鰻が嫌いということもなく、食べれば美味しいと思いますが、格別好物でも無いのです。かなり以前にパソコン通信というものが流行っておりまして、その繋がりで名古屋へ行く用事があり、帰りに名古屋名物の一つという「ひつまぶし」をご馳走になったと思いますが、あれは美味しかったな。

| | コメント (0)

信夫山

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、月曜日から8月ですが、8月に入って早速猛暑日の連続になっています。昨日に続いて本日の東京も昼前には早くも猛暑日になりました。会社におりますとオフィスには冷房が効いていて、家にいるより数等快適です。

 NHKのBSプレミアムの番組なのかな、「にっぽん百名山」という登山をテーマにした自然探訪番組がありました。(未だ継続しているかは不明です)「百名山」の殆どの山は、登山には相応の経験と技術を要する高い山になるのですが、この番組のスピンオフ番組で「にっぽん百低山」というのが最近(もう数年前になるのか)始まり、こちらもBSで放送されたのがスタートでしたが、今はNHK総合の地上波でも流れています。MCは「酒場詩人」の吉田類さん。キャッチコピーは「山高きゆえに尊からず」。水曜日の昼のニュースの後なので、会社のカフェテリアでお昼を食べていると、見ることができます。
 本日(8月3日)の放送は、福島県の信夫山でした。毎回、吉田類さんの相方としてゲストの女性が登場しますが、今回は福島県出身のフリーアナウンサーの唐橋ユミさんでした。実は小生は唐橋ユミさんのファンなので、注目して拝見いたしました。

 東北新幹線の福島駅を出る下りのつばさ号に乗っていると、福島駅から渡り線で奥羽本線に下りていきますが、北へ向かう東北新幹線の方は、福島駅を出て直ぐの所で小さな山のトンネルに入っています。この山が信夫山です。福島市の北の方にある、山というよりは小高い丘の様な感じなのですが、遥か昔の万葉集にも登場する歴史ある山で、この山の稜線上にはいくつもの神社が並んでいると紹介されておりました。
 東北新幹線の他、国道13号線の本線の方も信夫山にトンネルを貫いて通っています。しかし13号線のバイパスと在来線の東北本線は、この山を西側に逃げて通しています。東北自動車道は、更に西を走っています。
 信夫山の標高はさして高くはなく、福島盆地の西に聳える吾妻連峰の様な厳しい山では無さそうです。ですが登れば福島市街地を北から見下ろす感じで、機会があれば行ってみたいと思った次第です。

| | コメント (0)

銀行の営業攻勢

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、8月にはいって2日目、あと数日で立秋となり、暦の上では秋になるのですが、この「暦の上で」最も違和感があるのが、この夏から秋への移行ですね。秋と言われても、実際問題は軽くあと約1カ月間は猛暑が続く感じですからね。

 今年に入って、小生が給与振込に指定している某銀行からの営業電話が続いています。本日夕方もかかってきました。どうしてこの時期に銀行がそんなに営業攻勢をかけてくるのかと言えば、これ間違いなく小生の定年退職による退職金を狙っている訳です。

 かつての銀行の業務と言えば、庶民大衆から広く預金を集めて、集めた預金を会社に貸し出して、その利息で儲けるという、言わば間接金融を担っていたわけです。ところが、日本は失われた20年だか30年だかという、経済が殆ど成長しないという社会になってしまった。銀行の親玉の日本銀行は、ゼロ金利政策で、お金をじゃぶじゃぶと市中に流せば、このお金がいずれは経済復活になり、インフレになっていくだろうとやっていたので、銀行の在り方も変わってしまったのでしょうね。庶民大衆からお金を集めて預かっても、預かっているだけでもはや赤字なのだそうです。
 銀行も生き残りに大変な社会になりましたねえ。

| | コメント (0)

常磐線で仙台へ

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日は、8月最初の日になりましたが、東京は日曜日同様に朝から晴れて、またまた猛暑日一歩前まで気温が上昇したものと思います。
 小生が住んでいる集合住宅は、多くの集合住宅同様だろうと思いますが、住環境のある部分が南側にあって日当たりを確保して、共用廊下やエレベータが北側にあります。その共用廊下から北を見ると、天気の良い空気の澄んだ日には筑波山が見えます。筑波山は遥か遠くですが、すぐそばにはJR東日本の常磐線が走っておりまして、南側を走っている快速電車が走る線路は、快速電車だけではなくて、時々貨物列車や、「ひたち」「ときわ」という名前の特急電車も走っております。
 常磐線は、日暮里-岩沼を結んでいる路線ですが、東北地方太平洋沖地震の発生による東日本大震災で大きな被害を受け、更に東京電力福島第1原発の事故で放射性物質が広がり、これによっても沿線地域で居住できない地域ができてしまいました。常磐線は途中が不通になってしまったのです。
 しかし、東日本大震災による津波被害や、原発事故からの復旧工事が進んで、常磐線も現在は品川から仙台に至る直通の特急「ひたち」を走らせています。(ひたち3号は上野発)。
 エレベータを待つ時に、下りの特急ひたち(ときわかもしれないが)が東へと走るのを見ては、あの特急で終点の仙台まで乗ってみたい、と常々思っております。

 ただ、現実的には上野8:00発のひたち3号で仙台まで乗る物好きは、殆どいないだろうと思います。

 常磐線の特急の大きな需要は、水戸、日立、いわきあたりまで。仙台へ行く人は、これは圧倒的に早い東北新幹線に乗るのが常識でしょう。時間的に勝負になりませんから。そうすると、JR東日本は3本の「ひたち」をそのうちに止めてしまうやもしれません。走っているうちに乗っておいた方がいいだろうなあ。

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »