« 日本が最多になった | トップページ | 定年慰労会 »

収益化

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝から晴れて、昼のニュースでは都心の気温が33℃と言っていましたから、その後の気温上昇が続けば猛暑日=最高気温35℃になっていたかもしれません。

 ところで相変わらず小生はテレビの地上波番組より、YouTubeを見る時間の方が遥かに長いという毎日を過ごしております。YouTubeチャンネルの中には、マスコミがちょっと始めたという既存メディアから進出してきたチャンネルもあるのですが、圧倒的に多いのは個人あるいはごく小規模のチームで運営されているチャンネルです。
 個人運営のYouTubeチャンネルは、ネットのブログや、画像主体のインスタグラムといったサービス同様に、動画番組という手段で情報発信をするというのが目的でしょう。
 ただ単に趣味道楽の延長線でYouTubeを始めた、という人はいいとして、学生時代からYouTubeを始めて、「YouTuber」を名乗る人というのは、開設した自分のチャンネルでお金儲けをすることを目的にしている人も多いのではあるまいかと思います。小生の様に、自分の興味関心に叶う面白いチャンネルを視聴できれば良い、という単なる視聴者とは異なり、そうした人たちは大変だろうと思います。例えば、スーツさんの様に、鉄道・旅行系チャンネルで成功すれば経費もかかるでしょうが、それ以上に収入がある、つまり収益化に成功したと言える。ただ、鉄道旅行系というのは他にもライヴァルが多く、経費もかかるので、番組制作に独自色を出そうとすれば、個人運営のチャンネルは限界があるでしょう。
 目下のところは、YouTubeというネットメディアは百花繚乱・玉石混交という状況なのですが、5年も経つとチャンネル数はかなり減っていて、収益化に失敗したチャンネルの多くは撤退しているのではないかと思います。

|

« 日本が最多になった | トップページ | 定年慰労会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本が最多になった | トップページ | 定年慰労会 »