« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

参院選期日前投票

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、未だ猛暑の続きで、今日の東京の最高気温は35℃にいきましたかね。今日で6月は終わりで、明日から7月なのですが、一応天気予報としては来週は暑さは少し収まるということではあります。

 さて、7月10日(日)には参議院議員選挙の投票日です。正直言いまして、衆議院議員選挙=総選挙と比較すると、半数改選で、しかも色々と存在意義も問われるような参議院議員の選挙、あまり興味もないですし、目下のマスコミの分析でも選挙結果の予想として現状の大きな変更は無さそうです。

 そうは言っても、参政権は国民の極めて大切は権利です。これを行使せずして、政治への不平不満は言うべからずというのは小生の主義ですから、一票と言えども棄権はあり得ません。ただ、10日の日曜日は山形からウチのカミさんが上京してきている日なので、何かと色々忙しいかもしれない。忙しく外出してしまうと、投票を忘れてしまうのはまずい。となれば、予め投票できる「期日前投票」をやっておこうと思いました。投票用紙が送られてきた封筒に、期日前投票ができる場所の案内がありました。
 本日は在宅勤務をしていましたので、昼休みに相当する時間、昼食を調達しがてら最寄りの会場で投票しよう、と行ったのです。しましたら、「7月2日(土)からの開設です」と張り紙があった。足立区で、6月23日から期日前投票ができる会場は、僅かに3カ所だったのです。暑い中を歩いていって、またとぼとぼと引き上げました。
 こういうご時世なのですから、インターネットで選挙権を行使できるようにしたら、もっと投票率は上がると思いますけど、自民党政権はいやがるのでしょうねえ。

| | コメント (0)

不気味な増え方

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、一昨日、昨日の続きで、東京はまたしても猛暑日になったのかな、昼のニュースでは都心での気温は未だ35℃には届いていなかったと思いますが、その後の上昇で35℃を越えたのではと思います。まあ、週末から来週になればこの暑さも一服ということになるらしい。

 昨日珍しく当記事としてはJ1のことを書いたりしたものでもないですが、ヴィッセル神戸の監督が解任になったそうです。これからチームを立て直して巻き返しをどうやっていくのか、新監督の手腕が問われます。今のままですと来年はJ2へ降格です。

 ところで、最近はめっきりニュースの扱いが小さくなってしまいましたが、COVID-19の感染状況、東京都の感染者数はどうも不気味な増え方をしています。まだ感染者数のグラフを見ても、そんなにはっきりとしたカーブを描いている訳ではありませんが、減少傾向が止まってしまった、これはどうも確かなようです。増加に転じて、そのカーブの傾きがきつくなっていくのかどうか、それが問題で、傾きがきつくなれば比例して重症者数も増えるでしょう。まあ、今位の数字であればどうということは無いのですが、増加割合は注視する必要がありそうです。

| | コメント (0)

J1は如何に

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、6月を数日残しての梅雨明けのため、もう真夏に突入というわけですが、本日も厳しい暑さの一日でした。あまりに早い梅雨明けだと水不足が心配だ、と前の記事に書きましたが、今朝のグッドモーニングのお天気担当の依田さんが同じことをおっしゃっていました。現在の利根川水系の貯水率は十分といえる数字なのだけれども、今後雨が降らなければ水不足になることが心配ですねと。ということは、今後は少雨というお天気が続くのでしょうね。

 小生は週末、モンテディオ山形の試合があると試合結果をレポートしていますので、J2ばかりを見ていますが、今年、ワールドカップ大会がある年ですが、J1の方は如何に、と折り返しを過ぎた所の順位表を見てみました。上位の3クラブ、横浜F・マリノス、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレと、まあそうだろうね、という顔ぶれです。勝ち点差3の中で3クラブなので、まだまだわかりません。
 が、しかし。18試合を終えて僅かに2勝でビリに甘んじているのがヴィッセル神戸というのにはちと驚きました。あそこはJ1のクラブの中でも一番大きな人件費を掛けているクラブで、つまり海外から大物を呼んでいるわけですね。しかしそれでもって結果はこれであると。ここからヴィッセルが大逆転優勝というのはさすがに無いのではあるまいかとは思います。
 金満クラブ=強いクラブにはならないのですねえ。

 ちなみにJ2ですと、我がモンテディオはあまり人件費を掛けられず、ここ3年ほどの人件費の順位はというと丁度真ん中あたりの10位ということになっています。J2だと金満クラブはJ1昇格を高らかにぶち上げているV・ファーレン長崎です。ですがここも上位3クラブから少し離されて中位グループに甘んじていますねえ。金さえあれば強力なクラブになる、とは必ずしも言えない様です。

| | コメント (0)

電力と水

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、土日に続いて猛暑で、東京は3日続いての猛暑日。6月時点の3日続いての猛暑日は間違いなく記録に無いものでしょう。天気図を見ると、本州付近にあった梅雨前線がとうとう、勢力を強めた太平洋高気圧によって北へと押し上げられてしまい、関東甲信地方は梅雨明けになってしまいました。
 今年の関東甲信地方は、沖縄を除いては梅雨入りが早かったのですが、明けるのも早く、梅雨の期間が相当に短いということになる。調べていないのですが、この短期間の梅雨というのも新記録かもしれません。

 この猛暑に慌てているのが電力需要が厳しくなっている電力会社と政府です。特に関東地方を管轄している東京電力は、余力が無くなって不意の停電が発生する可能性があるらしい。ウクライナの戦争が始まって4カ月が経つわけですが、ロシアから買っていた天然ガスが無くなり、燃料費が高騰しているところへもってきて、この猛暑です。これはもう原発を稼働させねばまずいことになりませんかね。古い奴はともかく、比較的新しい原発は稼働を急いで検討した方が良いのではないでしょうか。
 そして、こんなに早い梅雨明けになると心配なのは水不足です。心配になって利根川水系のダム貯水率を調べてみましたら、今の所は利根川水系全体として十分な貯水率になっている。ただ、これから雨の量が期待できないとすると、まだ夏は3カ月位続きますから、何とも言えない様な気もします。

| | コメント (0)

インターフォン交換工事

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日に引き続きの猛暑です。今日の東京も猛暑日になったみたいです。未だ6月なんですが、6月に2日連続で猛暑日というのは、相当記録的なことなのではないでしょうか。来週の状況次第では、ろくすっぽ雨が降らないうちに梅雨明けということもあり得るのではないかと思います。

 さて、小生が現在入居している集合住宅は、各戸にモニター付きのインターフォンが装備されています。但し、小生が入居する以前から使われていた設備らしく、老朽化が進んでいた様で、今回は全戸一斉に取り換え工事が行われることになりました。工事する業者さんが室内に入って工事する必要があるため、各住人に工事の立ち合いをしてもらうための工事日程の予約を依頼されていました。小生が予約していたのが、本日午前10時というわけです。

 10時になる10分前ほどに、業者さんがやってきて、インターフォンの取り換え工事が始まりました。もっと簡単なユニット毎交換みたいな工事かと思いきや、意外にたくさんの配線を外したり付け替えたりという作業をされていました。他にガス検知器、火災報知器の検査も行い、無事に終了。

 実のところ、元々付いていたモニター、何やら画像が乱れてしまって、1階に来た人の顔が良く判別できない位になっていたのですが、まあ後1年程しか居ないだろうからと管理会社には特に連絡しなかったのです。丁度機械的にも寿命を迎えていたのでしょうね。

| | コメント (0)

今日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、突如として猛暑がやってきました。都内でもお昼頃に35℃の猛暑日に到達。夕方のニュースでは、群馬県の伊勢崎市では40℃を越えたとか!熱中症での搬送者が増えたでしょうね。

 この暑さの中、モンテディオ山形はアウェイでベガルタ仙台との一戦。夜にやればいいものを、16時キックオフでした。
 試合は前半KWのチャンスを野田選手がものにして先制に成功。そのまま0-1で前半を折り返します。後半に入ってもスコアは動かず、何とか逃げ切りたいところでしたが、後半40分、一旦はベガルタのシュートを弾いたものの、そのこぼれ球を押し込まれて同点に追い付かれます。そのままスコアは動かず、1-1の引き分け。
 今日は仙台に何としても勝ちたかった。しかし0-1で逃げ切らせてくれるほどベガルタは甘くなかったです。

 この間の試合で負傷退場した、FWのデラトーレ選手の怪我はどの程度なのか、今日はベンチにも入っていませんでした。エースストライカーの藤本選手は今季絶望ですし、FWやる選手がいません。怪我人続出で本当にモンテディオはピンチですが、そいつは言い訳になりませんから、現メンバーでできることをやるしかありません。

| | コメント (0)

小田嶋隆さん

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、小生が出勤する時間帯は、空がかなり雲に覆われていて、しかし天気予報では「晴れて暑くなる」と言っておりました。本当かなあ、と思う位の空で、鞄には折り畳み傘が入っていました。

 で、昼前には予報通り、晴れて暑くなりました。予報を信頼すれば良かった。

 日経ビジネスオンラインというネットで読めるビジネス雑誌があるのですが(紙媒体の方は「日経ビジネス」ですね)長くこちらに面白いコラムを書いてこられた小田嶋隆さんが亡くなられたということです。65歳でした。
 政治的な立ち位置とか、どっち方面を向いている人とか、そんなことを書くつもりはございません。小田嶋さんが書くコラムは面白かった。それを言いたかったのです。
 小田嶋さんは大学を卒業して、一旦は確か味の素に入社したのですが、すぐに退職してしまった。その後はアルコール依存症になりながらも、世に知られたコラムニストとして活躍しました。楽しい数々のコラム、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

ビニール傘処分

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日の続きの様な空模様で、梅雨の最中ですから仕方ありませんが、どんよりとした曇り空が終日続き、雨こそ降らなかったものの、空を見れば思わず傘を持って外出という様なお天気でした。

 さて、2週間程前に山形からウチのカミさんが3年ぶりに上京してきたのですが、その際に小生の暮らしぶりから色々と指摘を受けました。その中の一つに、「傘立てがギュウギュウに詰まっている。ビニール傘は捨てちゃってはどうか」というのがあり、これは確かに尤もだと思ったので、今週処分することにしました。
 小生が住んでいる東京都足立区では、ビニール傘は「燃やさないゴミ」に分類されています。しかし、ビニールの部分は外して、燃えるゴミとして出すように、と決められていました。中々面倒です。
 で、この間の日曜日に、ビニール傘4本を傘立てから引っ張り出して、まずはビニールの部分を骨から外して傘の先の所で切り離し、ビニールは可燃ごみの袋に入れて月曜日に出しました。ビニール傘は持ち手と金属の骨だけになった訳です。持ち手はプラスチックなので、ひょっとするとこれも外す必要があったかもしれませんが、簡単には外せない様にしっかりとくっついていたので、持ち手は勘弁してもらって、骨だけのビニール傘4本と、これも燃やさないゴミのワイヤーハンガー2本を紐で縛って、燃やさないゴミの日である第2・第4木曜日である本日、無事に出しました。

 ともあれこれで課題は一つ解決です。

| | コメント (0)

シュークリーム

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨晩からの雨は、小生が出勤する頃にはうまい具合には止んでおり、それでも今日のところは「傘が手放せない一日」ということでしたので、折り畳み傘を鞄に放り込んで出勤しました。

 会社におりますと、お菓子の類のお裾分けに預かることが時々ありまして、本日もシュークリームをいただきました。
 「要冷蔵」のシュークリームであったので、会社にいる間にいただいてしまった方がよかろうと思って、自席で食べてしまったのです。が、甘党の小生としても、このお菓子は食べるのが少し苦手です。
 苦手というのは、甘いクリームが嫌いとかではなくて、上手に行儀よく食べるのが難しいということですね。
 シュークリーム、フランス語ではシュー・ア・ラ・クレームとかいうそうですが、発祥の地はフランスの様ですね。これが英語圏に行くとクリーム・パフという名称になるそうで、つまりシュークリームは日本語ですね。
 薄く丸く焼いた生地の空洞部に、カスタードやホイップのクリームを詰めてあるわけですが、あれ、いったいどういう風に食べればお行儀よく食べられるのかと疑問です。
 というのも、あの大きさを一口で食べるのは普通の人は不可能だと思いますから、横から齧るということになる。齧っていくと、開口部が大きくなりますが、そのあたりから中に詰まっていたクリームが盛んに外に飛び出そうとしてきます。右を齧れば左から出てきて、これはいかんと左を食べれば右から出てくる。最悪、クリームを吸収しきれずにそこらへ垂れる。何とも行儀がわるい。それで、苦手ということなんです。

| | コメント (0)

COVID-19 下げ止まったか?

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、午前中は比較的明るい曇り空、午後になると南西の方から雲が厚さを増してきて、夕方からは雨が西から広がってきた様です。明日はどうも一日雨になりそうな予報ですね。

 暫くの間、COVID-19の感染状況というのはあまりニュースでも大きく取り上げられることもなく、寧ろ直前に迫ってきた参議院議員選挙(半数改選)の話題が増えてきた様なのです。それというのも、4月頃から全国の感染者数は減り続けている傾向で、全国一の人口を誇る東京都においても順調に右肩下がりを続けていました。医療体制を逼迫に追い込む重症者数についても昨日段階でほんの僅か、数人というレベルまで下がってきた。こういう状況で、まあどうやらこのパンデミックも、収束といっていいんじゃないか、ぼちぼち元の生活に戻る様になるだろうね、とあちらこちらで話題にされるようになってきたわけです。
 社会経済にかなりの打撃を与えたこの世界的な感染爆発も、ワクチン接種が普及したことによって仮に感染したとしても重症化が抑えられることははっきりした、ということから、最早恐るるに足らず、ということでしょうね。

 ただ、東京の感染者数なんですが、ずーっと「前の週の同じ曜日を下回りました」が続いていて、これならそのうちに3桁に下がるのも時間の問題だな、と思っていたら、ここ4日ばかりは「前の週の同じ曜日を上回りました」になってしまった。もう少し様子を見ないといけませんが、ひょっとすると減少傾向が止まってしまった可能性もある。とは言っても社会経済活動を戻す動きは変わらないと思いますけどね。

| | コメント (0)

蚊の奴は許すまじ

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、昨日の続きで、梅雨は中休み、晴れて気温が上がりました。

 こういう風に気温が上昇してくると、活動が活発になってくる生き物がいますね。
 蠅はあまり見なくなりましたが、蚊の奴らはどこで繁殖をしているのか、この集合住宅にも侵入してきます。
 どうも昼間はひっそりとどこかに潜んでいて、夜になると仕事を始めるらしい。
 昨夜、というか日付が変わって今日の2時過ぎですが、蚊に刺されたらしく痒みと不快感があって目が覚めました。時計を見ると2時を過ぎたあたりで、思わず舌打ちです。
 左手の甲のあたりと、左耳の後ろのあたりを刺された。取りあえずベッドから出て、虫刺されを塗って、それから「ベープ」のスイッチを入れてから、寝直しです。
 最近、出社の曜日の時には朝4時30分過ぎには起きているので、もう2時間ちょっとしか寝られません。しかし寝るとまたぞろ、耳元で蚊の羽音が聞こえてくる(様な気がする)。あ奴らは本当に憎らしいです。

| | コメント (0)

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨夜遅くから未明にかけてかなり雨が降った様ですが、夜明け前には上がったみたいです。梅雨の中休みという感じで朝から晴れて気温が上がり、東京は真夏日になったかも知れません。

 ところで昨日の土曜日、モンテディオ山形はホームにヴァンフォーレ甲府を迎えての一戦。水曜日夜の岩手戦から中2日の過密日程です。
 ところがモンテディオは攻撃のリズムを全くつかめず、前半はシュートも殆ど打たせてもらえない有様。逆に甲府は何回か決定機を掴むものの、モンテの守護神後藤選手のセーブで、辛うじて前半は0-0で終える。
 しかし後半早々、ついに失点を喫し、その後は気持ちを入れ替えてチャンスを作るもゴールネットを揺らせず。0-1での敗戦です。モンテらしいサッカーを全くできず、このスコア以上の完敗です。そもそも、90分で枠内シュートが1本ではどう考えても勝てません。
 さらにその上、昨日は前半でデラトーレ選手が負傷退場、後半も途中出場の横山塁選手が負傷退場と、ただでさえ怪我人続出の現況に加えて更なる負傷者では、これはちょっとモンテはヤバいです。

| | コメント (0)

福建

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちは良く晴れていて、こいつは今日は暑くなるかなと思われたのですが、その後雲が出てきて基本的には曇り空の一日になってしまいました。しかも風向きの影響なのか、気温の方もあまり上がらず、外を歩けば蒸し暑く感じるものの、家の中にいる限りは特に暑さは感じませんでした。

 ニュースで、中国が3隻目の航空母艦「福建」を進水させたそうです。これで既に就役している「遼寧」「山東」に加えて空母3隻体制となり、そうするとどれか1隻は必ず実戦配備になる、という状態が実現します。
 しかもこの福建という空母は、前の2隻とは大きさも仕様も全く異なり、実質的に中国海軍の大本命というフネです。前の2隻はスキー・ジャンプ方式の発艦であり、大きさも米国の原子力空母と比較すると少し小さい。それがこの福建になると、規模的にはほぼアメリカの原子力空母並となり、発艦方式はなんと最新の電磁カタパルトを装備。つまりアメリカの最新型原子力空母と互角のフネです。

 但し、進水した、とは言っても、これから実際に戦力となるまでには、その電磁カタパルトを始めとした様々な装備を取り付けて試験(これらを艤装と言います)しなくてはならず、中国にとっても初めての経験となる電磁カタパルトはかなりハードルが高いものと思います。実際に海軍に引き渡されて、公式試験に入るのは、少なくとも2~3年はかかるのではないでしょうかね。
 ところで中国の軍艦には、地名などを付けているのですね、このあたりは日本の旧海軍、それを引き継ぐ海上自衛隊に似ていますね。

| | コメント (0)

福島駅(東北新幹線)改良工事

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、昨日は、気温が上がるという予報程には気温は上がらず、いやむしろそれは快適でありましたが、今日はそうはいかずに昼頃から晴れて気温が上がってきました。たぶん夏日(25℃)は越えているものと思います。梅雨の中休みというところでしょう。

 さて、当ブログの記事ではJR東日本の山形新幹線/東北新幹線のチョークポイントになっている、福島駅から山形新幹線へのアプローチ線取付工事について、時々書いてまいりました。

 一応おさらいの意味でご説明します。山形新幹線は、奥羽本線の福島-新庄間を狭軌から標準軌に改軌したことにより、東北新幹線から新幹線電車を走らせられるようにした「ミニ新幹線」(新在直通線)という奴です。軌道幅だけを広くして、その他の駅などの設備は従来のものを使っていますから、車両のサイズは在来線と同じで、新幹線の通常の車両より一回り小さい。

 そして、従来の奥羽本線に、福島駅からの新幹線の線路を繋ぐ必要があるのですが、そのアプローチ線は東北新幹線から見て下り線の一本しかありません。すると、上りの山形新幹線が福島駅に入るのもこのアプローチ線を使い、下りと同じ福島駅14番線ホームに入る。上りの新幹線は、福島を出ると、ポイントをいくつか越えて本来の上り線に移りますが、この瞬間はいうなれば新幹線の平面交差だ。この瞬間に下りの新幹線が猛スピードでやってきたら大惨事になってしまいます。そうならないように、ダイヤの作成者は気を使っているわけですが、でもダイヤ作成の泣き所であるのは言うまでもありません。
 それを解消するべく、暫く前から東北新幹線の福島駅上りホームに繋がるアプローチ線を新設する工事が行われています。その工事の様子をルポしてくれたYouTube動画がありました。
 新アプローチ線は、奥羽本線の福島駅在来線ホームへと入る線路と、新幹線の高架線との間の土地に橋脚を立てて取り付ける工事になるのですが、動画を見ると橋脚の工事はそれなりに進捗している様でしたね。アプローチ線はおそらく現在の下り線と同じような速度制限がかかると思いますが、福島駅へ登っていく直前のカーブはそれなりにきついカーブになるでしょうから、下り線より速度制限は低速になってしまうかな。
 ともかく、この工事が完成すると、東北新幹線のダイヤ作成の泣き所が解消されるのは確かです。その頃になると山形新幹線には最新鋭のE8系電車が投入されるでしょうから、東北新幹線全体の速度向上や輸送力のアップに寄与するのではと期待が大きいです。

 

| | コメント (0)

昨日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中は昨日の続きで、雨こそ止みましたが空を覆う雲が取れない曇り空。ただ気温は昨日の涼しさから蒸し暑さが戻ってきた感じでした。

 さて、昨日の水曜日の夜は、モンテディオ山形はアウェイで岩手グルージャ盛岡と対戦。本来このゲームは5月に行われる筈でしたが、岩手にCOVID-19の感染によるクラスターが発生したと保健所が認定したようで、試合が中止となってしまいました。その中止になった試合が昨晩組まれたもの。モンテとしては、ほぼベストメンバーで臨めた5月の時と比べると、エースストライカーの藤本選手を始め怪我人多数で苦しい台所の今になってしまったのは、ついていないの一言です。ですが、泣き言は言っていられません。

 今年J3から熊本と共にJ2昇格を果たした岩手、現状は確かに下位に甘んじていますが、そのアグレッシヴなサッカーは注目されるところ。果たして昨日、モンテはかなりの苦戦を強いられました。前半に先制を許してしまい1-0で折り返すと、後半PKを獲得して1-1の同点に追い付く。しかしここから突き放されてしまい、3-1となってしまうも、後半投入された山田康太選手が追撃の1点を入れて3-2。負けは許されないモンテは後半アディショナルタイムにデラトーレが同点弾を入れて、辛うじて3-3の引き分け。危なかったです。
 しかし、モンテとして怪我人多数の厳しい状況は続きます。次戦はホームで甲府戦です。

| | コメント (0)

夏の俳句大会

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から小雨が落ちており、気温も昨日同様低く、仮に今日の東京の最高気温が20℃に届かなかった場合にはこれは2日連続となり、実に20年ぶりなんだとか、朝の情報番組で天気予報の依田さんが言っていました。
 とは言え、既に6月も半ばですからこんな低い気温の方がおかしいわけで、お天気の回復する明日以降は気温も上昇に転じる様です。

 さて、小生の所属している俳句結社は、COVID-19の感染の影響で、今年も色々の行事を行うことができず、そのために今年もオンラインで募集する「夏の俳句大会」をやるということになっております。俳句結社に参加している会員・同人が参加資格を持つので、かなりの人が投句をするでしょう。
 で、小生は過去何度もこの俳句結社の大会に投句しているのですが、母数が大きいためか、小生は一度も良い成績を上げたことがありません。良い成績、どころか、全ての選者に取っていただけない、句会で言うところの「無声」、ボウズ、スコンクという奴です。せめてどなたかに取って欲しいと思いますが、肩の力が入りすぎるのか、努力が足りないか、兎に角ダメなのです。未だ半月程時間がありますから、たくさん作ってその中から良い句を選んで投句したいとは思いますが、如何なりますか。

| | コメント (0)

律令国

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、ぶ厚い雲に覆われた一日で、雨こそ落ちてはきませんでしたが、気温上がらずいわゆる梅雨寒の一日でした。

 相変らず、テレビをつけても地上波の番組は殆ど視聴せず、YouTubeばかりをみています。こちらにはありとあらゆる話題があって、本当に飽きません。とは言っても何せ番組を作るのは基本的に素人ですから、その内容は誠に玉石混交、全部を鵜呑みにするというわけにはいきません。中には「これはちょっと・・」という様な低いレベルの内容の番組もあり、YouTubeとは言えども、視聴者も見る目を持たなくてはいけません。

 先日「律令国を現在の都道府県に置き換えてみたら・・」みたいな、いわゆるイフの思考実験というか、そんな番組がありました。律令国(令制国)というのをご存知でしょうか。例えば現在の埼玉県と東京都、神奈川県の一部まで含めた南関東の広大な地域を「武蔵」と言いました。古くは飛鳥時代から始まり、近くは明治時代まで残っていた日本の地理的区分(Wikipediaより)なんですね。
 現在では、その地理的区分も、都道府県に代わってしまっているのはご存知の通りです。
 この律令国の地図と、現在の都道府県との比較をしていたのが小生が見たYouTubeの番組だと思います。武蔵なんていうのは律令国から分割しているのですが、他の国はどちらかというと合併している方が多い様に思います。何せ北海道などたくさんの「国」が一つの「道」に合併ですからね。福島県、千葉県、静岡県、愛知県、石川県あたりははっきり合併型です。境が少し移動している例も多くあるようですね、近畿地方は歴史が長いですから、東日本に比較すると律令国から府県への代わりは結構複雑です。
 ただ、非常にすっきりわかりやすいのが四国です。ここはそのまま名前が代わっただけ(阿波→徳島、讃岐→香川、伊予→愛媛、土佐→高知)ですね。

| | コメント (0)

本人確認

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は梅雨の中休みでしょうか。比較的安定して、薄雲はあったものの好天と言って良い一日でした。昨日書きました記事で、「昼過ぎに小雨」とさらっと書きましたが、足立区南部~葛飾区北部ではそんなものであったのに、昨日の関東地方はあちこちでゲリラ豪雨が降った模様です。

 さて、現在本人確認の方法としては、顔写真付きの身分証明書の提示が一般的だと思います。今ならマイナンバーカード、ちょっと前なら運転免許証に顔写真が付いていますから、それで確認が取れる。
 しかし、写真が一般的ではなかった時代はどうしていたのだろうと思いますね。戦国時代の合戦ドラマなどで、敵の大将を討ち取った、と胴体から首だけを刎ねて持ってくる武者がいたとすると、その首は本当に敵の大将かどうかは誰もわからない。大体、合戦をしている殆どの兵隊が、敵の大将の顔なんぞ知らないと思います。もし戦況が不利になってとにかく大将だけは逃げるという事態になったら、適当な人間を身代わりにたてて迫る敵兵の注意をそっちへと引き付けておいて、本人は逃げるということだってやるでしょう。とすると、討ち取ってきたのは大将ではなくて身代わりかもしれない。それを確認する術は無い。
 人気ドラマの「水戸黄門」だったら葵の紋の印籠を見せるし、「暴れん坊将軍」吉宗は「予の顔を見忘れたか」で済ませていますが、たぶんあれでは無理ですよね。

| | コメント (0)

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、全般的に少し不安定な曇り空で、お昼を少し過ぎたあたりでパラパラと小雨が落ちてきました。ただ夕方近くになると逆に晴れ間が出て来て明るくなりました。

 さて、昨日の記事で予告しました本日のモンテディオ山形。アウェイで水戸ホーリーホックとの一戦でした。
 前半こそ、0-0での折り返しではありましたが、内容的には全くの水戸ペース。押し込まれる時間帯ばかりでシュートも打たれ放題。一方のモンテは殆どシュートが打てず、よくまあ0点で済んでいたなという感じ。
 後半に入り、とうとう水戸に先制点を許してしまいます。そしてそのまま、0-1にての敗戦。前半戦最後の21節に勝ち点を取れませんでした。
 ただ、悪いことばかりでもなく、この試合からプリンスこと山田康太選手がベンチ入り。後半から登場しましたが、さすがに調子は未だ今一でしょう。
 で、今週の水曜日に岩手グルージャでCOVID-19の集団感染発生により中止となった試合が盛岡で行われます。ここはもう、何が何でも、2点取られたら3点取り返すという意気込みで勝ち点3を取らねばなりません。モンテディオは今が正念場です。

| | コメント (0)

J2折り返し

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、なんともすっきりしないお天気でした。ほぼ終日ぶ厚い雲の取れない曇天で、雨も落ちてくるんじゃないかなと思う様な時間もありました。

 そして、本日の記事の更新が遅くなりました。まさかとは思いますが、小生の記事を夜7時過ぎにまだかまだかと待っていて下さる読者の方がいらっしゃいましたら、申し訳ございません。今週末はモンテディオ山形が現在所属しているJ2の21節の試合が開催されております。山形の試合は明日の日曜日、アウェイの水戸戦ですので、明日の記事は「本日のモンテディオ山形」ということになる筈でございます。

 で、21節ということは、現在J2に所属しているクラブは22ですから、丁度半分、折り返し地点なんですね。かなり昔になってしまいますが、Jリーグ発足後、1年間を前期後期の2期制にしていた時がありましたが、あれ式に言えば前期が終了ということですね。
 今年のJ2は、一言で言えば混戦J2です。とは言え、上位3チームはちょっと抜けてはいます。序盤はJ1から降格してきた横浜FCが勝ちまくっていたのですが、相手チームの対策が進むと少しスピードダウン、ただ、同じ降格組の仙台が調子を上げて一時は横浜を抜いてトップに立ちました。
 しかし、この降格組2チームに待ったをかけたのが、アルビレックス新潟です。今年の新潟はかなり強いです。今日も、横浜、仙台が引き分けで足踏みしている中、新潟はしっかり大分に勝ち切って勝ち点差でトップに立ちました。今の新潟は安定していますので、余程のアクシデントが無い限りは上位を守るのではないでしょうか。
 そんな中、我がモンテディオ山形は、他のチームに比べて中止になった岩手戦と、再試合が決まった岡山戦の2試合が少ないのです。取らぬ狸の何とやらと言われてしまいますが、この2試合を勝てれば勝ち点差で上位3チームにかなり肉薄できます。今年はJ1参入プレーオフがありますので、2位に食い込めなかったとしても、J1参入のチャンスはそれなりにある。取りあえず明日の水戸戦、藤本選手、山田康太選手、南選手と主力を欠き、更に山田拓巳キャプテンも出られないのですが、現有メンバーで何とかしなければなりません。

| | コメント (0)

国連安保理

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、概ね明るい曇り空という一日でしたが、夕方になると少し雲行きが怪しくなりました。北関東では不安定なお天気になったかも。

 昼のNHKニュースで報じられていましたが、国際連合の安全保障理事会の「非常任理事国」の改選の結果、日本が通算で12回目の非常任理事国に選出されたということでした。
 12回も非常任理事国を務めるのは、国連加盟国では最多。多くの国連加盟国から我が国が信頼されているということでしょうし、名誉なことかとは思います。しかし、国際連合は、第2次世界大戦の戦勝国の集まり「連合国」によって結成されたため、未だに「敵国条項」というのが残っているという、そういう組織なのだということも覚えておいた方がいいと思います。いかに国連という組織に忠節を尽くしたとしても、2次大戦の「敵国」であった日本とドイツは、安全保障理事会の常任理事国に任じられるということは、まずあり得ないでしょう。
 仮に「敵国条項」が廃止されたとしても、ドイツは兎も角として、日本を常任理事国へという推薦が得られても、「拒否権」を持っている中国やロシアが反対するに決まっています。国連の安保理というところは、この拒否権という存在で機能不全に陥っているといっても良いですけれどね。

| | コメント (0)

200系の塗装色

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、天気予報では日中は晴れて気温も少し上がるということでしたが、朝は雨が落ちていてもおかしくないほどの曇天で、午前中はほぼそんな感じ。空が明るくなってきたのは午後も遅くなってきてからでした。

 ところで今年は、日本に鉄道が開業してから150年という節目の年なのだそうです。日本で初めての鉄道は、新橋と横浜の間。それから1世紀と50年。鉄道は日本中を結びましたが、しかし国鉄が巨額の赤字に喘いでいる末期には、地方のローカル線が次々と廃止されるようになりました。それでも、昭和39年の東海道新幹線の開業からこっち、高速大量輸送のモデルとしての新幹線は大成功を収めて、その路線を西へ北へと伸ばしています。

 ただ、国鉄=日本国有鉄道は前にも書いた様に、巨額の赤字に耐え切れず、昭和が終わる直前位に分割民営化という大手術を受けて、JRグループという民間企業になりました。もっとも、そうしたところでJR北海道、JR四国あたりは経営がかなり厳しい。これは誰が見ても苦しい所だけで経営しているのですが、そりゃそうだろうと思います。

 前置きがかなり長くなってしまいましたが、とにもかくにも鉄道開業150周年は目出度い。ということで色々とイヴェントが企画されています。そのうちの一つが、引退近いという東北上越新幹線のE2系電車を、国鉄時代の200系新幹線の塗装色に塗り直して走らせるというもの。200系新幹線は、クリーム色に窓の所がグリーンで塗装されておりました。ちなみにJR東日本のコーポレートカラーは緑で、200系は国鉄時代の新幹線電車ではありますが、JR東日本としても象徴的な塗色と言えるでしょうね。「懐かしい」と思う人も多いでしょうが、E2系電車の普通席の車両は、2座席分の窓を1つにする横長の窓ですので、ここがちょっと違うのが惜しい。ただE2系のグリーン車は1座席に1つの小さな窓ですから、グリーン車は往年の200系そっくりと言えるでしょう。

 実は小生は、母親の実家が静岡県磐田市であったことから、子供時代から東海道新幹線には相当乗っていましたが、東北上越新幹線が開業しても、たぶん200系に乗車したことは無かった様に思います。北の方に縁が無かったのですね。山形県の人であるウチのカミさんと結婚したころは、既に山形新幹線が開業していて、シルバーの400系電車が走っておりました。今現役のE3系つばさ号も、再来年の2024年には順次新型のE8系が投入されますから、今の塗装からシルバーにリバイバル塗装のつばさを走らせないかな。

| | コメント (0)

長期化か?

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝はいかにも雨が落ちてきそうな曇り空でしたが、これは意外に持ち堪え、午後になると空は明るくなってきました。今日のところは傘は要らなかったみたいだな。

 ロシアが隣国ウクライナに侵攻を始めて、3カ月が過ぎた訳ですが、戦争は長期化の様相を呈してきています。この戦争が始まった当初、当ブログの著者=小生ですが、「ロシアとウクライナの戦力差から、ウクライナの首都キーウ(当時はキエフと表記)は長くても1週間程度で陥落し、ロシアは現政権を捕まえるか追放するかして、ロシアに近い傀儡政権を樹立して、戦争は終わるのでは」とか予想しました。プーチン大統領もそう考えてこの戦争を始めたのでしょうが、これが全く目論見は外れた。小生としても、不明を恥じるしかありません。

 ウクライナ軍は、予想に反して善戦し、まずキーウ侵攻を押し返した。東部の2州は相変わらずロシアが抑えている様ですが、南部は部分的にウクライナ軍が反攻に転じている模様です。
 問題は、西側から経済制裁を受けているロシアが、巨額の軍事費を賄い続けられるかでしょう。当初は1週間程度でケリを付けるつもりだったのが、3カ月を過ぎて軍事費が膨大になっている。軍の損害も膨らみ、損害の大きな部隊は交代なり補充なりをさせねばならない。現在の兵站を支えるのも、新たな武器弾薬を補給補充するのもおそらく相当の負担になっているでしょう。それをいつまで続けられるのか。おそらくロシアの経済は持ち堪えられないでしょうから、その前にウクライナから引き上げる決断をしなければならないでしょうが、その決断をプーチン大統領はできるのか。できなければ戦争は長期化です。困ったことですね。

| | コメント (0)

祝!スターライナー無人運用成功

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、午前中は比較的明るい曇り空で、小生の住んでいる部屋は11階なので南の方角がかなり良く見えますが、青空ものぞいていました。ところが昼頃から雲が厚くなってきてしまい、とうとう雨がパラパラと落ちてきてしまいました。気温も低く、いわゆる梅雨寒という一日でした。

 もう、1週間近く前の話なので、ニュースとしては古く、恐縮なのですが、NASAが開発を委託していた有人輸送用宇宙船のうち、開発が遅れていたボーイング社のスターライナー、漸く人を乗せないでの打ち上げ~ISSへの軌道投入とドッキング~ISSからの離脱~大気圏再突入・着水。この一連の無人運用に成功しました。

 NASAとしても、先行して運用が始まっているクルードラゴンに続いて、スターライナーが成功したことで、有人輸送システムが2本揃うことになり、ほっと一安心というところでしょう。
 いかに信頼性のある輸送システムとは言え、何かのトラブルが発生して予定の打ち上げができなくなるということはあり得る話です。そういったときに2種類の輸送システムがあれば、バックアップとして使うことができます。これは頼もしい。次回のスターライナーの打ち上げは、いよいよ宇宙飛行士を乗せてISSへと向かうでしょう。

| | コメント (0)

手堅い人気

 こんばんは、チェスです。

 週明け月曜日の東京、西から進んできた雨雲が朝から雨を降らせて、ほぼ終日傘が必要な雨天となりました。昼頃に気象庁から「関東甲信地方の梅雨入り」が発表になりました。
 土曜日の昼に3年ぶりに上京してきたうちのカミさんは、13時過ぎのつばさ号で山形へと戻るので、今日は小生は午前中半日休暇を取って、カミさんを上野駅に見送ってから会社へ出ました。

 お昼ご飯をどうしようかね、と相談しながら上野駅に早めに着いたのですが、特に考えも無く駅ナカのエキュートをうろつくと、「洋食や たいめいけん3代目」の看板が見つかりました。ランチメニューでも千円未満のメニューが無いのは、駅ナカにしてはちょっとお高目の設定だなと思いましたが、カミさんが乗車予定のつばさ号の発車時刻までだいぶあるし、ゆっくりできそうなお店ということでここに入ることに致しました。未だ店内はかなり空席がありましたが、我々が座ってから次々とお客さんがやってきて、あっという間に満席になりました。
 「たいめいけん」は以前は日本橋にあった洋食屋さんで、現在は室町に移転しています。オムライスやハンバーグが人気という「懐かしい洋食屋」さんです。小生はオムライスにボルシチと生野菜サラダがついたランチを、カミさんはハンバーグを食べました。手堅い人気のお店ですね。

| | コメント (0)

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、夕方まで曇り空で粘っていたのですが、夕方になってとうとう雨が落ちてきてしまいました。

 今日はウチのカミさんは、昔の友人とランチをして、その後小生と合流して鳥越の小生の実家へ母親の顔を見に行ってくれました。母親は元気にしておりました。

 さて、前節で新潟に攻守に圧倒されて0-3で完敗してしまった我がモンテディオ山形、本日はホームのNDスタジアムに琉球FCを迎えての一戦でした。連敗はなんとしても避けたいモンテとしては、守備の時間はしっかりブロックをして失点は避け、チャンスを物にするという試合運び。前半の早い時間に加藤大樹が先制に成功すると、1-0で折り返し。後半に入っても流れは渡さず、攻撃陣が躍動して次々と追加点を入れてリードを広げます。終盤にさしかかって山田拓巳キャプテンが2枚目のイエローカードを貰ってしまい、退場になってしまったのですが、監督は落ち着いてDFを入れてそのまま逃げ切り。連敗は阻止できて良かったです。

| | コメント (0)

3年ぶり

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、薄雲が少し出る程度で、ほぼ終日お出かけ日和の好天でした。

 さて、今日は山形にいるウチのカミさんが上京してきました。以前は時々東京に来てくれていたのですが、COVID-19の感染拡大に伴って東京に出るのは危険な行為ということになり、最後に東京に来てから実に3年ぶりということになりました。現在はどうやら感染状況も落ち着いてきましたから、上京が叶ったということです。

 カミさんが乗ってきたのは単独運用の7両編成のつばさ号で、上野着が12時42分。なので新幹線乗り換え口に12時45分に迎えに行きました。上野の新幹線駅は地下かなり深い所にありますので、地上まで出てくるのに時間がかかります。

 昼食は未だということだったので、上野駅の浅草口を出て直ぐのチロンボ・マリーナというイタリアンのお店に入りました。ランチはピザかパスタから選ぶというスタイルで、パスタを頂きました。量が多くてお腹一杯になりました。

| | コメント (0)

野口宇宙飛行士 お疲れ様です

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、午前中は今週中ごろと同じように初夏のお天気かなと思っていましたら、お昼休みの最中に空が暗くなり、ゴロゴロと雷が聞こえて雨が降ってきました。ただ小生の勤務先は雨雲の中心からは外れていたようで、雨はそれほどでもなく直ぐに止みました。今日は一日不安定なお天気の様でした。

 先日、JAXAから発表があり、野口聡一宇宙飛行士が引退、JAXAを退職されるとのことでした。JAXAが新しい宇宙飛行士候補生を募集していることから、野口飛行士が次回宇宙に行けるとしても相当の時間を待たないとならず、そうなると年齢的な問題がありますから、今回のISS滞在を最後に宇宙飛行士を引退してJAXAから退職するということになったのでしょう。
 つまり野口飛行士はかなりのヴェテラン宇宙飛行士で、最初に宇宙へと出発したのは米国のスペースシャトルが未だ現役だった時に、ディスカバリーだったと思いますが、これに搭乗してISSへと行っています。
 次は、スペースシャトルが引退してしまったために、ロシアのソユーズ宇宙船に乗ってISSへ。そして最後は、スペースXのクルードラゴンでISSへ行かれています。3種類の異なる宇宙船でISSへ行き、そうすると地球帰還の方法も、滑走路への着陸(スペースシャトル)草原への着陸(ソユーズ)海へ着水(クルードラゴン)と3種類。更には、野口さんがスペースシャトルに搭乗する直前に、コロンビア号の帰還時の空中分解事故が発生していますから、その時は宇宙へ行く事にかなり葛藤があったのではないでしょうか。
 ともあれ、色々と貴重な経験を積まれたJAXAの宇宙飛行士ということになりますね。今後は、これらの貴重な経験を活かして後に続く人材育成に活躍してくださることでしょう。野口さん、本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0)

36万円

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、午前中は薄曇りという空でしたが、お昼ごろから気圧配置が変わったのか、南寄りの風が強く吹く様になりまして、それに伴って薄雲は飛ばされて快晴になりました。気温もそれなりに上がった様です。

 COVID-19の感染もこのところ落ち着いてきている傾向で、外ではマスクは取ってもいいのでは、とかそういう議論が行われるようになったのは結構ですね。ただこれまでは出張や旅行を控えろという感じでしたから、航空会社や鉄道会社はあまりよろしくない売上になっていますよね。
 そういう状況を少しでも何とかしよう、という社内の企画なのか、日本航空がボーイング777のフライトシミュレータ~乗務員の本物の訓練用なのだそうですが~を、我々素人に公開してくれるということになったそうです。
 7月~8月の平日で、一日2組限定で、一組2人、使用料は36万円なのだそうです。

 訓練用のフライトシミュレータということは、つまり本物のボーイング777の操縦席と同じということですよね。飛行機は飛ばせないけれども、あのフライトシミュレータというのは大きな箱になっていて、飛行機の上昇、下降、旋回といった動きも再現して動く様です。

 昔からフライトシミュレータというゲームソフトは人気を保っておりまして、そういうのが好きな人だったら、あるいは36万円くらいは支払って乗るのではないかなあ。世の中にお金持ちはいますからね。

| | コメント (0)

二重打ち

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、薄雲が広がっていた時間が多かったですが、雲は高く、基本的には昨日よりお天気は回復しておりました。気温もそれほど高くはならず、快適な一日と言って良かったです。

 水曜日は出社することが多いのですが、昨日の火曜日に出社いたしましたので、今日は在宅勤務に割り振りました。どの日にするかは基本的に小生の裁量になっています。昨日は外出の用件がありましたので、出社せざるを得ませんでしたからね。

 で、正午を30分ほど過ぎたあたりで、近所のスーパーに昼食調達のために出かけました。小さな地元密着型のスーパーです。レジの数も確か3つ程です。お昼休みの時間帯だったので、パートで働いている女性の方々も、交代でお昼休みを取るのでしょう、一カ所のレジは閉まっていました。それで開いていたレジで精算をしてもらい、代金を支払いましたが、どうも若干自分の目算よりは高い様な気がする。千円札一枚で少しのおつりがくる位かな、と思っていたら、千円とちょっと出てしまった。うーん、消費税が外税表示の奴があったかなあ、とか思いつつも、一応と思ってレシートの明細を見ると、「そら豆の天ぷら」が×2になっている。これはおかしい、と思って、レジの女性に訊いてみると、「あっ、すいません、2重に打ってしまいました、すぐお返ししますね。」とそら豆の天ぷら1個分の代金を返してくれました。「打つ」というのは昔の感覚で、今は野菜などバーコードがついていない奴を除いて、バーコードをスキャンさせる方式です。(だからセルフレジができてきた)きっと、天ぷらを小さなビニール袋に入れる所で、2回スキャンしてしまったということでしょう。ある程度の量の精算の時は、面倒でもレシートを確認した方が良いですね。
 

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »