« 商標登録事件 | トップページ | 痛すぎる離脱 »

ICBMに核実験

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、概ね昨日同様のお天気で、午前中はほぼ晴れ。午後は薄雲は広がったものの、お天気の崩れはありませんでした。

 COVID-19の感染が世界中で広がってきたこの2年半、北朝鮮ではずーっと公式には「感染者はゼロ」と言い続けてきたのですが、とうとう公式に感染者の発生を認めました。おそらくはだいぶ前にウイルスは北朝鮮国内に入っている筈ですが、かの国の場合には国内の地域間の人の移動というのがそれほど無いので、感染者が仮に出てもこっそりと抑え込むことができていたのでしょう。いわゆるゼロコロナです。
 しかし感染者がいるのに首都のピョンヤンで大規模な軍事パレードなどの大イヴェントを開催してしまった。参加している兵士はマスクなどつけていませんから、まあどーっと感染が広がりますでしょうね。ワクチン接種など普及していない国ですから、今でも感染が拡大しているそうですが、かなり感染者は増えるでしょう。

 ところが、そういう国内の状況にも関わらず、今度は近々、ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験や、核実験をやらかすのではないか、と報道されています。核兵器と、その核爆弾を積んでアメリカまで飛ぶことができるミサイルが完成すれば、北朝鮮は国民みんな幸福になれるというのでしょうか。

 もうどうにもなりませんね。

|

« 商標登録事件 | トップページ | 痛すぎる離脱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 商標登録事件 | トップページ | 痛すぎる離脱 »