« 東久留米吟行 | トップページ | ニュースを読む時 »

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、梅雨入り前の洗濯日和とでも言いますか、初夏の日差しの強い晴れの一日でした。この晴れを利用しようと思いまして、綿毛布を選択して干しました。

 今日のモンテディオ山形、アウェイでアルビレックス新潟との一戦。ビックスワンへと遠征です。バスだけの移動だと山形道で日本海側の鶴岡へ出て、あとはひたすら日本海側を新潟へと走るルートでしょうが、仮に新幹線だと大宮まで行って上越新幹線に乗り換えかな。
 今の新潟は極めて乗っておりまして、1位仙台を激しく追走しています。攻撃的なサッカーが成功していて、これは実はモンテがやりたいサッカーなのですが、何せ今のモンテは藤本選手がいなくなり、南選手もいなくて、山田康太選手もいない。得点力がかなり減少してしまっています。そんな状況で、2位の新潟とアウェイで激突です。本来のモンテのサッカーではないですが、しっかり組織的に守って、カウンターやセットプレーのチャンスをものにして、それで勝つしかあるまい、と思っておりました。

 が、しかし。
 前半で早くも新潟に先制を許してしまいます。1-0で折り返し。
 後半に入っても新潟の勢いを止められず、追加点を許して2-0になったところで、復帰してしたチアゴ選手や、鈴木国友選手を投入するも、流れ変わらず、更に1点追加されて3-0の完敗。
 モンテはとにかくずーっと負け無しが続いていたのですが、とうとう黒星がついてしまいました。連敗はダメなので、次戦は立て直さないといけません。山田康太選手がせめて戻ってくれれば。

|

« 東久留米吟行 | トップページ | ニュースを読む時 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東久留米吟行 | トップページ | ニュースを読む時 »