« 東北本線 | トップページ | 白身魚フライ »

東北新幹線の復旧工事

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昼間に雪が舞っていた昨日の様な寒さでは無かったですが、晴れていてもあまり暖かい感じはしませんでしたね。

 さて、1週間前に発生した福島県沖(宮城県沖?)の地震の被害を受けた東北新幹線。当初は那須塩原と盛岡の間が不通になっておりましたが、昨日から南側は郡山まで、北側は一ノ関までと不通区間が狭くなりました。
 更に、4月2日には南側は福島まで、4月4日には北側は仙台まで運転する様になり、最後に残る福島-仙台間を4月20日前後に復旧させて、これで全線復旧という予定が出てきました。
 下手をすると、稼ぎ時のGWに間に合わないのではないか、と心配していたのですが、公式にこうした予定を発表したということは、復旧工事の目途が立ったということなのでしょう。
 今回の地震で最も大きな被害が出たのが、福島-仙台間で、ここの復旧が最後まで遅れてしまうのはやむを得ないでしょうが、小生の場合には南側は福島まで通してくれれば、つばさ号は山形・新庄へと走れるわけで、ひとまずやれやれと安心いたしました。

|

« 東北本線 | トップページ | 白身魚フライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北本線 | トップページ | 白身魚フライ »