« スキージャンプのユニフォーム | トップページ | ISSは2030年まで運用 »

ルンバの充電問題

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、午前中は少し雲がありましたが、昼頃は晴れて夕方まで薄曇り程度でした。明日は南岸低気圧の接近で一日お天気は崩れる予報が出ています。雪が降るとやっかいですが、乾燥の方は解消されることでしょう。

 ところで、時折発生しては、良くわからない感じで直るルンバの充電問題。
 昨日も、出社時にルンバを動かして、掃除をしているのを見届けてから家を出て、夕方帰宅すると、ルンバまたしてもへんな場所で止まっている。で、よっこらせと充電基地まで運んでドッキングさせても、「ルンバを充電してください」というエラーメッセージが出て、充電してくれません。

 で、こういう時には大勢の知恵を借りるか、とGoogle先生に尋ねてみると、「ルンバ充電」関係で色々な記事やYouTubeの動画がありました。
 既に小生がやってみた方法もありましたが、「充電ベースとルンバとの接点の問題だ」というのが結構多かったですね。
 で、充電基地から一度ルンバをどかして、充電基地の充電をするための金属端子、ここを観察してみると、2カ所のうち、1カ所がどうも凹んでいるままの様なんですね。この部分は軽いバネの様になっていて、ルンバが来て充電基地に乗ると、バネの力でルンバ側の金属端に接触し、充電する仕組みなんです。凹んでいるままになっている金属端子は、ひょっとするときちんとルンバに触れていないので、充電できないのかも、と思って、凹んでいる奴を引き出してみました。ちょっとバネは隣の正常な端子よりは弱いので、頼りないですが、これならきちんと接触するかも、と思ってルンバを乗せたら、見事充電が始まりました。チェックすべきはやはり接触部分ですね。

|

« スキージャンプのユニフォーム | トップページ | ISSは2030年まで運用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スキージャンプのユニフォーム | トップページ | ISSは2030年まで運用 »