« ISSの次、日本はどうするの? | トップページ | あらかわ自然公園 »

つばさ号は全車指定席化

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、ほぼ、昨日の続きで朝から快晴、ちょっと寒いという一日でした。

 来月、3月12日にJR東日本はダイヤ改正を行うことが発表されています。
 鉄道ファンは、このダイヤ改正によって列車の運行がどのように変わるか、新しい列車が登場したり、廃止されてしまう列車があったりすることがあるのか、というあたりが興味関心の点だろうと思います。

 しかし、鉄道に乗る事は好きですが、そこまでの鉄道ファンでもないという下名は、ダイヤ改正後の時刻表を買って眺めるという様なことはしませんので、余程のことがない限りはダイヤ改正の中身を調べる様なことはいたしません。

 でも、山形へ帰省する際に毎度お世話になっている山形新幹線「つばさ」、あと2年程経つと新型電車が投入されてスピードアップになるらしいですが、今回は現行のつばさ号に関する変化があります。
 通常の「つばさ号」は7両編成で、そのうちの山形寄りの2両は自由席として運行されています。(全席指定のつばさ号というのも、今でもたまにあります。)
 この2両の自由席というのが、現在評判がよろしくない。繁忙期には到底座れず、物凄い混雑である、自由席に座るためには、長時間待たないといけない、始発駅の利用者しか座れず、不公平だ、ということですね。

 ちなみに、つばさ号と同じように新在直通線の秋田新幹線「こまち号」の場合には全車指定席で、元々自由席はありません。

 それで、JR東日本では考えました。上記の様なクレームに対応するならば、自由席を無くしてしまい、全車指定席とするのが一番良い。昔と違って、今は「みどりの窓口」にいかずともネットで指定席の予約ができます。自由席を無くして、全車指定席にして、指定席を増やしますので、快適に座ってご乗車下さい、ということでしょうね。まあ、これが一番妥当な解決策ですね。
 ただ、福島-新庄間の「山形線」区間、ここは各駅停車の電車と一緒に走りますが、ここだけを乗るという人にとっては、自由席が無いというのは不便でしょうねえ。その不満は出てきそうです。

|

« ISSの次、日本はどうするの? | トップページ | あらかわ自然公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ISSの次、日本はどうするの? | トップページ | あらかわ自然公園 »