« 東京スカイツリー | トップページ | 雪が追いかけてきた »

冷え切る建物

 こんばんは、チェスです。

 小生の勤務先の仕事始めの5日水曜日、朝から快晴で、北寄りの風が強く寒い一日でした。
 外も寒かったのですが、会社の中に入っても寒かった。12月28日~1月4日までの年末年始の8日間、中で仕事をする人間が居ないということで暖房も使われない。となれば鉄筋コンクリートというのは基本的には石ですから、建物全体がどんどん冷えていく。

 一般的なことで、だから毎年の仕事始めの日はやたらと寒かったという記憶があります。暖房をつけても午前中一杯くらいは寒い。
 週明けの月曜日も、週末の土日に建物が冷えますが、土曜日あたりは会社に出てきて仕事する人もいますから、完全に冷え切るという程でもないのですね。ところがお正月休みに出てくる人というのはめったにいません。そのため建物の冷え方が相当厳しいです。

 ところで、打ち上げに成功したジェイムズ・ウェッブ望遠鏡、太陽からの熱を遮るためのシェードの展開に成功したということです。まだまだ、たくさんあるハードルの一つを越えたに過ぎないですが、大きな課題には違いないです。こちらは冷やさなくてはならないのですね。

|

« 東京スカイツリー | トップページ | 雪が追いかけてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京スカイツリー | トップページ | 雪が追いかけてきた »