« 一月二日 雪は止む | トップページ | 東京スカイツリー »

来年の箱根シード権落とす

 こんばんは、チェスです。

 お正月三日、山形は小雪が舞うお天気でしたが、まあこの程度であれば全く問題無い程度の雪でした。
 昼食を食べてから、日帰り温泉へということで出かけましたが、夕方に用事があって今日はあまり遠くへは行けないため、山辺健康センターにしました。山辺町は山形市から直ぐ西隣の町で、健康センターは市境の須川を渡ってすぐのところにあります。それほど大きな温泉では無いですが、割と人気はあり、お風呂は熱いお湯です。

 ところで今年の箱根駅伝、青山学院大学が圧倒的な強さを発揮して往路も総合も優勝。駒澤大学は連覇はなりませんでした。
 我が母校の東海大は、実は今年はレース前から苦戦が予想されていて、実際に全日本も出雲も東海大は上位にこれなかった。世代的な問題とでもいうか、スピードランナー達が卒業してしまい、今の有力メンバーも故障などで状態はベストではなかった。両角監督も、かなり厳しいレースを覚悟していたみたいです。
 それでも、レース展開は何とか上手く運び、9区ではシード権ギリギリの10位でリレーしていました。
 が、しかし。
 11位を走っていた法政大に、残り1kmというあたりで逆転されてしまい、11位に転落。来年の箱根のシード権を失ってしまいました。
 厳しいレースを覚悟していた両角監督も、「一からチームを作り直し」というコメントでした。

|

« 一月二日 雪は止む | トップページ | 東京スカイツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一月二日 雪は止む | トップページ | 東京スカイツリー »