« 雪が追いかけてきた | トップページ | 沖縄の医療崩壊 »

2022シーズンのモンテディオ

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、朝は昨晩の雪が残って凍っていて、滑りやすい路面でした。そして寒かったです。
 昨日の雪は、天気予報による見込みよりは降ったということですね。本日も幹線道路の通行止めや、それによる影響で大渋滞が発生と、主に道路交通に大きく影響しました。

 さて、年が明けてモンテディオもお仕事が始まり、移籍選手関係(つまり補強)のニュースが出てきました。
 昨年秋に来てくれたマルティノス選手は、京都サンガへ完全移籍となりました。J1の舞台で暴れて下さい。
 水戸から期限付きできていた瀧澤修平選手、移籍期間満了に伴い、水戸からJ3のテゲバジャーロ宮崎へ完全移籍となりました。最後の2試合しか出場機会はありませんでしたが、堅実なプレーを見せてくれました。左利きCBという貴重な存在で、宮崎でもまだまだ活躍できると思います。
 5年間監督を支えてくれた大和田コーチが退任されました。ありがとうございました。
 松本山雅から鈴木国友選手が期限付き移籍で、徳島ヴォルティスから小西雄大選手が完全移籍で加入されました。それぞれ、よろしくお願いしますね。
 だいぶチームが見えてきました。ヴィニシウス選手が去ってしまうのかが未だ発表されませんが・・・残って欲しい。

|

« 雪が追いかけてきた | トップページ | 沖縄の医療崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪が追いかけてきた | トップページ | 沖縄の医療崩壊 »