« 矢島正明さん | トップページ | 顔見世 »

年金問題

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日よりは雲が無い、掛け値なしの晴れ、快晴と言っても良い晴天が終日続きました。少し風が冷たかった様に思います。

 年月が経つのは速いもので、小生も来年は還暦60歳になります。勤務先の会社は60歳が定年で、これは小生が会社に入った時からずーっと変わっておりません。おそらくは、諸々の事情~会社の人件費の関係~から、定年60歳は当面変わることはないでしょう。ですが、国の年金、会社員の場合には厚生年金となりますが、これは現在満額支給が開始されるのは65歳からです。とすると、60歳から65歳の5年間はどうするか。法律で、会社は希望者は全員雇用しないといけないということになっていて、そのため小生の勤務先も、希望すれば正社員ではなくなりますが、再雇用の形で会社に残ることができます。とは言え、年収は相当に減ります。
 そこで、減ってしまう年収を補うために、小生は65歳までの5年間を個人年金を貰おうと考えて、手当をしておりました。来年は、それらの個人年金の支給が始まりますので、手続きのための書類が来ました。
 書類に必要なことを記入して、返送すればよいだけなのですが、マイナンバーカードをコピーして入れろとの指示もあり、これは面倒です。まあ、年金をもらうためにはコピー位は仕方ありませんね。

|

« 矢島正明さん | トップページ | 顔見世 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 矢島正明さん | トップページ | 顔見世 »