« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | J1J2入れ替え動向 »

手紙で「ふみ」

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京はこのところ毎日同じ様な振り返りになりますが、朝から晴れて、終日ほぼ快晴の空が続き、風も無くて気温も快適な一日でした。こんなお天気が続けば傘屋は潰れますね。
 昼休みの昼食後、お天気が良いと外に散歩に出るのですが、「カラオケ居酒屋 手紙」という看板のお店があります。今も営業を継続しているのかは、昼間なのでちょっとわかりません。こういうお店は、この夏のCOVID-19の影響を大きく受けて休業を余儀なくされているでしょうね。
 その看板には、手紙という文字のとなりに「ふみ」と振り仮名をふっている。手紙と書いてふみと読ませているわけです。実際に、「ふみ」で辞書を引くと、上から2番目に「手紙」の意味が出てきますから、意味は合っている訳ですが、「手紙」で「ふみ」と読ませるのはどうなんだろう。ちと強引なのではないかなと思います。

|

« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | J1J2入れ替え動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | J1J2入れ替え動向 »