« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | イプシロンロケット5号機打ち上げ延期 »

感染予測

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、概ね晴れて快適な一日でした。これで昨日モンテディオが勝っていれば、もっと快適だったのになあっ。
 上のカテゴリーのJ1では、早々に川崎フロンターレが優勝を決めました。まあ、お見事で強かったですね。この勢いでACLもバーンと優勝して欲しいものです。

 プロ野球の方も、ペナントレースが終了して、後はクライマックスシリーズと日本シリーズを待つのみ。プロスポーツは急速に終盤戦になりました。

 今年も残り2カ月を切っているのですが、問題はCOVID-19の感染が今後どうなるかでしょう。現在の感染数は明らかに下げきっていて、現状だけを見れば「収束している」という状態ですね。注意深く様子を見ていて、再拡大傾向が見えなければ今月下旬にまた山形に帰省しようかなと考えているところです。
 ただ、感染症関係の専門家の皆様は、異口同音に「第6波は必ず来る」と言っておられますね。そんなに確定的に言わなくても、オオカミ少年になったらどうする?と素人は言いたいのですが、さすがに「もうこれで大丈夫、普通に戻りましょう」という勇気のある人は居ないですね。
 しかし、ワクチン接種が相当に進んでいますから、仮に感染が再拡大したとしても、重症者は抑えられるのではないでしょうか。特効薬の開発も期待できますしね。その辺も織り込んで、希望的な観測気球を上げてくれる専門家がいると頼もしいですけどね。

|

« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | イプシロンロケット5号機打ち上げ延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日のモンテディオ山形 | トップページ | イプシロンロケット5号機打ち上げ延期 »