« XRISM | トップページ | 落とさないのかな? »

次の対策はどうする?

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、そろそろ天気図を見ると、冬型の気圧配置という奴になりつつあるのか、一日乾燥した晴天が続きました。日本海側の方は未だ雪という状況にはなっておらず、雨が主体ですが、北海道ではそろそろ大雪が降った地域もある様ですね。

 本日は在宅勤務で、午後からはWEB会議システムを使って会議に出ていましたが、夕方暗くなるのが早いなあ、と思っていたら宅配便の配達があり、たまたま在宅勤務の日に配達とはラッキーなことだ、と受け取ると、いつもは師走に入ってから配送される数の子が、今年は11月にもうやってきた。とある会社の株主になっていて、この会社はあまり儲かっていないので配当はしてくれないのですが、株主優待で毎年暮れに数の子を送ってくれるのです。もう20年以上貰っています。

 さて、小生の記事で定期的に書いていたCOVID-19のニュースも、国内としては新規感染者数がぼちぼち下げ切ったという状態であり、東京都においても医療提供体制の評価を行った結果、警戒レベルを4段階のうち最も低いレベルに引き下げたと報じられました。昨年の7月に東京都のモニタリング会議が医療提供体制の分析を始めて以来、初めてのことだそうです。まあこうなってくると、次の流行の波がやってきた時の対策をどうするか、落ち着いている現在から始めておくということでしょうね。というのも欧米、ロシアなどでは一旦落ち着いた感染状況が、また再び拡大している様ですからね。外国から人が来るようになれば、これは当然ウィルスも国内に持ち込まれることでしょう。とすると、ワクチンの効果が切れてくるあたりが危ないかもしれない。今のうちから対策を打っておいた方が良いでしょう。

|

« XRISM | トップページ | 落とさないのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« XRISM | トップページ | 落とさないのかな? »