« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

小田氏治

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、天気予報通り、朝から雲がぶ厚く、昼頃には雨が落ちてくる肌寒い一日でした。昼前に総選挙の投票に行ったのですが、投票会場の綾瀬小学校の仮校舎は結構行列ができていて、いつもすんなりと投票できていたのにこの行列は驚きました。少しは投票率が上がったのでしょうか。であれば良いですが。
 J2の試合は本日は2試合のみで、そのうちの1試合が栃木SC対モンテディオ山形。アウェイで栃木へと乗り込みましたが、栃木の本拠地、栃木県グリーンスタジアムは宇都宮市にあり、山形からは新幹線で一本と交通の便は良し。
 前半は0-0でスコアは動かず、後半、藤田息吹選手のシュートが決まって山形先制に成功。しかし、自陣でその藤田選手の痛いミスがあってこれを逃さなかった栃木が同点に追いつく。しかし右サイド深くからマルティノス選手の鋭いクロスにヴィニシウス選手がしっかり決めて勝ち越し。2-1でモンテディオ山形4連勝です。

 さて、昨日の記事に書きました様に、小生は昨日ぶらりと北関東散歩に行ってきましたが、9回も自分の本拠地であるお城を落城させたという小田氏治という殿様に興味があって、その小田城址を見に行ったのです。

 昨日の記事にも書いた様に、北関東でも小田氏は15代も続いた名門です。氏治の父は政治といいますが、この人が優れた武将で、小田家の勢力を過去最大に引き上げました。次の氏治が上手くやってくれれば、小田家は残ったと思うのですが、佐竹、結城といった北関東の勢力や、上杉謙信、北条氏康というビッグネームの間で翻弄され、最後は歴史の流れを読み切れなかったというか、小田城を奪還できないばかりか、時の権力者豊臣秀吉に領地没収、お家取り潰しにされてしまうのです。
 Wikipediaで小田氏治の記事を検索すると、今に伝わるこの人の肖像画を見ることができるのですが、何故か近くに猫が丸まって寝ています。武将の肖像画で、どうして猫が一緒に描かれているのかも不思議な気がします。
 氏治自身はあまり戦争に強くなかったわけですが、しかしこの人は人望があって、家臣団は良く一致団結して殿様を支えていたようです。更に領民からも慕われていて、この人で無かったら年貢は払わないという声もあったらしいです。
 小田家は無くなってしまったのですが、娘を家康次男の結城秀康の側室にしていた関係からか、氏治は結城秀康に仕えることになり、結城秀康が越前へ転封になると、一緒に越前福井へ行っている様です。小田氏治は確かに大した戦国期の大名とは言えないですが、結果的に自身生き残っていますし、強いばかりが能ではない様にも思います。

| | コメント (0)

土浦つくば城跡巡り

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日に続き、終日ほぼ快晴でした。しかし東京の好天は今日までで、明日の日曜日は曇り空になるという予報でしたので、洗濯を前倒しして今日の朝片付けてしまいました。

 昼食を近所の、最近できた秋田料理のお店のランチで済ますと、北千住から常磐線の勝田行普通電車に乗り、まずは土浦へ。土浦駅までは1時間弱という所。西口へと降りて、市内になる土浦城の跡へと歩きます。土浦城は、地元では亀城(きじょう)とよばれており、亀城公園という名前の公園になっていました。規模は思ったより小さいのですが、きちんと濠は残っていて、大きな鯉が口を開けています。

 この公園前のバス停で、関東鉄道のつくば山麓行のバスに乗ります。土浦駅西口から乗っても良かったのですが、30分程待ち時間があったので、亀城公園に行ってみたわけ。
 目指すは、つくば市の北の方にある「小田城址」です。小田城というのは、戦国時代末期というか、安土桃山時代まであった小田氏の本拠地です。15代続いた名門で、小田家最後の当主が小田氏治(おだうじはる)です。
 この殿様のことは非常に面白いので、明日の記事に書こうかと思いますが、兎に角、小田城というのがどんな所にあったのかを知りたくて行ってみた次第。お城の建物などは全く復元されてはいないのですが、遺構の発掘作業などはなされた様で、城址は広々とした公園広場の様に整備されていました。周辺は、小さな山(宝籤山)がある位で、あとは広々とした田園風景。全くの平城で、あまり防御には向かない地形です。筑波山が良く見えます。

 土浦からの関東鉄道のバスは非常に運賃が高かった(確か600円以上だった)ので、帰りは「つくバス」の小田シャトルというつくば市のコミュニティバスに乗ってつくば駅へ出ました。こちらは300円。但し、つくばから北千住のつくばエクスプレスの運賃は高いですね。

| | コメント (0)

まもなく星出さん帰還

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、昨日に続いて終日ほぼ快晴で、気持ちの良い秋の一日でした。ただ、午前中を中心に北寄りの風が強かったです。気温はまずまずでしたが、北風が強いと体感的には少し寒く感じますね。

 現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の、JAXAの宇宙飛行士、星出さんが、約半年に及ぶISS滞在を終えて、もうまもなく地球に帰還します。JAXAでは11月5日に星出さんが乗る帰還用の宇宙船~クルードラゴン宇宙船運用2号機=Crew2がISSを離脱する様子などの生中継をするそうです。無事の帰還をお祈りいたします。

 そして、打ち上げ予定がH-2Aロケット44号機と重なってしまうのはまずい、ということで、その後に再設定されたイプシロンロケット5号機。こちらは、星出飛行士がお帰りになった後の11月7日9時48分頃に打ち上げが再設定されました。日曜日の朝ということで、多くの方が生中継を見ることができますね。イプシロンロケットは、未だ打ち上げの失敗がありません。今回も是非パーフェクトで見事な打ち上げを見ることができるでしょう。

| | コメント (0)

何かと異例のペナントレース結果

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝は少し雲が出ていましたが、やがて晴れて快晴になりました。気温も上がって、過ごしやすい一日でした。

 昨日の記事では、セリーグは東京ヤクルト優勝と書きましたが、パリーグの方もやっと優勝が決まりました。こちらはマジックナンバーが点灯していたロッテがそのマジックを消すことができず、一度もマジックナンバーを点灯できなかったオリックスの方が優勝しました。
 もっとも、マジックナンバーと言いつつ、一度消えたり再点灯したり、あるいはマジックナンバーの対象チームが入れ替わったりと過去色々とあった様なので、今年のパリーグも必ずしもロッテが優勝に最有力という訳でもなかったかもしれないですね。

 ヤクルトもオリックスも、昨年のシーズンは最下位であったというのは確かなことで、両リーグ最下位のチームが翌年揃って優勝する、というのは初めてのケースの様です。
 ただ、両リーグ共にこれからクライマックスシリーズがありますので、日本シリーズの出場チームがこの組み合わせになるかどうかは未だわかりません。両チームが日本シリーズに出てきて欲しいとは思いますが。

| | コメント (0)

ヤクルトようやく・・

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、ほぼ終日厚い雲に覆われた曇り空で、在宅勤務をしていたので昼食調達に外に出た時には細かい雨が降っておりました。気温もやや低めでした。
 ところで、昨日の26日は、皇室から一般人へと結婚により名前が変わる真子さんの会見などがあって、マスコミのニュースはすっかりそちらに主力が割かれてしまったせいか、セリーグのペナントレースをようやく制した東京ヤクルトスワローズ優勝の方は、あまりニュースに取り上げられませんでした。もうちょっと早く決まるかなと思っていたのですが、2位の阪神が粘り、結構ギリギリまで縺れました。
 昨年のスワローズは、確かセリーグで最下位だったと思います。そこからの優勝ですから、お見事ですな。
 途中までは阪神タイガースが好調で、大阪は盛り上がったと思いますが、夏頃からちょっと失速してしまいました。更に失速したのがジャイアンツで、上位2チームには遠く離されて、トータル負け越しの3位。これでクライマックスシリーズに出るとかいうのですから、ちょっと笑ってしまいます。あまりに成績悪いチームのCS出場は、資格無しとかにした方がいいのではないの?
 後は、こちらも縺れているパリーグか。

| | コメント (0)

みちびき初号機後継機打ち上げ

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、当初の天気予報では、朝は海上を進む低気圧のためかなり風雨が強まるのでは、と言われていて、それにビビった小生は大きな傘を持って出勤しましたが、どうやら雨のピークは既に過ぎていた様で、雨は殆ど小雨より弱い程度で、昼前にはすっかりお天気は回復しておりました。

 昨日の記事に書きましたが、本日種子島宇宙センターからH-2Aロケット44号機で準天頂衛星初号機後継機が打ち上げられ、所定の軌道への投入に成功しました。しかしこの打ち上げは、射場こそ種子島ですが、ロケットも衛星もJAXAではないので・・ということで、JAXAのサイトを見ても詳しいことは載っていませんね。
 打ち上げロケットについては、三菱重工業のロケットで、軌道投入された衛星は内閣府の衛星ということです。

 常に日本の上空に位置する様な軌道への投入をされたので「準天頂衛星」というのですが、この衛星には「みちびき」という愛称がついています。最初に打ち上げられた「みちびき」の後釜なので「初号機後継機」と言われているのですが、持って回ったわかりにくい表現ですね。最初に上げた衛星を「みちびき1号」として、順番に数字をつけていけば単純明快ではないかと小生は思いますが、それはできないのかな。
 精密な位置測位、だけではなくて、様々な応用が効く衛星の様です。ただ、当初みちびきは4基体制でしたので、初号機後継機では終わらずに、今後次々と後継機を上げる必要が出てくるでしょう。

| | コメント (0)

来年3月とれいゆ引退

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、朝のうちこそ少しお日様も見えたのですが、すぐに雲が空全面に広がって、終日曇り空でした。夜に雨が降り出し、明日は荒れ模様のお天気になるそうです。

 その明日は、準天頂衛星初号機(みちびき)の後継機の打ち上げが、種子島宇宙センターから予定されています。明日の種子島のお天気は回復して晴れる様ですが、風が強いとちょっとまずい。そこが心配ですね。

 ところで、在来線であった奥羽本線のうち、福島-山形-新庄の軌道幅を新幹線と同じに変えて、福島から新庄まで新幹線電車を走らせているのが山形新幹線という奴ですが、この区間を走っている「とれいゆ つばさ」という足湯のある電車が、来年3月に運行を終了するということです。
 運転している区間が福島から先であり、上野からつばさに乗っている小生には、ちょっと乗り難い電車ではありましたが、一度足湯に浸かりつつ板谷峠の風景を見てみたいものだ、とは思いました。もっとも、これに乗ればみんな足湯に浸かれるわけではなく、「足湯券」を購入しないとダメらしい。
 「とれいゆ つばさ」はつばさ号に使われているE3系電車の改造車なのですが、いずれE3系は新型E8系に置き換えられる計画ですから、時間の問題ではありますよね。E3改造ではなくて、現在の普通列車の改造でも良いので、山形線にスペシャルな観光列車を走らせて欲しいですね。

| | コメント (0)

G1菊花賞

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中はほぼ快晴、午後はちょっと雲が出てきましたが、まずまずのお天気でした。昨日と違って強い風は収まりましたので、穏やかな良い日曜日でしたね。

 ところで今日は3歳馬の3冠レースの最後を飾る菊花賞G1でした。今年は京都競馬場が改修工事のため、阪神競馬場での開催です。
 菊花賞、懐かしいですねえ。2001年の菊花賞、ということは、もう今から20年前の話になりますが、当時小生はラフィアンターフマンクラブという一口競走馬出資会員になっておりまして、この年に3歳になっていたマイネルデスポットに一口(1/100)出資していたのです。
 デスポットは芝の長距離レースが得意で、ですから菊花賞もあわよくば出走したかった。ですが2勝馬で賞金が足りなかったので、普通の年なら出走できませんでした。ですが2001年は幸運にも菊花賞への登録馬がフルゲートに満たなかったので、デスポットも出走が叶いました。そんなわけでしたので、当然ながら最低人気のダークホースでした。まあ正直言いまして「出るだけ」だったのですが、一会員としては夢のG1レースですから、新幹線に乗って京都競馬場まで応援に行ったものです。
 当日は小雨が降り続き、馬場はあまり良くなかった。これがデスポットに幸いしました。芝3000mの長距離レースをデスポットは逃げまくり、マンハッタンカフェに差されるまで粘って、2着になりました。JRAのレース映像で今でも見ることができます。
 今日の菊花賞には、モンテディオという名前の馬が出ていて、思わずオッと思いましたが、モンテディオ山形とは何の関係もなく「モンテ〇〇」という名前の馬主さんなんですね。モンテディオは果敢に先行しましたが、着外でした。

| | コメント (0)

何とか勝ちました

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日の終日雨のお天気からすっきりと回復して、ほぼ終日快晴でした。ただ、北寄りの風が強く外に出ると体感の気温はあまり高く無かった様な・・

 ホームのNDソフトスタジアムにザスパクサツ群馬を迎えてのモンテディオ山形。群馬の堅い守備を崩すことができず、前半0-0で折り返し。後半も時計のみがジリジリと過ぎて、ダゾーン中継の解説をされていた越智さん(山形戦の解説は越智さんが多い)は、群馬は0-0で勝ち点1を持ち帰ってもいいという感じかな、と言われていましたが、どうもそんな感じになってきた後半80分くらいだったか。怪我で戦線離脱していた加藤大樹選手が途中交代で出場し、山田キャプテンが右サイドに大きく展開したボールがクロスに入り、あわや通り過ぎてしまうというクロスに辛うじて合わせてゴール。貴重な1点をもぎ取り1-0で何とか勝ちました。

 堅いブロックで守る群馬に手を焼きましたが、何とか勝てて良かったです。

| | コメント (0)

明日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、いやあ寒かったです。朝から雨模様で、未だ10月だというのに、昨日と比較するとかなり気温は低かった。冬になると家の中で着ているユニクロのフリースを出して着てしまいました。更には、小生は基本的に真冬のシーズンを除いては、水虫対策もありますが、家の中では裸足で歩いています。しかし今日は日帰り人間ドックの時にもらった靴下を出して履いてしまいました。
 在宅勤務をしていたので、昼前に外に出て、昼食を調達に行ったのですが、外が寒くて震え上がりましたね。

 さて、一昨日の記事で書きました様に、Jリーグも終盤戦です。
 明日のモンテディオ山形は、ホームNDソフトスタジアムに、ザスパクサツ群馬を迎えての一戦です。
 山形から移籍した北川選手がFWで頑張っていますねえ。古巣山形への恩返し弾とか、勘弁して欲しいですねえ。
 「THE SPA」と言っている様に、草津とくればもう温泉です。名湯草津温泉ですよねえ。北関東で地味な群馬県ですが、草津は全国区として有名ですよ。ただ、我が山形も温泉とくれば負けてはいません。山形県も温泉県なんです。山形県の全市町村に温泉が湧出しているんですよ。風情ある銀山温泉に、大きな露天風呂で有名な蔵王温泉、他にもたくさんの名湯があり、しかも日帰り温泉の入浴料は安い!群馬VS山形は温泉対決ですね。
 と訳の分からないことを言っていますが、実際問題として群馬は下手するとJ3降格という可能性もある厳しい位置にいますから、残留のためには山形戦は絶対落とせない。そういう気迫でくるのではないでしょうか。モンテディオの方は、もう昇格という可能性はほぼ無いですから、モチベーションはあちらが上かもしれないです。しかしホームで無様なゲームはして欲しくないですから、しっかりここはガツンとやっちゃって下さい。

| | コメント (0)

取り合わせの俳句

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、少し雲が出てきた時間帯はありましたが、基本的には終日好天と言って良い一日でした。
 毎週木曜日は、ハマちゃんがMCをやっているバラエティー番組「プレバト!」があり、小生が欠かさず見ている数少ない地上波のテレビ番組です。何故見ているかと言えばこの番組の名物コーナー「俳句」があるからです。
 俳句のコーナーは人気の様で、この番組では他にも色々なコーナーがあって芸能人にチャレンジさせていますが、それらは何週間かに一度登場するという感じで、一方俳句のコーナーは小生が見ている限り、プレバト!が放送される時には必ずあるようです。

 俳句のコーナーというよりは、俳人の夏井いつきさんの毒舌が面白い、ということなのかもしれませんが、夏井さんは案外常識的に芸能人の俳句を審査して、「才能なし」「凡人」「才能あり」と採点します。
 俳人にも色々なタイプがいらっしゃって、季語の無い俳句、定形に拘らない俳句を好む俳人もいらっしゃいますが、夏井さんは比較的に有季定形、即ち季語と五七五の定形の俳句を大切にしていらっしゃいます。

 ただ、そうした伝統的な俳句の形を大事にすると、これがどうしても「類想、類句」という問題にぶちあたってきます。全部で十七音の中で、季語を入れて俳句にする。そうすると、先人の俳句と発想が被ってしまうことがあり、これを「類想、類句」と言っています。季語そのものを対象として俳句にする方法を「一物仕立て」と言いますが、それだと更に発想が似てしまうおそれがある。

 で、小生が最初に詠んだ俳句の入門書は高浜虚子の「俳句の作りよう」という本なのですが、その中で虚子は俳句の作り方について「取り合わせ」を説明しています。これは、俳句に入れる季語を直接に詠むのではなくて、季語とは無関係な何か別の物を持ってくる。そのため「取り合わせ」という作り方なのです。虚子は、この作り方の利点として「平凡となるのを避けやすい」と言っています。それはそうで、季語そのものを詠むのではなく、無関係な何かとの組み合わせは、それこそ無限にありますから、「類想、類句」にはなりにくいです。
 ただ、無関係な何かとはいう物の、季語を全く連想不可能なことですと、今度は俳句を読んだ人が鑑賞できない、何を言いたいのがわからない、という危険もあります。「プレバト!」ですと下手をすると「才能なし」になってしまうわけ。と言って、季語から容易に連想できる物との取り合わせですと、今度は「凡人」止まりです。取り合わせで俳句を作るとこの加減が本当に難しいです。

| | コメント (0)

J2も終盤

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日の記事では、最早寒くて鍋シーズンだ、などと書いておりましたが、今日は一転して朝から快晴で、風は強かったものの気温も昨日よりかなり上がりました。この位であればまだまだ爽やかな秋の一日と書いて差し支えないでしょう。

 プロ野球は、セリーグはここに来てヤクルトの調子が良い。阪神と競っていますが、ペナントはヤクルトが久しぶりに持っていきそうな気がします。パリーグは今年はソフトバンクの調子が悪くて、オリックスとロッテが競っている、という、こちらも久しぶりな優勝争いです。

 で、問題のJ2も今週末第35節で、残りは8試合ということになりました。いよいよ終盤です。今年もJ1参入プレーオフが開催されませんので、自動昇格の2位に入らないとJ1へは上がれません。暫く前から、ジュビロ磐田と京都サンガが走っておりまして、じわじわと3位以下を引き離していますので、どうも自動昇格はこの2クラブで決まりかな?
 第34節終了時の3位はヴァンフォーレ甲府なのですが、2位京都との勝ち点差が8点あります。勿論、残り8試合でこれを逆転するのは不可能ではありませんが、かなりきつい。まあ一応チャンスがあるかも、というのは5位のアルビレックス新潟の10点差かな。6位町田、7位が我がモンテディオ山形で共に勝ち点差が13点差では、さすがにちょっと無理かなと思います。
 一方で、J2残留争い。こっちはかなり熾烈です。22位~19位の4クラブがJ3に降格しますが、前節22位の相模原と、15位大宮アルディージャの勝ち点差は5しかありません。大宮の下に、群馬、山口、金沢といて、以下降格圏となる愛媛、北九州、松本と続きますが、大宮まではひょっとすると降格の可能性があると思われます。ということは、現在降格圏にいる4クラブも、残留できる可能性が全部あります。そう、これは相当熾烈で面白いです。

| | コメント (0)

鍋の季節

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、雲が低く、家を出ると弱い雨がパラパラと落ちてきました。
 気温は昨日より更に低く、ついこの間までは昼間冷房運転をしていた会社のエアコンは、静かになってしまいました。

 寒がりの小生としては、もううんざりするような季節の移行ですが、考えてみれば10月も半ばを過ぎていますから、仕方ありませんね。
 こうなってくると、会社から帰宅して自分で用意する夕食に、鍋が登場してきます。スーパーで売っている「鍋キューブ」さえ欠かすことなく常備していれば、味付けは特に気を遣うこともなく、失敗することもない。
 野菜、豆腐系の何か適当な具材(豆腐そのものでも良し)、魚あるいはツミレ、この辺があれば切って鍋に入れて煮るだけで、誠に簡単である。本日あたりから、今シーズンの鍋開始とします。

| | コメント (0)

スターバックスカード

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日の東京、朝からすっきり快晴で、気持ちの良いお天気でした。ただ気温は下がっていて、1カ月位は季節が先行してしまった感じです。未だ夏用の背広を着ていますが、そろそろ3シーズン用の背広に変える頃合いでしょうかね。

 週末は山形に帰省していましたが、帰りのつばさ号に乗るまでの間は、山形駅の駅ビル「S-Pal」の3階に入っているスタバでカミさんとコーヒーを飲むのが恒例になっています。小生は財布の中にスターバックスカードを入れており、スタバではいつもこのカードで支払っております。プレゼントなどに使われるプリペイドカードなのですが、予め5,000円を設定しておくと、残高が減った時に自動的に5,000円まで入金されるという仕組みになっているので、残高が足りないという不測の事態に陥ることは無い。
 このカードは、随分と昔のバレンタインデーに会社の同僚から貰ったもので、かなり以前のデザインです。昨日も何時もの様にこのカードでコーヒー代を支払いましたが、スタッフのお姉さんがカードをしげしげと眺めて中々返してくれない。何かまずいことがあったかなと思ったら、「見たことがないデザインだ」という訳なのでした。

| | コメント (0)

寒波到来

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の山形、午前中は冷たい雨が降り、風も強く寒い一日でした。昨日の土曜日あたりから急に寒さがきつくなった感じです。寒波が到来です。

 午前中は本屋にいったり小生のブルゾンを買ったりして、一度家に戻り、午後はユニクロなどに行ってから山形駅に送ってもらい、いつもの山形発15:46のつばさ148号で帰京しました。日曜日の午後の上りのつばさ号でしたが、まだ非常に空いておりました。

| | コメント (0)

龍玄とし ART EXHIBITION  山形

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の山形、雨は予報ほどは降らず曇りの時間が多い一日でした。しかし昨日より気温がぐっと低くなり、寒かったですね。

 昼前に山形美術館へ行き、龍玄とし ART  EXHIBITION  山形を見てきました。ランチは漆山の寿々喜蕎麦屋へ。小生は天ぷら付板蕎麦にしましたが、このお店の主力は中華でした。誰も板蕎麦を食べておりませんでした。

 本日、モンテディオ山形はアウェイで相模原と戦い、1-0で勝ちました。やれやれです。

| | コメント (0)

有給休暇取得

 こんばんは、チェスです。

 先月の9月は未だ緊急事態宣言中であったため、こっそりと山形へ帰省したのでしたが、その緊急事態宣言も解除となり、ここの所の東京のCOVID-19の新規感染者数も、毎日2桁に収まっており、この後どうなるかはちょっとわかりませんが、状況が良いうちに帰省しておこうという訳で、金曜日1日有給休暇を取って、2泊3日ですが山形へと帰省です。土曜日は記事の更新が無いかもしれませんが、ご了承下さい。ということで、この記事は木曜日の夜に書いています。

 金曜日は当然の話ですが、ウィークディですので、朝の通勤電車は混雑しています。小生は上野駅から山形新幹線つばさ号に乗車していますが、西日暮里-上野間の京浜東北線若しくは山手線が混んでいて、ここの混雑をどうやってかわそうかというのが悩みの種です。東京メトロ千代田線も無論混んでいますが、千代田線の方は綾瀬駅始発か、北綾瀬発の電車に乗れば、まあさほどのことは無いです。
 その、さほどでもない千代田線に乗って、西日暮里で乗り換えずに、湯島まで行ってしまって、上野駅まで歩くか?とちょっと思ったのですが、湯島から上野もそれなりにありそうです。普段会社に行っている早い時間に乗れば、京浜東北線の南行電車も山手線も、そんなに混んではいないかな?早く上野駅に着いたら時間潰しも困りますけどね。

| | コメント (0)

総選挙

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日の雨はどうやら夜のうちには上がり、朝の曇り空も昼前には晴れました。
 気温も、何やら寒かった昨日よりはそれなりに上がって、まずまず快適な一日でした。

 今日は衆議院が解散しました。解散いたしましたので、次なるイヴェントは総選挙です。
 小生のこの記事では何度も書いていますが、大事なことなのでまた書きます。現在日本には「〇〇総選挙」というのがたくさんありますが、「総選挙」というのは衆議院議員総選挙だけです。従って「〇〇総選挙」というのは、ただちに「〇〇選挙」と正しく改称するべきです。そんな堅いことを言わんでも、と言ってもダメです。そんなのウソだという人は、辞書を引いて確かめて下さい。

 現在総選挙の仕組みは「小選挙区比例代表並立制」です。それまでは確か「中選挙区制」を採用していたと記憶しています。中選挙区制においては一つの選挙区で当選する議員は複数いて(多くは3~5人)そのために同一の選挙区で同じ政党の候補者同士が票を争うということが発生しました。これは次第に金権選挙が横行する結果となって、選挙制度を変えなくてはという声が大きくなり、現在の制度に至っています。
 もっとも、現在の制度にしても「政党による得票率に対して議席の獲得数が大きすぎる」という問題が指摘されていて、何が有権者、あるいは我が国にとっての理想的な選挙制度であるかというのは、非常に難しい問題であると言えます。全面的な比例代表制度にすれば、得票率に応じた議席配分は実現できます(つまり死票は減る)が、有権者にとっては「候補者の顔が見えにくい」選挙になってしまいます。
 日本では投票率の低さ(特に若い世代の)が大きな問題になっています。選挙制度と投票率というのもある面で連動していることもあるかもしれませんが、選挙権を正しく行使することは大事なことですからね。

| | コメント (0)

育成枠

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から雨模様で、時折強く降ることもあり、結局一日雨は続きました。気温が昨日に比べてかなり低く、風邪を引かないように注意しないといけませんね。

 まだ今年はセ・リーグもパ・リーグもペナントレースは終わっておらず、優勝チームも決まっていませんが、こういうシーズン途中の状況で新人指名のドラフト会議が開催された模様です。

 以前の記事にも書いたと思いますが、「会議」とはいうものの、何か議題に対して討議やら賛否を問うということをやる訳では無くて、来年選手として契約したい人を予め表明してもらい、その指名が重複してしまった場合にはくじ引きで優先交渉権を決めるというイベントなんですね。翌日位には、どの球団は、どこのなんという選手を指名することになったかが発表されます。
 で、通常の選手としての指名の他に、「育成枠」というのがあり、どうやら別枠として認められている様です。この育成枠として入団した場合には、支配下選手としてではない、言葉は悪いですが員数外としての入団になるのでしょうかね。取りあえず選手としてではなく、トレーニングや練習を積んで、力を付けてきたら将来支配下選手として登録される可能性がある、という理解で良いのかな。そういう扱いなので、球団によっては「育成枠」の指名が無い、というのもあった様ですね。かなり先物買いというイメージになるでしょうからね。

| | コメント (0)

選挙事務所

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日までの好天は終わり、朝から雲が分厚く空を覆って、時折雨がぱらついてきました。

 気温の方も、昨日までは半袖が主役でしたが、今日になると急に秋に戻った気温に落ち着きました。

 1年間の短命政権に終わった菅総理が退き、自民党の総裁選挙の結果岸田文雄氏が自民党の総裁となり、そのまま内閣総理大臣に就任しました。さて、2院で構成されている国会のうち、メインと目されている衆議院議員の任期がまもなくで、岸田総理は衆議院を解散して総選挙を行い、総裁の最初の大仕事としては自民党を率いてこの総選挙を勝利しないといけません。まあ、余程のことがない限り、自民党が負けて野党に転落するということはなさそうですが。(自民党が嫌いでも、代わりに任せられる他の党が無い・・)

 で、総選挙が告示されると、立候補者としては自分の選挙区に選挙事務所を開かないといけません。

 小生が駅から会社まで歩いて通勤する間に、「もうじきあそこが選挙事務所になるな」というプレハブの建物があるのですが、この選挙事務所って、何年か一度に行われる大イベントだけに使われるスペースであって、普段はさて、あの建物なんだったかな?と思い出せない不思議なスペースです。
 神社のお祭りの、お神輿が出てきて飾られたり、お神酒所になったりする所は、お祭りですから最低毎年1回は使われますが、言ってみればそんな感じ?

| | コメント (0)

H2Aロケット44号機の後に

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は昨日の日曜日の午後の続きという感じで、爽やかな秋の一日でした。

 未だか未だかとイプシロンロケット5号機の打ち上げ日程の発表を待っていたのですが、JAXAのプレスリリースによりますと、「当面の間イプシロンロケットの打ち上げに適した天候にならないこと、イプシロンロケットはH2Aロケットと打ち上げに供する設備等に共通するものがあることから、イプシロンロケット5号機の打ち上げ時期をH2Aロケット44号機の打ち上げ後に設定すること」としたそうです。

 共通する設備というのは、例えばロケットを打ち上げる時にロケットを追跡する地上アンテナ設備などでしょうかね。
 打ち上げ施設それ自体は、内之浦と種子島で別々なんですが、万一スケジュールが重なってしまってはまずいことになる、という懸念からでしょうね。まあ仕方がない、気長に待ちましょう。

| | コメント (0)

本日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中はなにやら不安定なお天気で、かなり雲が厚く、スカイツリーが見えなくなる時間帯がありました。にわか雨が降った様で、昼前に買い物に出かけた時には路面が少し濡れておりました。
 ただ、午後になると雲が取れて、お天気が急速に回復しました。

 今日のモンテディオ山形は、隣県対決で、ホームにブラウブリッツ秋田を迎えての奥羽本戦。今シーズンの秋田でのアウェイ戦は0-0引き分けでしたので、本日勝った方が、来シーズン、ホームアウェイ関係なく、1stユニフォームを着て試合に出られるとのことです。山形も秋田も、どちらも1stユニフォームは青系の色ですから、やはり今日は何が何でも(昇格は無理になったけれど)勝ちたいところ。

 秋田は、あまりパスを回すことなく、ボールを奪うと躊躇なくロングボールを放り込んで来るというサッカーで、なるべくボールを支配してパスを回す山形のサッカーとは対照的なチームです。
 試合でも、そういう展開になりましたが、立ち上がり早々、4分頃かな、ついに樺山選手のゴールが決まり、先制に成功して、前半は1-0で折り返し。
 ところが後半になると、秋田にかなり押し込まれる展開となり、後半33分、クロスを出したボールをGKビクトル選手が弾いてゴールに入れてしまい、オウンゴール気味で同点になってしまいました。山形にとっての「魔のラスト15分」です。まずいことになった、と思ったその直後、モンテも選手を交代させ、後半37分、ゴール前の攻防からこぼれてきたボールを中原選手が一閃、見事勝ち越しゴールを決め、2-1で奥羽本戦を勝つことができました。

| | コメント (0)

水泳復活

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日の続きで基本的には曇り空でしたが、雨が落ちてくることはなく、ただ風が強かったですね。

 お昼ご飯を食べてから、久しぶりにプールに行ってみるかとリュックにプール道具を放り込んで「すいすいランド」へと出かけました。すいすいランドというのは、東綾瀬公園の中にある足立区運営のプールで、通年通して営業していますが夏場は併設している外のプールも営業します。まあ外のプールは子供用ですが。

 緊急事態宣言も解除されましたから、宣言期間中は何やら利用人数制限のあったプールも、平常営業に戻っているだろうと思って行ってみると、果たして以前と同じ様に人数制限は無くなっていました。更に現在は利用時間も制限は無く、営業時間内なら何時間いてもいいという事です。

 このプールは何年も前に一度来たことがあったきりで、すごい久しぶりなのですが、以前はあった水着用脱水機や、ヘアドライヤーが無くなってしまったのは残念でした。

 泳ぐコースは、あまり泳いでいる人がいなくて快適でしたが、何せこっちも相当久しぶりなので、クロール用の腕の筋肉なんかが落ちている。さすがに溺れる様なことは無かったですが、持久力が落ちているので、ボチボチ泳いで、暗くなってきたので引き上げました。

| | コメント (0)

震度5強

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は午前中は雲の厚い曇り空でしたが、午後は雲が薄くなり、晴れ間が見えるようになりました。

 ところで、昨晩の木曜日の夜、関東地方は結構大きな地震が発生しました。小生は現在は早寝で、既に寝ていたのですが、けたたましく緊急地震速報が鳴り、鳴ったかどうかという瞬間に既にゆさゆさと揺れ始めていました。
 さすがにベッドから飛び出て、灯りを点け、テレビを点けると、報道ステーションが丁度地震のニュースを伝えていました。気象庁による地震の速報では、埼玉県と東京都の足立区が震度5強を観測したという。

 いや、ちょっと待てよ、確か東北地方太平洋沖地震での東京が震度5強ではなかったかな?

 あの時小生は鉄道が止まったため歩いて自宅に帰り、帰った自宅の中は恐ろしいことになっていました。
 食器戸棚からは相当数の食器が外に飛び出して落ちて割れていて、テレビはテレビ台ごとリビングの中央へ移動していて、カミさんの本箱が倒れていました。トイレの便器から水が相当に外に飛び出して、トイレの床が濡れていました。

 昨晩の揺れが震度5強ですと、そういう惨事が発生してもおかしくないのですが、昨晩はそういうことにはなりませんでした。とすると、足立区と言っても広いですから埼玉県に近い所で震度5強だったのでしょうね。

| | コメント (0)

イプシロン5号機 2回目打ち上げも中止

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝はかなり雲が厚く、低く垂れこめておりましたので、思わず折り畳み傘を鞄に入れて出勤いたしました。

 本日朝9時51分に内之浦宇宙空間観測所からの打ち上げを予定していたイプシロンロケット5号機ですが、上空の風が強く、気象条件を満足しないということで、本日の打ち上げは中止になりました。
 昨日の天気予報では鹿児島県は晴れのち曇りの予報で、これなら大丈夫と思っていたのですが、風が強かったとはね・・・
 ロケットの打ち上げには風はかなり影響を受けます。場合によっては雨よりも厳しい。それで現場の判断で中止という結論になったのでしょう。気象条件は人間の努力ではどうなるものでもないので、仕方ありません。多少のことで無理に打ち上げて、大切な衛星を宇宙の藻屑にするわけにはいきませんからね。
 次回のチャンスを待ちましょう。

| | コメント (0)

イプシロンロケット5号機明日打ち上げ

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、夕方近くになって曇り空になりましたが、それまでは基本的には曇り時々晴というあたりで、この数日厳しかった残暑も、風があったせいか和らぎ、快適な一日でした。

 ところで、10月1日に打ち上げ予定であったイプシロンロケット5号機、地上側設備の問題で打ち上げの19秒前に打ち上げが中止されましたが、原因が判明したようで、明日、10月7日(木)時間は同じ午前9時51分に打ち上げが再設定されました。お天気の方はどうかな?と思って明日の鹿児島県の天気予報を見たところ、晴れのち曇りとなっていて、ほぼ問題は無さそうです。
 おそらく再設定された明日は、イプシロンロケット5号機は「革新的衛星技術2号機」を宇宙へと打ち上げてくれるものと思います。この革新的衛星技術2号機には、全部で9機の人工衛星が積まれているとのことです。

 ところで、JAXAとESAの共同探査機である「ベピコロンボ」(JAXAの担当の探査機名は「みお」)が、目的地である水星の第1回スイングバイに成功したというニュースも入ってきております。水星をスイングバイした際の写真も公開されました。
 水星は、これまでの探査機による調査は、僅かに2機の探査機(マリナー10号とメッセンジャー)が行っているだけで、まだまだ未知の惑星です。まだスイングバイは残り5回実施しなければならず、水星周回軌道へ投入するのはなかなか遠い道のりですが、水星周回軌道への投入まで、無事に航行できると良いですね。

| | コメント (0)

W・シャトナー90歳

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、先週末の台風一過からこっち、残暑が復活して暑い日が続いています。今日も昼間は真夏かと思うばかりの日差しと暑さで、昼休みに会社に戻ってきた営業マンはスーツ姿で気の毒でした。

 アメリカの民間宇宙企業「ブルー・オリジン」が、今月12日に打ち上げを予定している「ニュー・シェパード」に、俳優のウィリアム・シャトナーが搭乗すると発表しました。シャトナーさんは90歳で、成功すれば宇宙旅行の最高齢記録を更新するそうです。

 ウィリアム・シャトナーと言えば、人気のアメリカのSFドラマ・映画「スター・トレック」に出てくる宇宙惑星連邦の航宙艦「エンタープライズ号」キャプテン・カーク役で有名です。失礼ながら彼が未だ存命とは知りませんでしたが、90歳で宇宙旅行に行くとは、まあお元気なことですねえ。
 こうなってくると、特に特殊な訓練を積んだ宇宙飛行士ではなくても、お金さえ積めば宇宙旅行に行けるという日が近い将来やってくるのは間違いなさそうですね。小生が生きているうちに、現在の海外旅行と同じくらいのハードルで、宇宙ステーションや月の基地に普通の民間人が行ける様になると、これは楽しいですね。

| | コメント (0)

減少した理由

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は午前中少し雲が多めでしたが、やがて晴れて、気温も結構上昇して残暑厳しい一日でした。とは言っても既に10月ですから、暑いのは午後のいっときだけですね。

 ニュースで、国会が新しい総理大臣の選出を報じており、天皇陛下による認証式を経て第100代となる内閣総理大臣に岸田文雄さんが就任しました。
 結果として前の総理である菅さんが、自民党政権の支持率低下を受けて(菅総理の下では総選挙は戦えない)というプレッシャーか、あるいは明確に辞任を求められてかは知りませんが、とにかく自民党の総裁選挙に出馬しないということから総理が交代した訳です。
 ですが、なんというタイミングか、8月の後半あたりから9月にかけて、菅政権が取り組んできたCOVID-19の新規感染者数はピークを越して、みるみる減少に転じていました。感染症の専門家は「どうしてこんなに急激に減少したのかがわからない」などと言っていましたが、時期的に言ってワクチンの接種率が上がってきたのが理由なのは明らかだろうと思います。してみれば、COVID-19の感染対策として菅政権が第一に推進していたワクチン接種は間違っていなかったということになりますね。もっとも、国のかじ取りとしてワクチン打つことだけやっていれば済むわけではなく、総合的にみて菅政権の支持率が落ちたのはやむを得ないのでしょうけれどもね。
 夏の前半で、COVID-19の新規感染者数がかなり急激な増加した状況を見て、「こいつはヤバい」と思った国民の多くが、出歩きを控えた結果とも言えるのかもしれませんが、それよりはやはりワクチンの接種が進んだことの方が大きいでしょう。それが証拠に、新規感染者数が減少に転じた時の年代別構成は、明らかに若い世代にシフトしていました。ワクチン接種はまず医療従事者、そして基礎疾患を持つ人と高齢者が先行していましたから、高齢者世代が最初に減っていったのは自明の理ですよね。
 ワクチン接種があと2カ月位早く進んでいたら、菅政権は2年目に入っていたかもしれないと思います。

| | コメント (0)

H2Aロケットは未だ現役

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日の続きで、朝から快晴の好天、午後は少し雲が出る時間帯がありましたが、基本的には晴れの一日でした。

 昨日の記事で、イプシロンロケット5号機が打ち上げ直前に中止になった旨を書きました。で、10月25日には、H2Aロケット44号機で、準天頂衛星初号機後継機を打ち上げる予定であることが、JAXAのサイトで報じられておりました。
 現在JAXAでは、H2Aロケットの後継となる次の主力ロケット、H3ロケットの開発が進められている筈なのですが、未だH2Aロケットが現役だとは知りませんでした。準天頂衛星の初号機というのは、「みちびき」衛星のことなのでしょうかね。そこまでは細かいことは記事には書かれておりませんが、如何なる衛星なのでしょうか。

| | コメント (0)

イプシロンロケット5号機は打ち上げ中止

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、台風一過の青空が朝から広がり、何やら残暑も少し巻き返して、しかしそこはもう10月に入っておりますから風は爽やかで、気持ちの良い一日でした。

 昨日、10月1日は、内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケット5号機が打ち上げられる予定でした。ところが打ち上げ19秒前に自動カウントダウンシーケンスに緊急停止がかかり、打ち上げは中止となってしまいました。
 JAXAのプレスリリースによれば、地上設備に問題が発生したのが原因だそうです。
 台風16号は昨日の朝の段階では、鹿児島からは遠く離れた伊豆諸島付近を北上していたので、気象状況は問題は無かった筈ですので、果たしてどんな問題があったのか。まあ打ち上げ前に問題が発見されたのであれば、良かったとしましょう。

 アウェイでヴァンフォーレ甲府と対戦したモンテディオ山形は、2-0で負けてしまいました。3位グループの昇格争い生き残りから明らかに後退で、残念ではありますが、仕方ありません。先制されてしまった段階でいやな感じになったのですが、山形の弱点が研究されていた感じです。来週は2試合のアウェイ連戦を終えてホームでブラウブリッツ秋田を迎えます。隣県対決ですね。

| | コメント (0)

明日のモンテディオ山形

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、台風16号の接近で、昼少し前から雨がそれなりに激しくなり、昼過ぎ、まあ午後一杯は風雨強く外には出たくない荒れたお天気でした。在宅勤務を昨日と入れ替えたのはやはり正解でした。

 台風16号は、おそらく今夜には日本の東の海上を遠ざかり、温帯低気圧に変わると思いますから、たぶん明日明後日はお天気は良くなるのではと思います。
 そんな状況で、モンテディオ山形は、アウェイの2連戦で先週の愛媛FC戦に続き、明日もアウェイでヴァンフォーレ甲府戦になります。甲府は、目下山形の直ぐ上の6位で、山形との勝ち点差は2なんですね。従って明日甲府に勝つことができれば、順位は入れ替わります。そうは言っても3位グループ同士の生き残り戦で、事情はあちらも同じ。今年の昇格争いに食らいつくためには、眼下の敵である山形に勝たないと、というわけです。要するにお互い厳しい状況で、どちらが勝利のモチベーションが高いかな、という一戦になるでしょう。

 先週の愛媛戦の様に楽に勝たせてもらえるわけはないので、総力戦でヴァンフォーレに挑むしかありません。

| | コメント (0)

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »