« 今日のモンテディオ | トップページ | 結局オリンピックはやるわけか »

結局梅雨入りは何時頃?

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京、朝の出勤時はかなり雲があって怪しい空模様でしたが、昼頃から青空の方が優勢となり、午後は結構気持ちの良いお天気になりました。
 東京は、なんだかんだとほぼ毎日の様に小雨が降っていて、既に梅雨入りしていると言っていてもおかしくないと思うのですが、関東甲信地方は未だ梅雨入り宣言が出ていません。
 どうも気象庁は、梅雨前線の位置を睨んでいて、梅雨前線が北上してこないと梅雨入り宣言はしないみたいなんですね。梅雨前線というのは結局のところ、暖かい空気と冷たい空気のせめぎ合いですから、南の湿度の高い暖かい空気が上がってくると前線が発生すると。こいつが日本列島にかかる位置まで北上してきて停滞すると、毎日曇りがちとなって雨量も増える。即ち梅雨です。但し梅雨と一口で言いましても、九州や西日本と、東日本北日本とは雨の降り方がかなり違います。大雑把に言ってしまえば、西の方は梅雨の雨は大雨、豪雨になりやすいです。それに比較すると東日本、北日本はマイルドというか、しとしと雨になります。まあ、6月も1週目が終わりましたからそろそろ関東甲信地方も梅雨入り近しでしょう。

|

« 今日のモンテディオ | トップページ | 結局オリンピックはやるわけか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日のモンテディオ | トップページ | 結局オリンピックはやるわけか »