« 無精髭 | トップページ | 際どく勝ち点1 »

人流を止めれば?

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝のうちは昨晩の雨が残っておりまして、非常に暗い朝でした。午前中はこの空の続きで曇っておりましたが、昼過ぎから青空が優勢となり、同時に気温も上昇してきました。もはや初夏というに相応しいです。

 昨日の記事では、無精髭は本日までとっておくと書いたのですが、気が変わって今朝剃ってしまいました。シェービングフォームを塗ってぞりぞりと剃ってしまうと、これはやはり誠に爽快。やはり髭なんぞは無い方が爽やかですね。特にこれからの季節は。

 で、爽やかではないのが相変わらずのCOVID-19の感染拡大状況への対策として打ち出されている、1都3県への緊急事態宣言です。どうも大阪府を始めとする関西は、11日の期限を延長することを国に要請する様です。東京はどうしますかねえ。今日の所は、まだ検査数が少ないので、明日の数字を見て判断ということになるのかな。

 総理大臣は「(宣言は)GWにおける人流を止めるということを目的にしていたので、一定の効果はあった」などという意味のことを言っていましたが、それならGW明けの今日から会社や学校へ行く人たちがどさっと繰り出しますから、おそらくですが感染拡大は止められないだろうと思います。GWにおける東京から地方への行楽客を抑制する、という意味だったのなら、それは確かに効果はあったでしょうが、日常の人流という面で言えば、むしろGWが明けてからが勝負じゃないのかな。在宅勤務、テレワークをもっと推進する政策を取らないと、結局また「高止まり」になる様に思います。

|

« 無精髭 | トップページ | 際どく勝ち点1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無精髭 | トップページ | 際どく勝ち点1 »