« 謎の「コンビニ」 | トップページ | クルードラゴン運用1号機打ち上げ間近に »

消費と賞味

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、お天気としてはだいぶ冬の太平洋側の冬晴れという奴になってきたなという感じで、朝のうち、少しあった雲も、やがて無くなって、ほぼ快晴の一日でした。
 本日は在宅勤務でしたので、夕食は早めに作るかな、と台所に立って、冷蔵庫を開けて眺めると、使わないで忘れかけていた小さな木綿豆腐が一つある。これはまずいか、と思って表面のシールに印刷されている日付を見ると11月8日である。一昨日ですね。2日も日を過ぎてしまっている。

 ただ、この日付はよく見ると「賞味期限」なんです。この日までに使って下さいね、という「消費期限」ではない。賞味というと、つまりは「おいしく食べられる」その日はここまで、ということで、それを過ぎると少しずつ(かどうかはわからないが)味が落ちていきますよ、という解釈で良いのでしょう。
 味が落ちる位であれば、もったいないですから食べましょう、ということで、白菜などといっしょに湯豆腐的な鍋にして、美味しくいただきました。

|

« 謎の「コンビニ」 | トップページ | クルードラゴン運用1号機打ち上げ間近に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謎の「コンビニ」 | トップページ | クルードラゴン運用1号機打ち上げ間近に »