« 銀漢亭 閉店 | トップページ | 2週間前 »

銀漢亭の看板を見に行く

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日の荒れ模様のお天気はすっかり回復して、朝から誠に洗濯日和になり、好天は一日続きました。
 以前のパソコンで使っていた液晶モニターを弟に譲ることにして、彼が昼過ぎにクルマで取りにやってきたので、このクルマに同乗させてもらって昨日の記事に書きました銀漢亭まで行ってきました。伊那男先生によれば、月曜日から取り壊しに入るそうなので、銀漢亭の看板を見るのはひょっとすると今日が最後かな、と思ったので、外出自粛の禁を犯しても行ってきたわけです。

 銀漢亭にはシャッターが下ろされていて、手書きの張り紙には「取り合えず今週(も)お休みです」と書かれていました。(も)の部分は後から書き足されているみたいでした。
 古びた雑居ビルの1階の小さなお店でしたので、直ぐに次が入るかは、ちょっとどうだろうか、少なくとも今の騒ぎが収まるまでは難しいだろうなあと思って、銀漢亭の前から帰りました。
 JR水道橋駅まで戻ったのですが、歩道を歩く人は少なかったので、お天気も気持ち良いし、坂道を登って一駅、お茶の水駅まで更に歩きました。道の脇には神田上水関係の石碑や看板などが立っていました。

|

« 銀漢亭 閉店 | トップページ | 2週間前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀漢亭 閉店 | トップページ | 2週間前 »