« 味噌汁の鍋 | トップページ | こうのとり9号機(HTV9)打ち上げ成功 »

在宅勤務は普及するか?

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、どうも昨日に引き続き、曇りがちで雨も降ったり止んだりというお天気でした。まあお昼ごろは雨の止んでいる時間帯も長かったですけどね。今日は時差勤務での出社日でしたので、結果的には行きも帰りも折り畳み傘の厄介になりました。

 出社すると、事務所は5割位の出社率かな。空席になっているデスクが結構目立ちました。小生の机の上には郵便物が積まれており、やはり1週間会社に出ないとそれなりに郵便物は溜まります。これは仕方が無い。

 ところで、明日の21日は、政府が現在の緊急事態宣言をもう一度見直して、5月31日を待たずに解除する地域が出てきそうだ、ということです。今のところは南関東の1都3県は解除されずに維持、大阪府や兵庫県は解除となるのではと言われていますね。ここらあたりは、おそらく政府が予めマスコミに意図的にリークしている情報でしょうから、たぶんその通りになりますね。

 いつまでも緊急事態を続けている訳にはいかないですから、いつかは全国的に解除になるでしょう。それが今月末かはわからないですが、なったとして、しかしそれで直ぐに半年前の生活に戻るか、というと、おそらくそれは無理なのでしょう。というのも、この感染症に必ず効くという治療薬も、感染を効果的に防ぐワクチンもまだまだ時間がかかるからです。
 さて、そうすると今の様な在宅勤務体制はどうするか。日本的な働き方からすれば、どうもやはり馴染まない、といってこちらは解除になりそうに思いますが、しかし一部の企業では「結構、やろうと思えばできるじゃないか、働き方改革の一環で進めてみてはどうだ」という声が出てくるかもしれない。昔と違って、ネットという便利なものが普及していますから、あとは会社の制度を整備すればいいだけ、かもしれないですよ。

|

« 味噌汁の鍋 | トップページ | こうのとり9号機(HTV9)打ち上げ成功 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 味噌汁の鍋 | トップページ | こうのとり9号機(HTV9)打ち上げ成功 »