« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

年度末

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、気温は昨日よりはやや高めでしたが、雲は取れずに終日曇り空が続きました。
 さて、世の中感染症対策で大変なのですが、カレンダーは非情にも進みますから、本日は3月最終日。日本の多くの会社ではいわゆる年度末です。会計年度の〆を行う日ですので、特に営業関係の人は今日までの数字が売上になりますので、それはもう大変です。
 ただ、今年の第3四半期=1月~3月は、まず中国の武漢にある工場がとまり、次第に全土に影響が及び、やがて欧州、北米と世界中にウイルス禍が広がりましたので、小生の勤務先の会社も大きな影響を被りました。
 たぶん経済としては日本も世界中でも大きなマイナスになるでしょうね。これは2008年末のリーマンショックを連想しますが、どの位で立ち直れるか。

| | コメント (0)

思う壺

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、雪や雨は上がっていたのですが、雲は退くことはなく終日曇り空が続きました。
 寒かった昨日よりは多少気温は上がったのですが、それでも平年並みには少し足りず、昼間でもやや寒いという日でした。昨日が寒かったので、風邪をひいてしまった人もいるかもしれませんが、このご時世ではうっかり風邪もひけないですね。

 毎日毎日、新型コロナウイルス関係のニュースばかりで、せめて小生のブログは関係の無いことでも書こうと思います。
 時々、思い出した様に書く「日本語の語源を探る」シリーズ、一体前回はいつ何を書いたかも忘れてしまいましたが、今回は「思う壺」です。
 確かオリックスのテレビCMだったかなと思いますが、CMに出ているイチロー(もはや知らない人もいるかもと思うので一応書いておくと、イチローはかつてオリックスに所属する選手だった)が、「やる気MAXオリックス」というコピーを役員会議(らしい)場で提案して、ダサいと評判が良くなかったのに何故かこれを使う人がいる、「そんなことをしたら、イチローの思う壺だよ」とかいうセリフがあるのです。
 思う壺って、それは一体どんな壺なんだろうか、と思ったら、これは案外簡単に判明しました。辞書にも載っていました。小生は壺と聞いて、液体を入れる容器を連想したのですが、違うのです。
 今は流行らなくてあまり作られていませんが、かつては「水戸黄門」「大岡越前」の如く時代劇テレビドラマが人気を誇った時がありました。そういう時代劇には大抵「丁半博打」の場面が出てくる。サイコロを2個振って、出てくる数字が偶数か奇数かで賭けるという単純と言えば単純な博打。あのサイコロを振る時に使う道具を「壺皿」というそうですが、あれを指すのです。熟練の壺振りは、偶数も奇数も思うままに出すことができるので、あの博打に大金を張るのは結局は「思う壺」=絶対負ける=なんだよ、ということだそうです。ドラマだと床下にいかさま用の人員が配置されていて、サイコロを針でつついて、出る目を変えてしまうみたいなこともやっていましたが、そうするとディーラーの「思う壺」ではなくなってしまうので大騒ぎになるわけですね。

| | コメント (0)

逼塞

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、朝のうちは雨でしたが、どうも昼頃から雨が雪に変わった様で、周辺の家の屋根が白くなっておりました。もうすぐ3月も終わるという季節なのに何しろ寒い一日でした。
 都知事から、「この週末は不要不急の外出はしないように」とのお達しが出されていましたが、その上こんなお天気ですからおそらくは今日の人出は極めて少なかったことでしょう。東京を代表する繁華街である銀座では、有名ブランドのお店や百貨店が昨日から今日はお休みということでしたので、あの中央通りはどんな状態だったかは容易に想像がつきますね。
 但し今日も東京から60人以上の感染者が確認されたそうです。
 ただ、昨日から今日の感染者というのは、2週間位前に感染した、あるいは外国で感染してしまって帰国してきた人だと考えられるので、昨日今日、あるいは明日から、外出制限をしてもまだ暫くは感染者は出続けるだろうと思います。何せ成田、羽田という世界に開かれた国際空港を抱えていますし、東京を含め南関東3県の所謂首都圏は、日本の中でも巨大な人口を抱えていますから、分母は大きい。同じことは愛知県、大阪府でも言えますね。
 そんなわけで、必要な買い物を昨日済ませておいたので、お天気も悪いことから本日は家から一歩も出ませんでした。
 江戸時代に、武士や僧侶に命じられた刑罰に「逼塞(ひっそく)」というのがあって、昼間も門を閉めて、何処にも出歩いてはいけない、というものだったようです。どうも世界中の人が、今や逼塞ということになってきた様ですね。

| | コメント (0)

新型ウイルス肺炎の終息見通しは

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、天気予報は悪かったのですが、意外にお天気は曇り空のままで夕方まで持ち堪えたという感じでした。但し明日の日曜日は本格的に崩れる様です。
 先週にちょっと山形に行ってきた土産を持って、鳥越に行ってきました。いつもでしたら、母親、弟と3人でランチでも食べるために外食するのですが、さすがに今日はこういうご時世で、ちょっと外でランチは憚られましたので、弟にテイクアウトの天丼を3人分買ってきてもらい、家で食べました。
 昨日の記事にも書いた、小池都知事の要請は、どうやら都民にそれなりに理解された模様で、地下鉄千代田線もJR東日本の山手線、総武線もかなり乗車人数は少なかったです。ということは、実際に知事の要請を守って外出を控えて家に居た、という人が多かったのでしょうね。

 ところで先日来、東京の台東区にある、永寿総合病院で院内感染が発生した模様と報道されています。
 東京にある下町の台東区という特別区は、確かに夜間人口は少ない商業地域と考えられますが、そのためか、大きな総合病院はあまりない。で、例の永寿総合病院は現在は上野駅の東、あのあたりは東上野になるのかな、その辺に立地していますが、元々は上野から浅草へと伸びている浅草通りに面して、仏具屋が軒を連ねる稲荷町交差点にありました。実は小生の祖父が脳梗塞で2回目に倒れた時はこの病院に入院しました。今ではちょっと考えられないと思いますが、当時は入院患者がいると、家族が付き添いで泊まらないといけないという病院であったので、家の者は交代で病院に泊り大変だったと記憶しています。
 病院自体も建物が古く、印象はあまり良くありませんでした。ですが、99年に小生の下垂体腫瘍を神経内科の医師に見つけてもらったときには、この病院のMRIで精密検査を受けましたので、小生も世話にはなっています。その病院が移転したのが東上野という訳です。
 おそらく当分の間は、この病院は外来患者を受け付けることはできない状況でしょうね。
 このウイルスの感染の終息には、あとどのくらいの時間が必要なのか。誰も見通しはつかないのでしょうが、何せニュースはこればっかりです。東日本大震災発生直後の様子に、少し似てきました。

| | コメント (0)

在宅勤務

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、お天気は、まずまずといったところでしたが、南寄りの風が強くなり、小生の家のヴェランダは南に向いているため、南風が強いと物が色々と飛びます。概ねサンダルは定位置からかなり飛ばされてしまうため、ヴェランダのサンダルは中に入れました。

 ところで、一昨日の小池都知事閣下の記者会見による都知事の要請を受けて、小生の勤務先の会社では緊急の対策会議が行われて、その結果、本日金曜日については、電車やバスなどの公共交通機関を使って通勤する従業員については、会社には来ないで、在宅勤務とするようにお達しがでました。

 しかし、昨日の今日のことで、在宅勤務と突然言われても、小生が今使っているパソコンはあくまでも私用のものであり、これを使って会社の仕事をすることはできません。会社で使っているパソコンはデスクトップ型であって、本体だけはかなり小型化されていますから、それを取り外して家に持ってきて、我がモニターに繋いで使うという手も考えられないでもありませんが、仕事に使っている沢山のファイルは会社のサーバーに入っていますから、本体を家に持ってきてしまうと、会社のサーバーにアクセスするのはいつもとは別の手続きが必要になる。家のwifiを使って、会社のサーバーにリモートアクセスしても大丈夫なのかいなという心配もある。そうしたことを情報システム部に相談に行きましたが、これはやはり簡単ではないようで、ちょっと検討するから待ってくれ、と言われてしまいました。
 会社のノートパソコンを一台貸してもらえば、その方が簡単なのかもしれませんが、在宅勤務しようとする全部の社員に貸すほどたくさんのノートPCは到底用意できないでしょう。
 仕方なく、必要最小限のファイルだけ持ち出して、家のパソコンのオフィスソフトを使って仕事をしましたが、グループウェアも会社のサーバーも使えないではかなり厳しい。在宅勤務というのは言うは易く・・というものの様です。
 土日の東京の感染者数はどうなるか心配ですが、週明けからはどうなりますやら。

| | コメント (0)

噛み合わせ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日の続きで朝から快晴。誠に良いお天気の一日でした。但し良い気分には到底なれない状況で、東京での新型コロナウイルスへの感染者数が昨日より更に増えて47人に上りました。東京都知事が連日テレビに出てきて、もうオリンピックの開催延期が決まってしまった以上、こっちに集中しますという勢いで、フリップを持ち出して、色々要請を繰り出していました。「感染爆発を食い止めなければ」というのが目的なのは良くわかります。但し夜の繁華街では相変わらず若者がバカ騒ぎを繰り返している様子も報道されています。ああいうのを見るにつけ、報道の在り方というのに疑問を感じます。あんなバカ騒ぎは報道する意味はないと思います。ああいう様子を見ると又同じことをやらかす連中が夜街に繰り出すだけです。無視しないといけません。

 それはともかく、小生は5日ほど前から別の理由で気分が悪いです。

 日曜日、山形から東京に戻るつばさ号の中で、早めの夕食でお弁当を食べていました。で、うっかり右の下の口の中を噛んでしまったのです。そんなに強く噛んだわけではないけれども、たぶん口の中が軽く腫れたと思います。よく口内炎の原因になったりしますよね。
 で、早く治らないかな、と思ってそれからは食事の時には用心していたのですが、どうもそうして噛んだ所を気にしながら口を動かしていると、またぞろ似たような所を噛んでしまう。で結局5日間で3回も噛んでしまいました。こいつはおそらく、噛んだ所を気にするあまりに噛み合わせが不正になっているのだろうなと思います。困ったことです。

| | コメント (0)

自粛を要請するとは?

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日同様に朝から快晴で、昨日の強い北風は収まってきたので、その分体感的には暖かく感じました。
 昨晩に、漸くというか、やっとというか、正式にオリンピックの2020東京大会が開催を1年延期するということに決まりました。テレビなどマスコミが街の声など拾っていましたが、あまり意味は無く、日本人の大半は「そりゃそうだよな」と思っているに違いありません。

 先日でしたか、さいたまスーパーアリーナでK-1の試合が開催され、こいつは政府が開催の自粛を要請していた「大規模イベント」にあたるのではあるまいか、となって色々と騒がしくなりました。
 政府は何か法律に基づいて「イベントの開催を禁止」できないので、仕方なく「自粛を要請」しているのでしょうが、これはちょっと国語に詳しい人なら、違和感のある用例です。
 「自粛」というのは辞書的な意味としては「自ら進んで、行いや態度、言動などを慎むこと」なんですね。例えば不祥事を起こしてしまった会社が、「暫くの間は広告宣伝活動を自粛する」といった具合です。
 なので、開催を見送る、中止するということを自ら決めるのであって、それは他人から要請、つまり強く願い求められるからそうするのではない。まあ穿った見方をすれば「中止や延期を要請すれば、その結果として発生する損害を補償しなくてはいけなくなるかもしれないが、自分で決めたならその責任はない」と役人が考えたのかもしれません。けれども、本気で感染の拡大=クラスターの発生=を防止しようとするなら、はっきりと「中止や延期を要請する」と言った方が良かったのではないですかねえ。それともそのための法的な根拠が無い、ということで「自粛を要請」と訳の分からない言い方になったのか。おそらく中国だったら、「共産党が中止しろと言っているんだ!」でOKなのでしょうね。

| | コメント (0)

桜に名句・・あるか

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から快晴で、概ね終日快晴が続きました。但し北寄りの風が強く、体感的には寒く感じました。
 北風が強く吹くと折角咲いた桜が散ってしまうのではと思いますが、未だ今のところは大丈夫かな。

 来月、4月1日水曜日の句会も、今月と同様にネット形式になるとの連絡が来ました。東京の感染者数が激増している訳ではありませんが、目下のところは仕方ないでしょうねえ。5月はたぶん、おそらくは大丈夫でしょう。
 4月1日なので、兼題は四月馬鹿、そんなのも俳句のお題になるのです。それともう一つ、桜。
 昔の日本では、単に花と言えば、それは梅のことを指しました。現在においては、花は桜を指します。我が国においてこれほど愛されている花は他に無く、春の季題の中でも圧倒的な存在感です。勿論、芭蕉の時代から連綿と桜は俳諧の発句、そして明治以降は俳句に詠まれ続けています。ただ、この様な並ぶ者の無い存在の季題ですから桜そのものを詠もうとすれば、これまでの俳人に詠みつくされている内容の焼き直しになり、何か他のテーマと取り合わせようとしても、これまた大抵は詠まれている。それならと、誰も使わない様な独自性を求めると、これは概ね訳の分からない理解不能の句になってしまう=これをしばしば「離れ過ぎ」と言われます。
 要約すれば、桜とはあまりに巨大な存在の季題ゆえに、大抵は「俳句が桜に負けてしまう」のですね。
 それで「桜に名句無し」とまで言い切ってしまう人もいる様です。それは言い過ぎの様にも思いますが、一面の真実をついているやも知れません。それでも何か作らねばなりません。

| | コメント (0)

感染者数は少ない

 こんばんは、チェスです。

 昨日の記事でも触れましたが、山形への往復のつばさ号、非常に空いていて驚きました。
 往きは19日木曜日の夕方18時過ぎに上野を出るつばさ153号に乗りましたが、終着駅の山形に到着前、13号車に乗車していたのは小生の他は1名しかいませんでした。帰りは22日日曜日の夜19時前という程良い時間に東京に戻れるつばさ150号でした。さすがに三連休の最終日の上り列車で、もう少し乗車率は良かったのですが、小生が座っていた座席の横4人分のうち、他の3席は上野駅までとうとう誰かが座ることはありませんでした。
 現在世の中を大いに騒がせている新型コロナウイルス騒動にしても、国内で確認されている感染者数のうち東北地方の青森、岩手、山形の各県は本日段階で未だゼロ、東北6県全てを合計しても5人なんですね。もちろんこれは単純に東北地方は人口が少ないということは言えるかもしれない。同じく人口の少ない山陰地方の鳥取、島根の両県もゼロですからね。
 もちろん、日本全体としてみた場合は、3月23日現在でクルーズ船感染者を除いた場合千人を超える感染者数が確認されている訳ですが、他の国、特に欧州各国や、アメリカの状況を見るにつけ、日本の感染者数はどうも少なすぎる様な気がします。それは検査をあまりやらないからだ、などと言っている人がいるようですが、1億人以上の人口で、中国との往来の激しい我が国で、この程度の数というのはどうもやはり少ない。今後、イタリアやスペインやフランスの如く、ガーンと数字が上がる可能性もあるのでしょうが、そうなれば病院などは間違いなくパンクする。だから意図的に検査をしないのだ、というのは確かに納得してしまいそうですが、だからと言って重症患者が亡くなる数までは隠蔽できないでしょうからね。日本がこの位の感染者数の増加ペースのうちに、世界全体の感染が収まっていけば、我が国は上手くやったと言えると思いますが。

| | コメント (0)

ウォーキングシューズ

 こんばんは、チェスです。

 昼間の山形はほとんど終日雨模様で、しかも結構寒い一日でした。

 小生が木曜日に履いて行った日常使いに履いているウォーキングシューズを見たうちのカミさんが、「この靴は随分とくたびれているから、もう買い替えた方がいい」などと言い出し、それならどうせ今日はこれと言って用事も無く、雨降りで行きたい所も無かったので、そのウォーキングシューズを新調することにしました。
 履いていた靴もチヨダのハイドロテックでしたが、また同じハイドロテックにするべく、扱い店に行ってハイドロテックのウォーキングシューズを買い、その新しい靴を履いて帰京いたしました。

 往きも帰りも、つばさ号はかなり空いておりました。新型コロナウイルスの影響でしょうねえ。

| | コメント (0)

渡辺だんご

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の山形、午前中は大変良いお天気で、月山、葉山が綺麗に見えました。午後は雲が出てきて雨が落ちてきました。

 カミさんの家の近くに、明治の頃からやっている老舗、渡辺だんごというお店があります。小さなお団子屋さんなのですが、非常に美味しく人気です。朝9時開店ですが、お団子が無くなれば昼過ぎには閉店になってしまいます。で、今日は9時前に出撃して開店前から待っていて、一番で団子を買ってきました。特に盛大に塗ってくれる豆の餡、ずんだですかね、これが一番人気でしょうね。

 明日の15時過ぎのつばさで帰京致します。

| | コメント (0)

慈恩寺

 こんばんは、チェスです。

 春分の日の山形、暖かかった昨日よりかなり気温が下がり寒い一日でした。

 午後、一度行ってみたかった寒河江の慈恩寺に行ってまいりました。非常に古いお寺で、本堂は茅葺屋根でした。拝観料を支払うと本堂や薬師堂の中にある数々の仏像を丁寧にご案内頂き、勉強になりました。

| | コメント (0)

新幹線eチケット

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昼間は昨日の続きで気温が上がり、おそらく季節としては1ヵ月は先の暖かさではなかったかと思います。開花宣言の出た東京の桜も、この気温で一気に咲くのではと(同じことを昨日も書いたような)。

 明日の金曜日は春分の日で、世間的には春のお彼岸と言った方が通りが良いでしょう。ただ、小生の勤務先は出勤のカレンダーになっておりまして、しかし今年度も押し詰まってきましたから小生としては一日でも有給休暇を消化してやろうと考えて、明日の20日は休暇を取って、カミさんのいる山形へ行ってくることにしました。

 つまり世間的には三連休ということになるのですが、何せ今はあらゆることが自粛ムードですからねえ。山形行のつばさ号も空いているのではないでしょうか。小生の勤務先の王子は、バスタ新宿を出て北の方面へと向かう長距離高速バスが首都高に乗る手前でお客さんを拾う高速バス用のバス停があるので、そのバスを良く見ますが、殆ど空気を運んでいるとしか見えないバスが走っていますよ。

 で、何時もなら20日の朝10時頃に上野を出るつばさでゆっくり行くのですが、今回は時間も無くてもったいないので、本日木曜日の夜のつばさに乗って行きます。今回初めて、JR東日本が始めた新サービス「新幹線eチケット」を使ってみます。通勤定期券として使っているSUICAを予めえきねっとで登録しておくと、えきねっとで予約した新幹線にはチケットを発券しなくても、その登録しておいたSUICAで新幹線に乗車できるようになったと。
 東海道新幹線は、かなり以前から似た様なチケットレスのサービスがありました。但しJR東海はEX-ICという専用のカードを使う必要がありました。JR東日本は、日常使っているSUICAを登録さえしておけば、そいつを使って新幹線にも乗れるというのがミソでしょうね。新幹線の列車や号車・座席番号は、新幹線の改札を抜けるとそのお知らせのメールが届くのだそうですが、それは自動改札で乗車票が出てくるJR東海の方がいいなあ、と思うのは、やはり昭和の人間だからでしょうか。

 ということで、金曜日、土曜日の本記事の更新は滞ると思いますので、予めご承知下さいね。日曜日の夜に帰ります。

| | コメント (0)

お花見

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、まず申し分のない、晴れて気温が上がり風も穏やかな一日でした。コロナウイルスの一件を除いてはですね。
 午前中は仕事で麹町へ向かいました。何時もは地下鉄ですが、今日は同行するメンバーが運転する車に同乗させてもらいました。そのため、道中の所々で桜の開花を眺めることができました。
 特に平川門を右折して皇居を左に、右側には毎日新聞社がある坂道を登っていくあたり、ソメイヨシノに限りませんが、もう桜が諸々咲いている様で、皇居を走っているランナーの目を楽しませてくれることでしょう。

 ただコロナウイルスの一件で今年はお花見宴会は自粛という流れですから、満開の桜の下のお酒を楽しみにしている人には、残念ながら「また来シーズン」ということですね。でも、純粋にお花見をする分には却って静かに桜を楽しめるような気がします。

| | コメント (0)

マスク不足

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日の強風が収まり、朝から快晴で気持ちの良い一日でした。これで新型コロナウイルス騒ぎさえ無ければ、長閑な春の一日ということになるのですがねえ。確か先週の土曜日だかに靖国神社のソメイヨシノの標本木がいくつか咲いたとかで、こいつを観察している気象庁から「東京の桜開花宣言」がありました。ですので今週末あたりは、東京のいくつかの桜の名所ではお花見ができる位に咲くかもしれませんね。
 但し、今年は宴会禁止になっている所が多い様ですが。

 皆さん、どうやってマスクを確保しているのかは知りませんが、朝晩の通勤電車ではマスク着用率が本当に高い。で、「健康な人はマスクをする意味は無い」との専門家の意見もテレビで見ましたが、アクセサリーというかポーズの様な感じで小生もマスクをして通勤しています。でも、かつての様に景気よく使い捨てには最早できませんので、帰宅するとマスクを丁寧に洗って、キッチンブリーチで消毒してから乾燥し、再利用しています。
 マスクが足りたくなっている、というのはもう結構前から言われていて、確か菅官房長官が「政府がマスク増産をお願いしているのでマスクは足りる様になる」とか言っていたと思いますが、これがさっぱりですね。
 で、とうとう医療機関でマスクがいよいよ足りたくなってきたそうで、政府が持っているマスクを医療機関に提供するのだとか。とすると、市場にたくさん出回る様になるのは何時のことやら。

| | コメント (0)

選句

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は晴れたのですが、風が強く何やら不安定なお天気でした。伊豆諸島北部では竜巻が発生したとか。

 先週の土曜日に本来開催予定であった、小生が参加している俳句結社の本部句会が休会になってしまったのは、既に書いた通りですが、この本部句会もネット形式で投句することが可能になり、小生も五句作って金曜日の夜に投句をしました。するとPDFファイルの形式で、土曜日の午後に清記用紙が送られてきました。50人が投句したということで、全部で250句の俳句が書かれた用紙です。
 普段の本部句会は50人も参加することはなく、もう少し少ない人数だったと思いますので、これは多い。
 で、リアルの句会では、一枚の清記用紙に7句が書かれていて、この用紙が順番に回覧されてきます。そこに書かれた俳句を読んで、気に入った俳句を手元のノートに控えておき、最終的に5句に絞って提出するということをやっています。このプロセスを「選句」と言っています。本部句会の様に参加者が大勢だと、一度にたくさんの俳句を読むのは中々大変で、集中力を必要とし、終わると疲れます。
 ところが今回の様に清記用紙が一度に送られてきて、数日後の締切までに選句結果を送れば良い、となると、選句の様子はかなり変わってしまう。まず自宅で暇な時間に読めばいいので、緊張感は無くリラックスしています。それだけに却ってだらだらしてしまい、鑑賞も甘くなってしまいます。さて、小生が投句した俳句、50人の中のどなたかが採ってくれるかな。大部分は落選なのですから、かなり厳しいことは確かなのですが。

 

| | コメント (0)

JR東日本ダイヤ改正

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日一日降った雨や雪はすっかり上がり、朝から晴れました。やや風が強く、そのせいで暖かさはあまり感じませんでしたが、少なくとも昨日よりは暖かかったことは確かです。
 昼前に歯医者の予約が入っており、これで左奥の上の2本の歯と、今回やってもらった右奥の歯の治療は完了で、右奥の上の歯もハイブリッドセラミックになりましたので、口を開けて笑っても金属が見えなくなり、見た目がよろしくなりました。
 歯医者が終わって丁度正午に近くなったのですが、例のコロナウイルスの影響で理髪店が空いているのではあるまいか、と思ってそのまま床屋へ行ってみました。残念ながらいつもの日曜日の混雑で、30分以上は待ったかな。

 ところで、昨日、3月14日のことになりますが、JR東日本はダイヤ改正を実施いたしました。
 山手線としては西日暮里駅以来となる新駅開業、「高輪ゲートウェイ」駅が開業しました。

 そして、東日本大震災から9年と3日の歳月が流れて、漸く再び、常磐線が全線復旧開業の日を迎えました。
 昨日は品川(上野)-仙台を結ぶ直通の常磐線特急「ひたち」が、再び走る日となりました。

 勿論、東京にいる人が仙台へと、あるいは仙台にお住まいの人が仕事で東京へ行くには、普通に考えれば東北新幹線に乗れば約1時間とちょっとで着いてしまいます。ですから、「ひたち」がいわき行から仙台行になったからと行って乗る人が増える訳はないのです。何せこの区間を乗れば4時間半かかるのですから、時間を考えたら勝負になりません。
 しかし、福島県の浜通りにあるいわき市は、東北で2番目に大きな都市なんだそうで、そのいわきと東北一の大都会である仙台とを特急が結ぶということが大事なのです。

 4時間半をかけて、いずれ小生も「ひたち」に乗って仙台へと行ってみたいと思います。

| | コメント (0)

なごり雪

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、未明に観測された気温が本日の最高気温で、後はそれから気温が下がる一方という、何しろ寒い一日でした。
 寒いだけではなくて、朝から雨が降り始め、昼頃にはこれが結構強い、本降りに近い降り方になり、あれ?霙交じりになったかな?と思ったらそのうちに雪に変わりました。雪は夕方頃まで降りましたね。

 来週の金曜日には春のお彼岸になるのですが、小生は木曜日の夜、会社が終わってから山形のカミさんの所へ行く予定にしているので、お彼岸に実家の墓参りに行く事ができない。で、この週末に行こうと思って弟に声を掛けておいたのですが、今日は生憎のお天気です。明日の日曜日に変更できれば良かったのですが、明日は歯医者の予約があり、仕方ない、雨の中を墓参りに行ってきました。

 東京でも、弥生3月に入ってからでもたまに雪が降ることはあります。ただ、今週中ごろの水曜日~木曜日のあたりは非常に気温が高くてコート無しで会社に行く位でしたので、今日の寒さは堪えました。ただ、昨今の世情からうっかり風邪を引いてしまうと、外を歩きにくい状態になりますし、ただの風邪でも会社からはおそらく休めと言われるでしょう。この気温の変動は体調を崩しやすく、気を付けないといけません。

| | コメント (0)

飲食店もコロナ禍

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は昨日に引き続き非常に暖かく、穏やかな一日でした。但し暖かいのは今日までで、明日の土曜日は西から雨がやってくるばかりでなく、寒さも戻るそうです。何だか風邪をひいてしまいそうで、注意しなくてはいけません。

 夕方帰宅して、明日の天気が悪いということから、明日までの食材でも買っておこうかと思って、綾瀬駅の東改札を出て、常磐線の高架下に沿ってそのまま東へ歩きました。常磐線と交差する道路まで、高架下のスペースに色々お店が並んでいますが、いわゆる居酒屋風のお店も多く、今日は金曜日ですから夕方はどのお店も賑わっているものです。
 ところが本日、もう、どのお店も本当に閑古鳥が鳴いている有り様です。お店の中がガラガラで、僅かに端っこのテーブルに地元のオヤジらしき2人連れが座っている位で、いつもなら談論風発の会社帰りのサラリーマン集団が全く見当たりません。

 小生の勤務先もそうなのですが、現在は極力宴席などを開催するのは勿論、外の席に出るのも控えろと言われているんですね。
 多くの会社では、年度末で人事異動のシーズンです。あと半月で新年度、そうすると異動しないといけない人も多いことでしょう。そういうわけで3月は送別会のシーズンなのですが、これも自粛と言われていますから、宴会で儲けてきた飲食店は現在は本当に打撃を受けていますよね。そして4月には新入社員が入ってきて、やはり異動でやってくる人もいるので、今度は歓迎会のシーズンになりますが、たぶんこれも今の様子だと自粛が続くでしょうねえ。困ったことです。

| | コメント (0)

センバツ中止になったが

title :  センバツ中止になったが
 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨日に引き続き、非常に春らしく暖かな一日でした。例の感染の問題さえなければ、お出かけ日和という奴ですね。
 昨日でしたか、春の選抜高校野球大会、今年は中止ということになりました。素人的にかんがえれば、会場になるのは特にドーム球場というわけではない甲子園球場だし、あの広々としたグラウンドで野球をするだけなら、別段感染の問題はそう発生しないのではないの、と思いましたが、しかしスタンドに応援団やお客さんを入れてしまうとそれはちょっと問題かもしれない。そこは感染リスクはあるかも。であれば、当初検討されていたように、無観客で実施すればいいんではと思いました。それもやらないというのは結構極端な方針ですよね。

 まあしかし、元々小生は、野球という特定のスポーツにばかり注目を集めるやり方というのは批判的でしたから、中止なら中止でもよいでしょう。問題だと思うのは、主催者のその中止という決定に対しても、マスコミがいかにも大きく取り上げて報道する点であると思います。高校生のスポーツや文化の諸々の大会というのは別に野球に限らず、たくさんある。それらの中には、同様に中止になってしまって泣いている高校生もいるはず。しかしそれらは全くマスコミに取り上げられることはないです。高校野球だけがいかにも特別扱いなのはおかしいですよ。ですので、センバツ中止になりました、と淡々と流せばそれで充分で、出場予定だった学校にまで取材カメラが行かなくてもと思います。

| | コメント (0)

今年も来た3.11

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から晴れて気温が上がり、コート無しで出社いたしました。軽く1カ月は季節が先に行ったというような暖かい一日でした。
 そして昨日の記事でもちょっと触れましたが、今年も3月11日が来ました。言うまでも無く、9年前の3月11日、東日本大震災で我が国の主に東日本が大きな被害を受け、たった一日で1万人以上の方が亡くなりました。

 黙祷いたします。

 

 たまたまですが、本日は小生の勤務先で、こうした震災被害に備えて、徒歩による帰宅を想定した訓練を行い、小生も参加いたしました。
 午後一杯を使って、約10kmを歩いて帰宅するという訓練です。
 雨天決行とのことでしたが、今日はまるでお出かけ日和とでもいうような天気だったので、同僚とおしゃべりを楽しみながら街歩きの様な、はなはだ緊張感に欠ける訓練になってしまいましたが、まあそれはそれで仕方ないでしょう。

| | コメント (0)

3月10日

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、小生の出勤時は、未だほんの僅かの小雨であったのですが、昼間は時折強く降る時間帯があったり、夕方から夜になるにつれて雨が本降りになりました。

 9年前の東日本大震災があったためか、3.11という数字が人に大きく記憶されるようになりましたが、実は本日3.10も東京にとっては大変な日でした。太平洋戦争の終盤、昭和20年3月10日、東京は戦略爆撃機B-29の大編隊による焼夷弾攻撃を受け、主に東京の下町地区を中心に大損害を受けました。関東大震災で発生した大火災で東京は相当の被害を受けましたが、ようやく再建成った東京はまたも灰燼に帰したのです。
 小生の父はどういう訳か地方に疎開しておらず、この日新橋にいて、東京が燃えるのを見ているのです。どうして東京にいたのかは父から聞いていたかもしれませんが忘れてしまいました。
 毎年この日には、関東大震災があった9月1日と同じように東京都慰霊堂で慰霊式典があります。今年もあったのですが、今年は例のウイルス感染防止対策のため、一般参列者は無し、遺族の参列のみで行われました。

| | コメント (0)

ホワイトディ

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は晴れて気温が上がり、寒かった昨日とは一変した春らしい一日になりました。ただ、この好天は一日限りで明日は西から雨になるらしい。
 今週の週末土曜日は、世間的にはホワイトディということになっていて、高級なチョコレートを先月のバレンタインディにうちのカミさんから貰った小生としては、忘れずにお返しをしなくてはなりません。ちなみに、歳時記を開くと、バレンタインデーは既に季語(冬の季語)になっているのですが、このお返しのホワイトディの方は季語にはなっておりません。

 だからと言って、お返しを面倒くさがる様では、来年はチョコレートを貰えるとは限らないですから、ここは一発きちんとお返しをしておかねばなりません。ただ、中々にこのお返しというのは色々頭を悩ませます。それでも家にカミさんが居れば、そんなに日持ちがしないお菓子でも、直接渡して直ぐに食べてもらうことができますが、目下カミさんは山形ですから、そちらへ送らないといけない。となると畢竟日持ちのするお菓子ということになってしまいます。そうするとクッキーなんかの焼き菓子に限定されてきてしまう。そいつは如何にもありきたりで面白くない。面白くしようと思うと、そこら辺で売っているお菓子ではダメだと、中々に悩ましい。
 今日あたりから情報を収集して水曜日あたりには発送しないと間に合わないからね。

| | コメント (0)

山形新幹線E8系電車!

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、朝からほぼ一日雨空で、雨そのものは大したことは無かったのですが、何せ寒かった。昨日に引き続き、季節が少々バックしてしまった感じがします。
 午前中は、例の右側奥の上の歯の、治療跡のやり直しで、本日は型取り。無事に完了して、この型でハイブリッドセラミックの被せ物が出来上がればこの歯の治療は終了です。あと1回で終わりかな。来週の日曜日でたぶん終わりになるでしょう。

 ところで、小生が山形へと帰省するのに毎度毎度お世話になっている、JR東日本の山形新幹線。現在はE3系電車というのが走っていて、山形新幹線は開通当初は400系という電車でしたから、現在は2代目ということになります。
 そしてJR東日本からの発表で、次世代の山形新幹線はE8系電車というのが6年後の2026年に走ることになるそうです。
 現在のE3系は最高速度275kmで、次のE8系は最高速度300kmになるそうですから、下り電車が宇都宮を出た後の、線形の良い高速区間で最高速度が上がるのでしょうね。
 それと、山形新幹線関係では、福島駅の改良工事が正式に着工となるようです。以前の記事でも書いたと思いますが、東北新幹線区間から山形新幹線、正式には奥羽本線(山形線)に乗り入れる際の渡り線は、現在は福島駅の14番線一本のみであって、上り電車も下り電車もこの線路を使っています。言ってみれば山形新幹線のダイヤ作成の泣き所とでもいうべき箇所で、ダイヤ作成をする方、昔は「スジ屋」とか言ったそうですが、現在はどうなのかな、そういう方の腕の見せ所なんですね。そして、福島駅14番線は最も西側にありますので、下り電車は割とスムーズに山形線に渡っていきますが、やまびこと連結する(連結しないつばさもある)上り電車は、福島駅14番線を発車すると、本来の上り線まで平面交差して大移動していきます。その分加速が遅れますから、時は金也と思えばこれももったいない。
 そこで福島駅の新幹線ホームの一番東側に繋げる様に、上り列車専用の新しい渡り線を作るそうです。これは大きいですよ。山形新幹線が福島駅で「複線化」されるわけですから、運用はかなり楽になる筈です。

| | コメント (0)

東京オリンピック開催できるか

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、時折雨がぱらついてくるお天気で、ほぼ終日どんよりとした曇り空でした。気温が昨日に比べてかなり低く、昼間でも外を出歩くにはコートが要るなという寒さ。今週は、日によって寒暖差がかなりあった感じです。

 本日はそんなお天気だったので、あまり感じませんでしたが、ぼちぼち小生の場合には花粉によるアレルギー症状が出てきていて、気温が高くて風が強かったりすると、てきめんに鼻水が垂れたり目が痒くなります。ところが未だにマスクが全く入手できないような状況で、これは誠にこまってしまいます。家の備蓄はあまりないので、景気良く毎日使い捨てしてしまうと、これから更に花粉が本格化した時にマスクが一枚も無い、という悲惨なことになります。それで、ウイルス対策としては褒められた使い方では無いのですが、もうこうなっては仕方ないと、使い捨てマスクを中性洗剤で洗って、キッチンハイターに漬けて消毒し、一晩乾かしてからまた使うという、禁断の使い回しをやっています。花粉対策ならこれでもマスクをしないよりはマシでしょう。

 ところで、今は人が集まるイヴェント関係が次から次へと中止。経済活動への影響がかなり大きくなってきています。問題は、今やコロナウイルス感染が世界中に拡散していることで、WHOは未だにパンデミックという言葉は使っておりませんが、アメリカ合衆国で流行が始まると、それはもう世界中の大流行ということになりませんかね。日本も、3月第1週が明日で終わりますが、未だピークを越えたとは言えないように思われます。来月4月には少なくとも我が国での感染者数が下火になっていないと、東京オリンピックは予定通りに開催できないのではあるまいか。

| | コメント (0)

ネット句会

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、昨日の強い風も収まり、気温もまずまずで、漸く春らしい日がやってきたなという感じです。もっとも春のお天気は変わりやすいので、土日はまた少し下り坂になりそうです。

 今週の4日(水)は第1水曜日で小生が毎月一番楽しみにしている少人数の句会の日であったのですが、幹事の方から「句会は中止、代わりにメールで投句してもらって、まとめた清記用紙を配信するので、それを見て選句して返して下さい」というご連絡がありました。言ってみれば手作業によるネット句会というスタイルで、幹事の方は中々に大変だったのではと思いますが、人数がそんなに多くないので何とかできたのだろうと推察します。
 ところが世の中にはよくしたもので、ネット句会用のレンタルサイトがあるんですね。いつも第2土曜日に開催されている、結社の主宰が唯一必ず出られる本部句会は、参加者の数が多いですから、手作業とメールでの句会開催は到底無理。ですから専用サイトを使ってのネット句会になりそうです。
 3月はもうこれで仕方がない。来月は・・どうなりますか。

| | コメント (0)

綾瀬駅東口のリエッタ

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨夜の雨はすっかり上がり、お天気は回復したのですが、風が非常に強かったです。北日本では更に荒れた天気で、北海道はかなり雪が降った様です。
 小生の昨日の記事の最後に「トランプ大統領は、政策的に自分と極端に異なる、サンダースさんをいやがり、中道のバイデンさんは組し易いと見るのではないかな。」と書いたのですが、新聞記事など読むと、大統領選を分析しているジャーナリストなどは「トランプ大統領は、自分の相手としてはバイデン氏は手強く、サンダース氏は攻撃しやすい」と見ているみたいです。そうなると、中道穏健派が結集してきたスーパーチューズディの結果は、ちとヤバいと思っているのかもしれませんね。

 さて、小生がほぼ毎日乗り降りに利用している綾瀬駅の東口の正面、リエッタという名称の飲食店街になっているのですが、パスタ屋さん、焼き肉屋さんが撤退した後、次のお店が入らずそのまま、小さな理容店は従業員の高齢化と人手不足で閉店して、そのままになっています。それぞれは、結構なスペースなので、いつまでもそのままというのはよろしくないのでしょうが、日本経済を象徴しているようで残念な限りです。
 東口改札を出て左側(北側)へ出ると、2棟のビルを取り壊した後の広大な敷地になっているのですが、ここがいつまで経っても新しいビルの建築工事が始まらない。一体いつまで、この広い敷地がそのままなのかと思いますが、理由はわかりませんが、こちらも何やら活力を失いつつある日本経済の様ですね。

| | コメント (0)

こうなるとやはり当初の本命が強い

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝は未だ雨は降っていませんでしたが、昼頃から雨が落ちてきました。天気予報では、東京でも本降りの雨になる、とか言っていましたので、用心して大きな傘を持って出社しましたが、夜帰宅するときには殆どふっておらず、綾瀬では既に上がっていました。
 コロナウイルス感染対策で、会社では連日、関係者による会議などが開かれて、諸々対策が打たれているのですが、そのうちの一つにシフト勤務というか、オフピーク通勤が打ち出されていました。つまりは、会社の定時勤務ではなくて、前や後ろにスライドした時間で働いてもいいよ、というわけ。でも小生は元々、朝の混んだ電車がいやで、事務所の中でも毎日殆ど1番か2番に着くという通勤をしているので、早朝シフトを選べば、今のままで早く帰宅しても良いということになる。それやってもいいのかなあ。

 ところで、日本では水曜日ですが、アメリカは日本より1日遅れますので、本日のニュースでスーパーチューズディの結果を速報されていました。左派のサンダースさんの優勢が伝えられていたのですが、中道候補の撤退で、その票がどうやらバイデンさんに集まったらしく、予想よりバイデンさんが伸びている。結局、民主党の大統領候補は、下馬評通り、サンダースとバイデンの一騎打ちということになりそうな状況です。で、そうなると最終的には民主党の首脳陣が推しそうなバイデンさんが最終的に候補に指名されそうな気がします。

 ただ、それはあくまでも「大統領候補」であって、共和党は現職トランプ大統領だから、トランプに勝てるか、ということになる。
 トランプ大統領は、政策的に自分と極端に異なる、サンダースさんをいやがり、中道のバイデンさんは組し易いと見るのではないかな。

| | コメント (0)

公共プールが休場

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日の雨模様は回復して、昼間は気温も上がり、春らしい一日でした。
 アメリカ大統領選挙の、民主党候補者争いですが、スーパーチューズディというんですか、序盤の山場を迎えて左派のサンダースさんの勢いに中道穏健派がヤバいと思ったのか、ブティジェッジ氏が候補者争いから撤退してバイデン氏を支持することを表明しました。他に、大富豪ブルームバーグ氏が残っていますから、サンダース、バイデン、ブルームバーグの三つ巴というのが現状でしょうか。

 ところで、小生は会社ではこの記事でしばしば書いている様に、水泳部の部長をしています。部長と言っても別段偉い存在ではなく、単なる創設者であるというだけの存在ですが、部長即ち幹事役であって、毎月の頭に活動予定をメンバーに知らせております。今日から3月の活動が始まるというその日に、活動場所である公共プールのホームページから「3/5~3/31プール休場」のお知らせが出ました。
 もちろん、休場の理由は、例のコロナウイルスの影響、と書かれているのみなのですが、スポーツクラブのジムと違って、この公共プールは広々とした空間のプールに、大した人数が泳いでいる訳ではなく、感染拡大の心配は殆ど無い、と言っても良い利用環境だと思うのですが、それでもお休みにしてしまう。これは一体何なんだと呆れてしまいます。今日の所は未だ営業しているので、行って本当の理由を聞いてみようかと思います。

| | コメント (0)

人事異動

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は小雨の降る朝になりました。大した雨ではなくて、昼には既に上がっていたようです。世の中は連日新型コロナウイルスの感染関係で揺れており、テレビを点ければ報道関係の番組は「他にニュースは無いのか」と言いたくなる位に圧倒的な時間を割いています。来週には東日本大震災があった3.11がやってきますが、あの直後というのはテレビは報道一色で、民放ですら通常のコマーシャルが流れていなかった。あの頃をちょっと思い出しますね。まあ今回は普通の番組があるから、まだいいか。

 昨日から3月ですが、会社としては本日が3月最初の稼働日ということで、4月1日の定期人事異動が公示されました。実は今年は小生も、その異動の対象者の中に名を連ねていたのですが、だからといって新年度から転勤になるとか、仕事の内容がガラッと変わるとかいうものでもないのです。強いて言えば名刺が変わる位の話です。今年の頭の頃に丁度名刺が切れそうになって100枚作ってもらったので、それがまだかなり余っている。小生は営業職ではないので、3月中に前の名刺を配りまくるということもなく、つまりは1月に作った分の8割以上は多分無駄にになってしまう。勿体ないことだと思いますが、仕方ないですね。

| | コメント (0)

外出控える

 こんばんは、チェスです。

 今年はうるう年で、昨日が2月29日で、例年より1日多く、今日から弥生3月です。

 日曜日の東京、冷たい風も収まり、薄雲はありましたが青空の方が優勢の一日でしたね。お出かけ日和といってよいお天気でしたが、何せ世間はウイルス騒ぎで、人が沢山いる所へは外出は控えてしまう。

 で、結局午前中の予約が入っていた歯医者へ行ったのが、唯一の外出です。折角の日曜日なのに本当にもったいない。
 1月は、左側の2本並んだ上の歯の治療跡を新しく被せ直すという治療で、それはもう終わったのですが、今度は右上の歯で、こちらも昔虫歯の治療をして、金属の被せ物がしてあった。これも同じように金属を外して、新しくハイブリッドセラミックを被せるというわけ。
 ただし、金属の被せ物を外したら、土台が結構傷んでいたということで、先週は土台の部分を粘土で補強して、本日はそこへ仮歯をくっつけました。来週問題が無ければ、型を取って、同じように新しい材料による被せ物を作り、金属の被せ物に代わってそいつを付ければ完了ということ。後2回行けばOKでしょう。
 帰り道、未だ午前中なのに、ドラッグストアの店先のトイレットペーパーが完売していました。まだまだ買い占め騒ぎは収まってはいないみたいですね。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »