« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

買占め騒ぎ

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、風は冷たかったのですが、晴間は広がって昼間は好天が続きました。夕方からは雲の方が優勢な空になってしまいましたけれどもね。

 小生の家のお米を入れておくケースは、約5kg入りというのかな、5kgのお米を買ってケースに入れると、略満タンになるので、いつもお米は5kg入りを買ってきます。昨晩見てみると、ケースの中がだいぶ心許ない感じで、来週一週間は持たないかもしれん、と思いまして、朝食用のパンをベーカリーで買った後に、イトーヨーカドーに寄って、お米その他を買うことにしました。
 ところがお米売り場を見て驚いた。いつも買う、山形の「つや姫」5kgが棚に無い。無洗米も、そうでないのも両方無い。良く見ると、他の銘柄のお米も結構品切れになっています。なんちゅうこっちゃ、と思って、仕方なく宮城県産の「つや姫」無洗米を買いました。
 いかなる訳か、袋入りのラーメンも、かなりの数が品切れになっています。これは一体どういうことなのか。

 数日前に、ネットに「トイレットペーパーやボックスティッシュは品薄になる」みたいなニュースが流れて、そのネットに流れたのを今度はマスコミが取り上げたものだから、町の店先からたちまち紙類が売り切れてしまったという現象があったそうです。どうやらこれはデマだった様で、トイレットペーパーなど、国産が殆どを占めているので、品薄になることはないらしい。しかしマスクやアルコール消毒液のことで懲りた消費者は、あるうちに買い占めておこうと思ったのか、必要以上に買い占められてしまったのですね。
 ただ、お米など、これこそ国産品ばかりが並ぶ代表格であって、未だ時期的には昨年秋に収穫されたお米が精米されて十分にある筈。それが店頭からどんどんと消えるのは何事だろうかと思います。

 どうも、世間は異常な心理状況に覆われてしまっているのではあるまいか。

| | コメント (0)

SMSで怪しいメッセージ

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は昨日の強風も収まり、少し気温は低めでしたがお天気は終日安定しておりました。
 但し、移動性高気圧の足は早く、明日土曜日には西日本から天気は崩れるとか。

 スマホではなくて、ガラケーの時代から、相手の電話番号さえわかればキャリア関係無しに短いメッセージを送信できる、ショートメッセージという機能があるじゃないですか。小生の契約の場合、家族間通話は無制限で無料なので、このショートメッセージも無料になり、大変重宝しています。スマホに変わってショートメッセージもプラスというアプリを使うと、送ることができるテキスト分量が増え、画像やスタンプを送ることもできる様になって、うちのカミさんとの間の連絡はこればっかりで、かなり以前に入れたLINEなんぞは殆ど使っておりません。カミさんは友人間との連絡はLINEらしく、思い出した頃にLINEが来ますが、本当にその程度。

 ところが、今日の昼過ぎくらいに、全く知らない電話番号でショートメッセージが来て、荷物を届けたが不在だったので持ち帰りました。確認してください。の様なことが書いてある。一見すると佐川急便の様なのですが、今までで、不在配達票は全て紙であって、こんなことは無かった。もしかしたら佐川が新しいサービスを始めたのかな、とは思いましたが、一応念のためにグーグルで調べてみると、佐川を語ってSMSを送るふざけた奴がいるらしい。ウイルスに感染させるのが目的みたいです。なるほど、と思ってそのショートメッセージを削除しましたが、どこからか電話番号という個人情報が洩れているわけですね。

| | コメント (0)

満員電車の件

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、お天気は問題なく、終日好天でした。昨日より気温は低めではありましたが、それでも暖冬傾向であることには変わりは無く、この季節はこんなものでしょう。というか暦的にはすでに春なんですが。

 昨日の記事の続きになりますが、新型コロナウイルス拝見対策で専門家会議が「この1~2週間が正念場」と言われたのを受けて、総理からは「スポーツ、文化イベントを2週間は自粛して欲しい」という、まあ強制力はないものの「要請」をした結果、次から次へと自粛の嵐になっておりますね。あまり話題にはなっていませんけれども2時間くらいは同じ部屋に籠ることになる映画館なんか、結構感染の危険性が高いのではあるまいかと思うのですが、大丈夫なのかな。
 あとはやはり今年の流行語大賞有力候補になりそうな「濃厚接触」になる通勤満員電車ですね。
 東京都民はみんな大半忘れているかもしれませんが、オリンピックでおそらく頭が一杯になっている筈の小池都知事閣下、あの人が都知事選挙に立候補した時、「東京の満員電車の混雑を緩和します」みたいな公約を掲げていたと、小生は記憶しています。公約通り、都知事閣下が強力な指導力を発揮して通勤各路線の混雑状況を大きく緩和していたとしたら、昨今の状況に対して「歴史に残る素晴らしい都知事だ」という評価が得られるものと思いますが、残念ながらそういった効果は目下無く・・あれはできもしない空手形でしたね。いや、これからやるということかもしれませんけれど、首都圏の満員電車の混雑を緩和するなぞ、言うは易く行うは難しですよ。

| | コメント (0)

ウイルス

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨夜から降り始めた雨が、小生が出勤する時間も未だ残っておりまして、その雨が上がってもお天気がすっきり回復というわけにはいかず、どんより曇り空の一日でした。

 新型コロナウイルス騒ぎ関係では、本日総理がとうとう「2週間ほどの大規模イヴェントの中止要請」を出すに至りました。屋外で行われるプロスポーツの試合であっても一時に万という人間が集まるのは感染対策としては止めてほしいということでしょう。春の選抜高校野球はやる、ということですが、スタンドの方は空にしてやることになるのではないでしょうかね。大相撲はいよいよ厳しいのではないかと思います。

 ところで、諸悪の根源ともなっているウイルスなんですが、学問の分野では中々に興味深い存在です。中学校の時に中々面白い友人がおりまして、別々の高校に行く様になっても付き合いがあったのですが、中学生の時だったか、高校に上がってからだったかは忘れましたが、その友人が「ウイルスは生物か、生物ではないか」という命題を言い出しました。ウイルスは、一般に生物の最小単位とされている細胞(細胞膜)をもっていない、DNAあるいはRNAの片方しかもっていない、それらの結果として自己増殖能が無い、という特徴から、生物とは言えないという判断をされるのがどうやら一般的なのです。逆に言えば人間などの生物に取り付くことができなければウイルスは消えて無くなるしかない。生物では無い以上「死ぬ」というわけではなくて消滅と言った方がいいでしょう。ウイルスが原因の病気、天然痘とか風疹、AIDS、インフルエンザなど、色々ありますが、ウイルスは細菌より小さな存在ですから、かつての光学顕微鏡が主力の時代には、その存在すらわからなかった。しかし現代医学ではそれらに立ち向かう治療法や特効薬が開発されましたから、今度の奴もいずれは有効な対策が出てくるのは確かでしょう。兎に角それまでの間を凌げば我々の勝ちだと思いますがね。

| | コメント (0)

開幕戦は0-2

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝は未だ薄曇り位でしたが、次第に雲が厚くなってきました。天気予報では夕方には雨が降りますよ、と言っていましたが、日中はなんとか曇り空で持ち堪えました。

 この新型コロナウイルス騒ぎですっかり忘れていましたが、一昨日の日曜日、モンテディオ山形は開幕戦を迎えて磐田へ遠征しておりました。開幕戦の相手となったジュビロは前シーズンで無念のJ2降格だったのですが、さすがの貫禄というべきなのかな、0-2で開幕戦を落としてしまいました。
 まあ、モンテディオは監督が石丸さんになって、新体制ですし、主力メンバーもかなり入れ替わりましたので、システムが実戦で機能するようになるまでは時間も必要でしょう。
 そしていよいよ、大相撲、J1、プロ野球と一カ所に万という人数が集まるスポーツ興行が始まりますが、例の感染の影響は、大丈夫なんだよね。

| | コメント (0)

誰が民主党候補として指名?

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、世間的には今年からの天皇誕生日の振替休日で、つまり三連休の三日目なのですが、小生の勤務先は本日を出勤日にしておりまして、いつもどおりに出勤いたしました。
 但し多くの取引先は休日にしておりますので、外線の電話は殆ど鳴ることはなく、社内も有給休暇取得促進のための一斉休暇日にしている部署があり、大変に静かでした。東京のお天気は、昨日の強風が収まり、穏やかなお出かけ日和になりましたね、例の一件さえ無ければ。

 我がブログの記事でも度々話題にしておりますが、太平洋の向こうのアメリカ合衆国の大統領選挙戦、現職大統領に挑む民主党候補者選びがいよいよ面白くなってまいりました。
 現職大統領のトランプ氏が属する共和党は、保守政党と言われていますね。対する民主党はと言えば、一言では言えない位政治的な立ち位置ははっきりしない。強いて言えば「保守以外の全部」とでも言うのか。
 それでは党としてまとまりようがないので、「左派~中道」の集まり、とでも言えば良いか。
 で、この選挙が始まる前、去年の日経の解説記事など読んでいると、オバマ前大統領の時に副大統領を務めていた、バイデン氏、この人は政治的には概ね中道と言って良い立ち位置で、尚且つ副大統領という経験はなんと言っても大きいですから、有力なんではないかということでした。ただ、トランプ大統領の弾劾裁判でもってちょっと返り血を浴びたのが、この人なんですね。ちょっとイメージ悪くなった。それが影響したのか、現在のところの予備選挙ではバイデン氏はかなり苦戦している。代わりに今勢いが出てきたのが、左派のサンダース氏。外野から見ると、サンダースさんは前回の民主党予備選挙でも出てきていて、ヒラリー・クリントンに負けたのですが、その時でも結構なお歳だと思いましたから、また登場して本当にびっくりです。それでもその政治的主張がわかりやすいのか、若者から相当の支持を得ているのだそうです。一方、後から登場したブルームバーグ氏は物凄い大富豪ですが、討論会では他の候補者から集中砲火を浴びたそうですね。中道ということでは以前の記事にも書いた、非常に若いブティジェッジ氏は、うーん、どうなのだろうなあ。他の有力候補者がいずれも結構なお歳のため、ひょっとすると若さが非常なアピールになる可能性はある。兎に角、アメリカ大統領選挙は現職有利ということになっていますから、民主党候補は相当にガツンといける人でないと、トランプ大統領は倒せないでしょうね。
 ところで今年は2020年で、テカムセの呪いの年に当たるのだそうですよ。

| | コメント (0)

結社誌溢れる

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、朝から良く晴れまして、例の新型ウイルス肺炎の件さえなければ絶好のお出かけ日和でした。天皇誕生日なのですが、一般参賀は中止になりましたね。お天気が良かっただけに残念ではありますね。
 あまり人混みにいけなければ大丈夫だろうと、午後少し遅い時間に、ここ何回か行っている荒川自然公園へと、プチ外出をしました。目をつけていたまんさくが漸く開花しており、近くの山茱萸の方も小さな黄色い花を咲かせていました。更に寒桜が満開で、これを見ているとカレンダーを一枚余計に破かないといけないような感じがしました。

 話は全く変わって、小生が会員になっている俳句結社では、月刊で俳句雑誌を刊行しています。日本全国に俳句結社はあると思いますが、地方の規模の小さな結社ですと、月刊で出すというのは厳しい様に思われ、実際年4回の発行という結社もある様です。
 入会して、既に4年は経過していると思いますが、そうすると毎月送られてくる結社の雑誌が溜まってきます。最初は百均で買ってきたブックエンドに並べていたのですが、もう並べる場所が無くなりました。仕方なく、これまた百均で売っている本を整理してしまう収納袋を買ってきたのですが、最初に買った新書版用の袋はサイズが合わなくてダメでした。どうも結社誌のサイズは新書版より幅が広いのです。かくてはならじと「ワイドコミック用」というのを買ってきたところ、これであれば丁度ギリギリ入る。当面、こいつで凌ぐことにしました。

| | コメント (0)

強風

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝早い時間は雨が降っていた様ですが、7時頃には雲が切れて日が差してきました。ただし一日を通じて非常に風が強く、雲の流れも速かった様に思います。ベランダにおいてあるサンダルが飛ばされて、定位置から遠い場所にありました。

 強い風といっても、東寄りの風でむしろ気温が上がる様な暖かい風でした。関東地方はもう春一番は吹いてしまったかと思いますが、春一番というとこんな感じの強風ですね。
 本日は特別な用事もありませんでしたので、午前中に必要な買い物をしてしまえば、午後はどこかに出かけるかな?と思ったのですが、いやしかし、昨今の新型コロナウイルスがうろうろとしている様な状況だと、うっかり人の多いところには行きたくない。と言って、それならどこが安全かというと、そんな場所は思いつかなくて、ぼんやりしているうちに時間は過ぎ、夕方になってしまいました。

 昨日買っておいた鰤を使って、今頃、という感じですが、鰤大根を作り、夕食のおかずとしました。後は菜花のお浸し。

| | コメント (0)

句会は開催された

 こんばんは、チェスです。

 金曜日の東京、移動性高気圧が日本の上空にやってきて、穏やかに晴れた気持ちの良い一日でした。
 これで、あの新型コロナウイルス騒ぎさえなければ、早春の良い週末ということになるんですがねえ。

 昨日の記事でJAXAというかISASのMMXをご紹介しましたが、現在帰路についている「はやぶさ2」のイオンエンジンも、探査機本体も、全く問題無く絶好調なのだそうです。いくらなんでもはやぶさ2がお宝が入ったカプセルをウーメラ砂漠に落とす頃には、上記の騒動は終息していますよね。

 昨日の木曜日、会社をほぼ定時で退社して、句会の行われる会場へと行きました。会場に着いてみると、参加を自重した人の方がどうやら少なかったらしく、会場はいつもとあまり変わらぬ様子で、多くの参加者で賑わっておりました。どうやらこの句会のメンバーは、「新型ウイルス上等!肺炎どんと来い!」という気分の人が多かったという感じなのかな。
 で、不調の小生の俳句ですが、幸いなことに四点という近来にない得点をいただいた句が一句、一点句が一句という結果でしたので、十分、満足すべき成績と言えるかと思います。
 これを励みにして、更なるオリジナリティ溢れる句作に邁進いたします。

| | コメント (0)

MMX

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、全般的に薄雲が広がり、その分気温も上がりにくかった一日でした。
 小生の勤務先では四半期に一度の割りで防災訓練を実施していて、昔に比べるとそういった取り組みがかなり熱心になりました。今日もその防災訓練の日であったのですが、当初予定していたプログラムから急遽、例の新型コロナウイルス感染症対策にテーマが変更になりました。

 先月までは中国との人の往来が極めて密であった、大都会東京。おそらく、こんごあちこちで「感染者が発見された」ニュースが続くのでしょうが、何とか大流行をさせずに抑え込みませんと、東京オリンピック開催が危なくなるのは誰もが心配している事態でしょう。

 さて、大きな成功を収めてお宝を持って帰途についている「はやぶさ2」に続く、日本のJAXAというかISASの宇宙探査計画がMMXでございます。

 これまでは予算面も含めて色々とハードルが残っていましたが、どうやら実現の運びとなりそうです。行き先は火星の2つの衛星「フォボス」と「ダイモス」で、どちらかの衛星に着陸してサンプルを採取し、こいつを地球に持ち帰る野心的な「サンプルリターン」です。「はやぶさ2」と同じように国際協力によって実施されることになるでしょう。素朴な疑問として、どうして火星本体に降ろさないのか?と思いますが、火星に着陸したが最後、再び離陸させるのはものすごいエネルギーを必要とするので、日本の持っているロケットでそんな巨大な探査機は送り込めないのですね。そこで小さな重力である衛星をターゲットにするわけ。
 ただ、小さな衛星だと言っても、はやぶさ2が降りた「リュウグウ」に比べるとかなり大きい。ということは、サンプル採取と離陸は格段に難しくなる。一方で、MMXの打ち上げの頃には我が日本の次の主力基幹ロケットH3がデビューしているでしょうから、はやぶさ2より大きな探査機を上げられるかもしれません。いずれにしてもMMXの打ち上げが待ち遠しいです。

| | コメント (0)

イヴェントへの影響

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日に更に引き続き、朝から冬晴れ(立春を過ぎているからおかしいか)の一日でした。昼間の気温はそこそこ上がりました。
 昨日の記事に書きましたか、今週木曜日に2月3回目の句会があるのですが、おそらく参加者からの問い合わせでもあったものか、句会の幹事役の方からメールが来ました。句会としては開催するが、その出欠については各自にお任せする、ということでした。何ともよくわからない連絡なんですが、忖度すれば「心配だったら欠席して下さいね」ということなのでしょう。ということならばこういうメールが来ても来なくても、感染を心配する人であるならば最初から句会出席は取り止めるでしょうし、そんな心配は不要だと思っている人は、最初から出ていくでしょう。結局、メールの連絡が必要なのは主催者サイドとして「句会は中止します」という場合のみ必要だったのではあるまいかと思いますが、小生は兎に角参加しようかと思います。

 それはともかく、大人数が集まるイヴェントが開催中止になるなどの影響が、どうも色々と出始めています。
 今上陛下になって最初の天皇誕生日が直ぐにきますが、この日に予定されていた一般参賀は中止になりました。東京マラソン大会は、招待選手のみだったかな、膨大な一般参加ランナーは参加中止となり、大会当日のボランティアも大幅に縮小、沿道の応援も自粛して欲しいと、かなり大幅な規模縮小になりました。全部を中止するというのは、東京マラソンは東京オリンピックのマラソン代表選手の選考大会になっているため、できない相談なのでしょうね。
 大勢が集まるイヴェントと言えば、人気アーティストのライヴだのコンサートですが、切符を売ってしまって主催者判断で中止にするのは大変です。昨今の状況を中止理由にする場合は、チケットの払い戻しに応じなくてもいいのかどうか、その辺りは微妙ですよね。
 プロ野球、Jリーグもそのうちに開幕してしまいます。このあたりもどうなのだろう?
 前に書いたかもしれませんが、状況によっては東京オリンピックもどうなるかはわかりませんね。

| | コメント (0)

俳句が不調

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝から快晴で、立春もすぎた今頃になってから、東京は冬らしい青空です。未だ春の霞がかかったようなぼんやりとした空ではありません。西日本の日本海側を中心に寒波が南下してきて、昼のニュースでは九州や中国地方の積雪を伝えていました。遅い雪のニュースではありますね。関東地方は特にお天気の崩れはありませんでした。

 2020年になって、小生が参加した句会は5回ありますが(厳密には新年俳句大会もそうだけど、あれは昨年末に出句済であった)どうもいずれの句会に出した俳句も、出来が今一つ今二つで、当然の様に主宰選には入らない。
 良い俳句が出来なければ句会に行かなければいいだろ、とも思いますが、仕事が忙しくて句会に行けないならともかく、都合がつくのに句会を休むというのはどうも潔くない。それで出席するためにはともかく五句揃えてその俳句を持っていく。五句出せばいいので、五句作ればいいわけですが、普通はもっとたくさん作って、その中から自分で良いと思われる奴を選んで持っていく。自分で自作の中から選ぶので、自選と言いますが、選ぶべきベースが駄作ばかりであるなら、駄作の中から選んだ所で結果駄作になってしまうわけで、全般的な俳句を作る能力というかセンスというか、そうしたものが低下しているのではあるまいかと思ってしまいます。
 今週の木曜日には今年6回目の句会があり、さてどうしようかと困っているところです。

| | コメント (0)

クルードラゴンは5月に有人飛行

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、朝は昨日の続きで雨が降ってきそうな曇り空でしたが、やがて回復して昼間は晴れ間ものぞきました。昨日一昨日の土日はかなり家でダラダラとしていた時間が多かったので、月曜日は会社に来ても眠気が襲ってくるなど緊張感に欠け、調子が戻るにはあと1日位かかるかな。まあふざけたことに、どうやらやる気十分、好調になったら金曜日、というのも小生の平常運転です。

 いつぞやの記事にて書きましたが、スペースシャトルの退役後、自前の有人宇宙輸送システムを持っていないアメリカ合衆国は、その開発を民間企業に委託、そのうちの一社であるスペースXのクルードラゴンが、どうやら5月には宇宙飛行士を乗せてISSへの輸送へと打ち上げられる見込みとなりました。合衆国の宇宙船が人を乗せて、再びISSに戻ってくるわけです。長かったですねえ。目下のところはその準備は順調の様です。
 問題は、もう一社のボーイングのスターライナーの方で、こちらは前回の試験飛行でもトラブルがあったように、潰さないといけない問題点が残っている模様。スターライナーが宇宙飛行士を乗せるのは、早くても今年の秋頃になるのではと言われています。ボーイングは、中型旅客機の737MAXの墜落事故もあって、どうも中々厳しい状況ですね。

| | コメント (0)

殆ど外出せず

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、午前中から雨が落ちてきて、それほど強い雨ではなくて、ずーっと降り続くという感じでもなかったのですが、結局一日空模様は変わらず雨が降ったり止んだりでした。
 珍しく、今日中にやらなければいけないという用事の無い日でしたので、何せ人混みは避けた方がいいだろうというご時世ですから敢えて外出せず、夕方になって雨の止み間を狙って、少し買い物に出ただけでした。それもそろそろ無くなりかけていた入浴剤を買ったのみ。

 入浴剤というのは、あれは意外に高い奴から安い奴まで、値段に差があるものですね。高いのはタブレットとでもいうのか、湯の中にドブンと一個放り込む奴で、それから一回分ずつ小袋になっているのもそれなりに高い。樹脂製の容器に入っている奴は、おそらくは一番安いと思いますが、これもバスクリンといった名前の知れた製品はそれなりに強気で売っています。
 ところが、こんな入浴剤にもプライベートブランドがあって、極端な話、同じような分量で半額以下で買えます。どうせ小生一人が入る風呂ですから、この一番安い奴で十分と、それだけ買って退散しました。

| | コメント (0)

国内感染始まったか

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、曇り空でしたが、気温が高く、2月半ばとは思えない暖かさでした。少し歩くと汗ばむ様な気がしました。

 ニュースは連日トップで新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を伝えていますが、どうも日本でも感染者がポツポツと報告されるようになりました。ポツポツ出てきた、ということは、既にその感染者の周辺に感染してしまった人がいる筈で、そうなるとこれから2週間位後、つまり3月に入る頃には日本でも感染者が千人を超えているという状況になっているやもしれませんね。となると最早、国内での抑え込みというのは失敗したとみるべきで、日本でもおとなり中国の様に急増する患者への対策を大急ぎで打つ必要が生じている様に思われます。

 とは言え、武漢の如く、人の移動を禁止するとか、十日で病院を急造するなんていうことは到底無理。

 なればどうすればいいか。まずは政府は、正確迅速な情報公開と、民間レベルでも可能な効果的な対策を周知徹底するようにすべき。
 現在でも、多くの人がマスクをして歩いていますが、マスクが市中においては極めて品薄状態で、どうも医療機関においてさえ不足しているという状況らしい。そこをまずは何とかしませんとね。ドラッグストアでは全く売っていないのですが、みんなどうやってマスクを仕入れているのでしょうかね。全てのお宅に相当量の在庫があったとも思えないのですけどね。

| | コメント (0)

常磐線全通まであと1ヵ月

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は朝のうちこそ晴れていましたが、次第に雲が厚くなり、夕方にはパラパラと雨が落ちてきました。

 聖バレンタインデーですが、もう一昨日の夜に山形のカミさんからチョコレートを受領しているので、今日は早速そのうちの一つをいただく予定です。何せ高級なチョコレートですから、大事に味わわないと。

 チョコレートをいただいた、ということは1ヵ月後の3月14日は、ホワイトデーでカミさんに何かお返しをしないといけないね。で、その3月14日というのは、東日本地区のレールファンにとっては待ち望んだ「常磐線全通」の日なのです。現在は、東日本大震災の被害と福島第1原発事故の影響で、富岡~浪江間が不通になっており、この区間はバス代行運行になっています。ここの区間が、線路を少し内陸側に付け替えていよいよ9年ぶりに常磐線が全通いたします。誠にめでたい。そして、常磐線全線復旧に合わせて、品川(上野)~仙台を結ぶ特急「ひたち」が走る様になります。
 実は小生は常磐線についてはいわき(昔は「平」と言っていた)迄しか乗ったことがありません。確か、家族で常磐ハワイアンセンター(今は「スパリゾートハワイアンズ」)へ遊びに行ったのです。つまり遥かな昔であって、記憶も怪しい。こうなればなるべく早く、「ひたち」で上野-仙台間を乗りたい。4時間半かかるので、東北新幹線経由よりかなり時間はかかりますが、それは問題ではない。とは言え、復旧直後は鉄道マニアで混雑しそうですから、夏頃が良いのかな。今から楽しみです。

| | コメント (0)

チョコレートが来た

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、天気予報では午前中雨が降るとの事だったのですが、小生の出勤時はうまいこと雨が降っていませんでした。結果的には傘は要らなかった。
 ところで、昨晩、夕ご飯を作っていたところ、郵便の荷物の配達がありました。受け取ると、山形のカミさんからの荷物で、中にチョコレートが入っておりました。チョコレートだけだと箱の中の空間が余ってしまうためか、ラスクやら味噌せんべいも隙間に詰められておりました。
 明日の2月14日、聖バレンタインデーのチョコレートを送ってくれたのですな。義母の介護をするためにカミさんは目下山形におり、小生が東京で一人暮らしをするようになってからは毎年チョコレートを送ってくれます。いっしょにいる時にはくれなかったという訳ではなく、ちゃんと手渡しでくれました。
 暫く前の記事で書きましたが、老舗百貨店の「大沼」が破産閉店してしまったために、今や山形県は47都道府県の中で唯一百貨店の無い県になってしまいました。それでうちのカミさんはどうやら仙台で高級なチョコレートを買ってきてくれた様なのですね。仙台にあるお菓子屋さんということではなくて、東京にお店を出している、フランス人パティシエのやっているお店らしい。
 有難く一つづつ大切に味わいたいと思います。

| | コメント (0)

弁当屋

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、昨日に引き続き快晴で気温が上がって、まずまず快適な一日でした。ただ、西からお天気は下り坂になっていくということで、東京は明日あたりからお天気が崩れてくるかな。

 昨日の建国記念の日は、会社は出勤日であったのですが、会社にお弁当を配達してくれる会社はお休みであったので、昨日の昼食はみんな自前で調達しなくてはならなかった。まあ、5分程歩けばセブン・イレブンやローソンがありますので、弁当屋がお休みでも途方に暮れるという程のことはありません。
 お弁当をデリバリーしてくれる会社は目下2社入っているのですが、「うちも試しに使ってくれませんか」と営業してくる会社もありますから、それなりに競争は激しいのでしょうね。社員食堂が無く、周辺にコンビニや食事のとれるお店も無いという様な環境であれば、それはもう配達弁当屋に頼らざるを得ないですが、小生の勤務先の場合にはそこまで極端ではないので、人によってはそうしたお弁当屋のお弁当を嫌って注文せず、コンビニへ買いに行ったり、お店に食べに行ったりしている人もおられます。小生が会社に入ったばかりの頃は蕎麦屋が出前をしてくれていて、お弁当に飽きた時など小生も時々出前を注文したこともありましたが、現在は出前してくれる蕎麦屋はありません。こういう配達専門のお弁当屋さんは、東京というよりは昼食環境が厳しい地方の方がニーズがあるように思いますが、そうしたところは逆に更に競争が厳しいかな。

| | コメント (0)

「の」

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、寒波は和らいだものの、朝はやはり未だ少し寒かったです。昼間は快晴のお天気が続き、風もそれほど強くはありませんでした。
 今日は建国記念の日で世間的には祝日なんですが、小生の勤務先のカレンダーは出勤になっておりましたので、いつも通りに早起きをして出社しました。
 毎年、この日がくると、特別何か書かねばならぬという様な個人的な出来事が無い限りは、この祝日に関する蘊蓄を傾ける記事を書いているので、おそらく以前にも類似の内容を書いているだろうとは思いますが、どうか悪しからず。

 数行前に書きました様に、本日は「建国記念の日」という名前の祝日です。これを「建国記念日」と言ってしまうと実は間違いで、正しくは「の」という字が入ります。どうして「の」の一文字を入れたかというのは、この日を法律で制定するために色々とすったもんだがあったからなのです。

 日本に限らず、多くの国に建国記念日は実際にあります。それは、「国家として成立した日」がはっきりわかっている場合であって、疑いの余地はない。ところが我が日本の場合には、いったい何時が「日本」という国ができた日なのかというのがどうにもこうにもよくわからない。現在の天皇陛下は憲法で「国民の象徴」という存在になってはおりますが、遥かな昔は日本を実際に統治する存在であった。それが大和朝廷という奴ですが、その大和朝廷がこの日にできました、という日もはっきりはわからない。結局どうしたかというと、その天皇家のご先祖様の初代天皇=神武天皇というのを持ち出してきて、その神武天皇が即位した日を現在のグレゴリオ暦に換算した日が2月11日なんですね。
 しかし、神武天皇というのはまるっきり「神話」の中の存在であって、おそらく日本中の歴史学者に訊いても「実在の人物ではないだろう」と言われるような人です。簡単に言ってしまえば日本の神様の末裔が神武天皇で、その血筋が今の天皇陛下まで続いているというストーリーになっています。かなりの力技だよな、と思うのですが、今更他のストーリーは作れないということなのでしょうね。で、そんな日は怪しいだろ、と文句をつける人もいて、もうそれなら「の」の一文字を入れて妥協してもらったという訳なんですね。

| | コメント (0)

ケチ臭くないか

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は朝のうち少し雲がありましたが、やがて取れてほぼ快晴になりました。気温も、北寄りの風が強かった昨日に比べればかなりマシで、まずまず穏やかな週明けと言えるでしょう。

 昨夜、今年頂戴した年賀状の年賀葉書についている番号を調べて、今年は切手シートが4枚当選という結果が判明いたしました。それでは早速、というわけで本日昼休みに、当選葉書の4枚をぎっちり握りしめて郵便局へと出かけて、切手シート4枚を受け取ってきました。
 これ、3等賞でしたっけ。昔は切手が3枚ついていたシートだったと記憶しておりますが、いつのころからか、それが2枚に減ってしまった。封書の定形郵便が送れる84円と、葉書が送れる63円の各1枚づつ。
 〆て額面147円だ。兎に角、年賀状を貰った結果としての当選番号葉書でいただいた切手だから、文句を言うのもどうかとおもうけれど、今日び、額面147円の当選賞品ってどうなの?と思ってしまいます。だから日本はデフレから抜けられないんだよ、とか突然経済学者の如き感想が出てくるわけではないけれど、この額面金額の倍にしたところでも300円に満たないのですね。300円って、小学生のお小遣いでももう少し貰えるでしょうが。なんだかケチ臭くないか?日本郵便?

| | コメント (0)

カップ焼きそば

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日よりお天気は良かったのですが、午前中は冷たい北風がかなり強く、体感的にはかなり寒く感じました。午後はその風も収まり、穏やかにはなりました。
 昼前に、先週も出かけた荒川区の「ゆいの森あらかわ」に再び出かけて、俳句の調べものをしました。完全には解決はしなかったものの、まあこんなところだろうとの結論は得られたので、先週と同じように荒川自然公園でマンサクの木を眺めてみたのですが、先週とあまり変わらず咲いておりませんでした。花が見られるのは、あと2週間後位かなあ。

 で、帰宅するともう午後1時を回っていて、遅い昼食を食べた訳ですが、カップソース焼きそばというのを食べてしまいました。
 インスタント食品というのは、まあイメージ的にもあまり身体には良くなさそうで、そんなに食べない方がいいだろうと思っていて、めったに食べないのですが、カップラーメンとかカップ焼きそばとか、何故か1年に一度位は食べたくなる時がありまして、まあ極くたまのことだからいいか、と自分に言い訳をしてから食べたのです。
 何しろ、ほんの申し訳程度のフリーズドライの野菜の具があるのみで、栄養的には全く期待できない食品ではあるものの、ソース焼きそばというのは何やら不思議な郷愁というかそんな感じがします。だから食べたくなったら、カップ麺ではなくてスーパーで焼きそば麺を買ってきて、他に色々と野菜など具を加えて自分で作ればいいのでしょうね。

| | コメント (0)

双眼鏡

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、昨日に引き続き、朝から晴れの一日で、夕方少し雲が広がることがありましたがお天気の崩れはありませんでした。気温は昨日よりは多少高く、風も弱かったので、日向であれば外の方がむしろ暖かかったかな。

 昼前に鳥越に行き、昼食は弟と母親の三人で天婦羅屋に入りました。

 その後二人と別れて、蔵前橋通り沿いに昔からある「スターベース」というお店を覗きました。天体望遠鏡のメーカーとして名高い高橋製作所、現在は「タカハシ」というブランド名になっている様ですが、その会社の代理店みたいなんですね。勿論、他の会社の製品も展示販売しています。JR秋葉原駅の方がほんの少し近いかな?御徒町と秋葉原の中間という、やや不便な所にあり、たぶん最寄り駅は銀座線の末広町ということになるのでしょう。でも天文マニアにはおそらく「知る人ぞ知る」というお店だろうと思います。それほど広くはない店内には、所狭しと天体望遠鏡が展示されています。

 で、高校生の頃なら未だしも、良い年のオヤジの小生が何で「スターベース」を覗いたのかというと、双眼鏡が欲しかったからなのです。俳句を始めてみると、東京という都会でも意外に色々な鳥が生息していることがわかりました。ところが悲しいかな、精々小生が知っている鳥と言ったらスズメとハトとカラスくらい。その上、以上の鳥は比較的人間の近くをウロチョロしてくれますが、他の鳥は木の梢にいたり、結構遠いところにいるんですね。で、鳥を見る、いわゆるバード・ウォッチングをされる方は、大抵双眼鏡を首から下げている。家にはオペラグラスはありますが、こればちょっとバード・ウォッチングには力不足です。で、色々と見せてもらって、思い切ってキヤノンの手振れ補正機能付きの双眼鏡を購入に及びました。この手振れ補正機能というのは本当に素晴らしいもので、ピッと鮮やかに像を見せてくれます。
 月くらいなら、これでも見られるのではないかと思います。

| | コメント (0)

トランプ再選はあるか

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、立春大吉を過ぎてから、遅ればせながら現れた冬将軍、アンタ遅すぎるよ、とスキー場などには言われているのでしょうが、東京も快晴なれど寒い一日になりました。

 そして米国大統領の弾劾裁判、共和党上院議員からの造反は1人に留まり、ということは大方の予想通り、無罪の評決が下されました。アメリカ人の好きな?プロレスみたいなもので、まあ無罪となるのは筋書き通りで驚きはありません。
 そうなると、今年の大統領選挙、共和党は順当に再選を目指す現職大統領が候補者として出てきますね。これはもう間違いないでしょう。
 問題は対立候補を出す民主党が、いかなる候補者になるかだ。候補者選びのための予備選挙が始まっているのですが、こちらはちょっと意外にも、初戦アイオワ州の党員集会で首位となったのが、4人の有力候補の中の最も若いブティジェッジ氏だということです。(但し、本日段階では確定ではなくて、再チェックするようです)
 他の3人の候補者は、いずれも結構な高齢です。高齢だからダメだとは決めつけられませんが、しかし合衆国大統領というのはとにかく激務で、タフでないと務まらない職務だろうというのは小生の如き他国人でも見当がつきます。すると最も若いブティジェッジ氏が支持を集めるというのも自然と言えば自然です。後は他の有力候補者の政策を上回る提言をできるかどうかにかかっていますね。後、この人はLGBTの中のGだという話もあり、それは本質的に大統領たる人の資質には影響しないと思いますが、選挙は「人」が「人」を選ぶものだからなあ。

 他国人である小生は、トランプという大統領は何とも出鱈目に見えるのですが、現実に選挙に勝っているということは岩盤支持層が「岩盤」たる所以なのでしょう。今回の弾劾裁判を経ても「岩盤」に変化が無いというなら、再選あるような気がしてきました。

| | コメント (0)

インフルエンザ猛威(アメリカで)

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、昨晩に風向きが北に変わってから寒くなった、と書いたのですが、どうやら今シーズン最強寒波が南下してきたようで、今日は北風が強く冷たく、気温も低いという一日でした。山形のカミさんからも「ついに降ったよ」と雪の写メールが来ました。

 昨日の記事に書きました様に、アメリカでは毎年インフルエンザで何千人もの人が亡くなるのだそうですが、今年というか今シーズンは特にインフルエンザが猛威をふるっていて、インフルエンザによる死者が1万人に達したそうです。中国の例の新型肺炎の死者が500人を超えたと発表されていて、いや、中国のことだから正確な数字ではないかもしらん、というわけで、その数字が実は倍だったとしても、アメリカのインフルエンザ死者数の1/10に過ぎないですよ。そうしてみると、大騒ぎにはなっているけれども、そう大したことでもないのではないか、と思えてきませんか。
 もちろん、アメリカ合衆国は広大な国で、人口も多い大国です。ですのでインフルで1万人死亡と言ってもそんなに大したニュースでもないのかもしれない。でも中国は世界一の人口を抱える国で、国土もアメリカ同様に広大だ。新型肺炎も今は感染拡大が続いているけれども、いずれは終息に向かうでしょう。確かに世界中に、治療法が無い新しい肺炎を撒き散らしたというのは迷惑極まりないですが、数年後には大半の人が忘れてしまうくらいのニュースになってしまうのではないでしょうか。

| | コメント (0)

マスク

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、ほぼ一日快晴で、しかも気温も高いという、おお、暦通りに春の様なお天気ではないか、と思ったら、夕方から風向きが北寄りに変わって気温急降下、そんなに簡単には春にはならんよ、という具合でした。

 連日報道されている例の新型コロナウイルス肺炎、毎日感染者数と死亡者数が伝えられていて、ビビりまくってマスクをして電車に乗っている訳ですが、専門家によるとマスクはどうもあまり予防には効果は無いとのことなんですね。ところが中国ではマスクが完全に品切れ状態で、その上日本でも品薄で、今やドラッグストアに行っても売り切れ状態で今から買うことはできません。こういう時、いかなる手段でかマスクを入手した人が、ネットで飛んでもない値付けをして小金を稼いでいるという。ちと情けない商売ですね。
 で、専門家によると、用事が無ければ人込みには行かない、外出したら念入りに手洗いとうがいをする、という事の方が対策としては正しいと。あとはアルコールによる消毒。
 こうした対策は、例年この季節に流行するインフルエンザと、特に変わることはないのですよね。で、インフルエンザの場合、ワクチンの予防注射を打っている人も多いでしょうから、これはむしろインフルエンザ対策になっているのではないかな、と考えられます。何でもアメリカでは1シーズンでインフルエンザが原因で何千人もの人が亡くなっているそうで、そうだとすれば今のコロナウイルスの方はどうということは無いのかもしれない。
 今回のコロナウイルスの流行も遅かれ早かれ沈静化して、マスクもまたドラッグストアに並ぶ様になるでしょうから、そうしたら少しまとめて買っておくのがいいかもしれないですね。いや、マスクは予防にはならないのであったか。

| | コメント (0)

ブラジルからの助っ人

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨日が節分、従って今日は立春なのですが、皮肉にも先週末あたりから漸く東京は冬らしい快晴の日が続く様になりました。今朝など、日の出の方向に雲も無く、顔を出したお日様の美しかったこと。
 ただ、快晴のお天気が続くということは、東京の場合空気が乾燥して静電気がバンバン発生するということ。
 今シーズンは殆ど静電気の洗礼を受けずにきましたが、ちょっとこれからは金属を触る時にはびくつかないといけなくなりそうです。もっともびくついたからといって、静電気が手加減してくれる訳でもないのですが。

 スポーツニュースでは、プロ野球のキャンプインなど大々的に報じていますけれども、Jリーグの方もリーグ戦の開幕が迫ってきました。しかし我がモンテディオ山形では、抜けてしまった外国人FWの補充が中々発表にならずに、もうこの状態だと開幕してから誰かが来るのかな?と思っていたら、漸くオフィシャルサイトからの発表がありました。ヴィニシウス・アラウージョ選手完全移籍加入のお知らせ
ブラジル出身で欧州でのプレーの経験はあるようですが、日本での経験は無く、モンテが初めてのJリーグということになるらしい。そのためか、どんなタイプの選手なのか小生の如きサッカー素人にはさっぱりわかりません。日本人からすると、ブラジルの選手は名前が覚えにくいというか、難しい人が多いですが、この人も難しいなあ。半月ちょっとで開幕してしまうので、間に合わせるのは難しいと思いますが、出てきたら暴れて欲しいと思います。

| | コメント (0)

恵方巻

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は朝の内、結構雲が垂れ込めておりましたが、これは一時的なことで、一日としては概ね晴れと言って良いかと思います。気温もまあこの季節としては寧ろ高い方ではないかと思いました。

 ところで今日は節分です。季節を分かつ日なので、本来は一年に四日あるわけですが、何故か節分というと冬と春との区切りしか言わないですね。寒く厳しい冬が終わって、兎に角明日は春が来るという、言わば目出度いような日になってしまったということなんでしょうかね。

 節分と言えば、神社やお寺の豆撒きで、小学生の頃は近所に神社に行きましたが、最近では商業主義が蔓延っており、節分というと太巻を恵方へ向かって食べる、その日なんですよ、という方が流行っているみたいです。
 この太巻という巻きずし、別に嫌いというわけではなく、助六寿司の中に入っていれば美味しくいただきますが、あれを長いままに食べるというのは結構大変なのではあるまいかと思います。思うだけで、実際にやったことはないので、想像なのですが、太巻はご飯の量も多いし中の具はバラバラになりやすいしで、食べやすいものではないでしょう。
 もうちょい、太さを加減して細くして、しかも具の方は句風をこらした恵方巻を作って売り出せば、人気が出そうに思うのですがね。まあこれも結局は商業主義か。

| | コメント (0)

ゆいの森あらかわ

 こんばんは、チェスです。

 漸く、冬の太平洋側の典型的な、晴れた乾燥したお天気に安定してきましたかね。日曜日の東京はそんな一日でした。しかしすぐに節分、とくれば立春で、暦の上では春に切り替わります。春ともなれば、お天気は変わりやすく雨が多い。結局東京に限らず、猛烈に暖冬な冬であった、という総括がされるようになるのでしょうか。

 洗濯物をベランダに干して、何とか昼前に外に出ました。千代田線に二た駅乗って町屋駅で下車。目指すは「ゆいの森あらかわ」。

 すなわち、比較的最近に新設された荒川区の図書館です。おそらくは、さくらトラムに乗り換えた方が近くまで行けるのだろうと思いましたが、運動のために町屋から歩きました。概ねの方角はあっている筈でしたが、どうも最短距離を歩くのではなくてかなり遠回りをして、やっとこさと着きました。ま、どうせ運動をしようと思ったのですから良しとします。
 ここには、現代俳句協会から寄贈された書籍が置いてあるということで、どんな資料があるのかと思って来たのです。荒川区は「俳句の街」というのを標榜していて、だからそんな書籍も受け入れたのでしょうね。新しく綺麗な図書館の3階の一角にそのコーナーがありました。
 いずれまたゆっくりやってきて、じっくり見てみたいものです。

 この「ゆいの森あらかわ」の近くに、あらかわ自然公園」というのがあります。荒川区という下町に広大な自然があるわけではなく、広大なのは水処理センターで、その上に人工地盤を作って公園にしています。葛飾区にもありました。
 次の句会の兼題になっているマンサクの花を見たいと思って、入って金縷梅を探します。金縷梅の木はあったのですが、蕾の状態で未だ咲いてはおりませんでした。残念無念、せめてそれでは似たような山茱萸はどうかな、と思いましたが、こちらも咲いておりませんでした。
 辛夷は咲き始めていて、蠟梅は見事に咲いて甘い香りがしましたが、蠟梅は冬の季語なんだよな。

| | コメント (0)

二月来る

 こんばんは、チェスです。

 本日は2月1日。今年はオリンピックイヤーなので、うるう年で、2月は29日まであるのですね。それにしても、ついこの間、正月に山形へ行ってあちこち温泉に入って遊び歩いていたのに、もう1ヵ月が過ぎて今年の1/12は終わってしまった。本当に時間の経過は早いです。
 ただ目下のところの関心事は、中国武漢で発生した新型コロナウイルス肺炎が、いったいいつ頃終息するのか、ということですよね。何しろ今年は東京でオリンピックが開催され、世界中からお客さんがやってくる。我々にとっては隣の国の災難と見ておりますが、例えば欧州の人からみたら、中国も日本も同じ東洋の国で、日本なんて中国とちょっとしか離れていなくて、ヤバいんじゃないの、という感じではないでしょうか。

 日本とか韓国がある、アジアの東の一角を、彼らは「極東」=far east と呼びます。つまりは東の極まったところ、端っこ、というニュアンスでしょうか。でも、ちょっと考えて下さい。地球上の方角というものは、北極と南極は、これは誰がなんと言ってもそこしかありませんが、東とか西という方角は相対的な表現であって、中東とか極東というのは、これはあくまでイギリスとか欧州を基準にした言い方です。だって日本からみれば欧州はユーラシア大陸の西の端の方で、ペルシャ湾があるあたりは日本的に言えば「中西(そんな言い方は無いが)」ということになるでしょ。
 クドい説明になりましたが、長らく欧州は世界の中心であって、日本などはあちらから見れば世界の果てみたいなものです。だからきっと今でも、中国も日本も似たようなものと思っている人は多いはず。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »