« イギリスの問題 | トップページ | 賀状書く »

期間限定メロか?

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、天気予報通りに朝から雲が厚く垂れ込め、更に何やら底冷えのする一日でした。
 諸々用事があり、昼前に小生の実家の鳥越へと向かいました。西日暮里で山手線外回り電車に乗り換え。で、上野駅の発車ベルがベルではなくて、ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」になっている。少し前も確かそうだった。
 で、ちょっと思い返してみると、「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」の時もあったよなあ、と思いました。

 上野駅はたくさんのプラットフォームがありますが、このクラシックが発車メロディーになっていたのは、山手線のプラットフォームだけではないかと思います。それで帰宅してからWEBで調べてみたら、これは期間限定の発車メロディーだということです。上野にある東京文化会館における公演に合わせているということです。

 上野駅の公園口を出ますと、ほぼ目の前にあるのは東京文化会館です。今となっては相当の年月を経た老朽ホールなのですが、完成した当時はクラシック専門のコンサートホールとして、かなり注目を集めたものでした。完成当時は日本には殆どクラシック専門の音響効果を重視したホールは存在しなかったと言ってよいのですね。

 内部はさすがにリニューアル工事が行われて、改装されてはいますが、今や歴史を感じる様になったこのコンサートホールは、しかし交通の便としては抜群で、上野駅公園口徒歩30秒という立地です。小生も昔、開演ギリギリに文化会館に駆け込み、オーケストラが並び始めたあたりで席についたこともありました。

|

« イギリスの問題 | トップページ | 賀状書く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イギリスの問題 | トップページ | 賀状書く »