« ダイラガー | トップページ | ラグビーWC閉幕 »

国立天文台

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝から誠に良いお天気で、このお天気は終日続きました。

 今日は、毎月第1水曜日の夜にやっている句会の、年に2回の吟行の日で、今年の春は勤務先の会社のイベントと重なってしまって不参加でございましたので、大変楽しみにしていました。それだけにこの好天は嬉しいものでした。

 集合場所は、京王電鉄の調布駅。ここからバスに乗って、国立天文台まで向かいます。
 昔は東京大学の付属施設であったので、東京天文台と言ったと思います。現在は国内外の色々な天体観測施設の本部になっていて、その名称も国立天文台というふうに変わっております。有名なところでは、ハワイ観測所のすばる望遠鏡、それから国際共同施設であるチリのアタカマ電波干渉計なども、国立天文台の施設です。

 三鷹市にある天文台は、施設を無料で見学することができます。中はなかなか広大な敷地であり、日本の近代天文学の黎明期から観測を始めた色々な観測装置がございます。今から四十数年前、高校生の時に小生は天文少年でしたので、これらの施設の見学は誠に楽しく、昔の血が蘇りました。但し、俳句を詠む場所としては中々難しい場所であっただろうと思います。

 その後、神代植物園、深大寺と巡り、句会、懇親会と続きましたが、句会の成績はともかくとして、誠に楽しい秋の一日になりました。

|

« ダイラガー | トップページ | ラグビーWC閉幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイラガー | トップページ | ラグビーWC閉幕 »