« はやぶさ2 リュウグウを出発! | トップページ | 桜を見る・・の続き »

桜を見る会とか・・

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、小生が出勤する時間(7時少し前)には、未だパラパラと小雨が落ちてきていたのですが、お天気は回復傾向であって、昼頃はもうすっかり青空になっておりました。
 昼間は気温も上昇して上着も要らないくらいだったのですが、風向きが変わると夜は気温が急降下、寒くなりました。こういう季節ですから仕方ありませんが、どうも風邪引きの人が増えているように思います。

 さて、最近はモリカケの問題が国会では騒がれなくなって、この問題についての国会追及からは総理は逃げ切ったのかな、と思っていたら、毎年4月に新宿御苑でやっている「桜を見る会」の在り方がおかしいのではないか?と野党から追及されている。
 そんな会への招待状なんぞいただいたことはありませんから、実態がどうなっているかなんて、全く興味も関心もありませんでしたが、どうも本件は野党の主張は頷けるものがある。どうも証拠は出てこないらしいのですが、状況証拠だけでも色々とヤバいのではあるまいか、と一般ピープルたる小生が思い始めていたら、当の安倍総理はその会を来年、2020年は中止するという。二階さんの如く「何か問題あるんですか?」とか開き直ってしまえれば、別に来年もやればいいのに、と誰もが思いますよねえ。今年の開催にあたって、公職選挙法に違反するような解釈ができるもんだから、来年はやめておいて、ほとぼりが冷めるまで待っておこう、というなら姑息です。
 皇室が春秋にやっている園遊会の、総理主催版ということならば、総理大臣は衆議院議員でないとなれませんから、税金を使って自分の選挙区の有権者を呼ぶというのは、それが本当なら如何にもまずい。それは認めて記者会見で謝ってしまった方がいいのではないかなあ。

|

« はやぶさ2 リュウグウを出発! | トップページ | 桜を見る・・の続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はやぶさ2 リュウグウを出発! | トップページ | 桜を見る・・の続き »