« 稲刈りは絶望的か | トップページ | 大川小学校行政訴訟の判決確定 »

いよいよ北上してきた

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝の情報番組では「今日までのところはまだ晴天が持ちますから、洗濯を済ませて下さいね」と気象予報士が言っていまして、その通りで昨日ほどの青空ではなく薄雲はでてきたものの、基本的にはお天気が持ちました。
 今年もノーベル賞ウィークがやってきて、医学・生理学賞と物理学賞には日本人は受賞できなかったものの、化学賞で吉野彰さんが受賞されて、まずはめでたいです。この方の肩書はどのように書いたらいいのかな?旭化成名誉フェローでいいのかしらん。受賞理由が、今や身近なリチウムイオンバッテリーの開発に関する研究成果であるので、誰もがそのお世話になっていて、「それなら凄い人だ」と素直に誇りに思えますね。

 昨日の記事に書いた様に、日曜日の稲刈りはやはりというか、中止となった旨、お誘いいただいた方からメールが来ました。まあ当然というか、妥当な決定であって、とても決行はできない状況です。
 本日の気象庁の天気図を見ますと、日本の北のカムチャツカ半島に、かなり発達した低気圧があって、これが昨日は北海道に相当雨をふらせたのですが、この低気圧から前線が南に延びています。で、その先っぽあたりに、いよいよ進路を北に向けた台風19号がおりまして、明日の深夜あたりには台風の雨雲と前線の雨雲が繋がって南北に長く雨雲の帯ができてしまいます。そうなると、結構豪雨の時間が長くなるかもしれない。加えて台風の通過時には猛烈な風が吹くので、おそらく今回関東地方には相当の被害がでるかもと思われます。停電断水位には備えないといけませんな。JR東日本も土曜日~日曜日は計画運休をする予定だそうです。

|

« 稲刈りは絶望的か | トップページ | 大川小学校行政訴訟の判決確定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲刈りは絶望的か | トップページ | 大川小学校行政訴訟の判決確定 »