« ラグビーワールドカップ | トップページ | またもや台風が »

釣瓶落し

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、昨日の青空と猛烈な残暑はどこへ行った?という感じで、朝からどんよりと曇り、曇っているだけではなくて、午前中は少し雨も落ちている様でした。
 洗濯とか掃除(床拭き・トイレ掃除)する位で、概ね家に居た日曜日だったのですが、さすがに全く外出しないというのはどうなの?と思って、雲が切れて少しお天気が回復してきたかな?と思った夕方に散歩に出ました。西の方角、小生が住んでいる所は足立区になりますが、足立区の南の外れで飛び地の如く葛飾区に突っ込んでいるあたりなので、西に向かって歩くとたちまち葛飾区になります。

 日曜日の夕方のことで、住宅地は殆ど人通りも無く静かでしたが、普段あまり行かないスーパーがありましたので、ちょっと買い物をしに入りました。そのスーパーにはほんの5,6分しか居なかったと思いますが、買い物をして出てくると、外は先程までの明るさが急速に無くなって暗くなっていて、成程、秋の日の釣瓶落し、とは良くいったものだな、と思います。

 別に、一年中日の入りの速度は変わらないと思いますが、夏の間、日の入りが遅かった時と比較すると、その日の入りの時間が早くなるといかにも直ぐに日が落ちてしまったように感じるわけですね。これからどんどん日の入りが早くなり、小生にとって大嫌いな寒い季節がやってくる訳で、そういう意味でも秋の夕暮れは寂しいものです。

|

« ラグビーワールドカップ | トップページ | またもや台風が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラグビーワールドカップ | トップページ | またもや台風が »