« 生鮮食品 | トップページ | ヤリス »

CS廃止が叶わぬなら・・

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、昨晩の雨は朝には上がって、一応お天気は回復してきました。ただ、にわか雨はまだ所々で降っている様でした。

 台風19号は13日の日曜日の午後には、日本からは離れていったのですが、未だ昼のNHKニュースには主に東日本のあちこちの水害による台風被害がかなりの分量をもって報じられていることからも、あの台風は相当の爪痕を残していきましたし、その意味では自民党の二階幹事長の例の発言は不用意というか認識が浅かったと責められても仕方ないですね。

 さて、ラグビーワールドカップもサッカーワールドカップの2次予選も世間の注目を集めていますが、日本のプロ野球も、大詰めの日本シリーズが週末に開幕します。セ・リーグはペナントを制したジャイアンツが順当に出てきますが、パ・リーグはペナント覇者のライオンズを4連勝で倒したホークスが昨年と同様に登場です。
 で、少し前に書きましたCS廃止論を、しつこくまた書くわけです。
 もう、CSという仕組みというかルールというかシステムは、日本のプロ野球ファンには定着しているんだから、今更なにを言っても無駄だ、というか興行主の方が何らの問題意識を持っていないのだから、外野がいくら大声を出しても仕方ない、というのは確かだろうと思いますが、毎年おかしい、と思っているので、やはり書きたい。

 たぶん、日本プロ野球機構の方だって、「CSなんて止めろ」みたいな声は知らない筈はないです。外野とは言え元選手の評論家などからも同じ意見を聞きますし、ネットでちょっと「CS不要論」で検索すると、そんなことを書いているブログがボロボロ出てきます。そういうことを書いているブログのコメント欄を読むと、これが見事にCS廃止に賛成コメントが圧倒的に多い。やはり「ペナント終了後に3位のチームでも日本シリーズへの出場チャンスがあるのはおかしいし、それで勝ったチームが日本一、というのも納得できない」ということでしょう。小生もそれに同感です。
 CSは最初はパ・リーグで始まりました。どうしてもパ・リーグは人気でセに劣るので、何か盛り上がることをやりたい、特にペナントレース終盤での消化試合を無くしたい、というのがCS創立の動機でしょう。これはとにかく興行的には成功し、セ・リーグも追従して、今やプロ野球の一風景になってしまった。そして興行側としてはCSは結構美味しい興行なので、色々言われても今更止めるということはあり得ないらしい。プロ野球というのは結局のところ人気商売で、儲かってナンボなのです。ならば、CSの勝者同士の日本シリーズというのは、名称を変えて、CSファーストステージ、CSセカンドステージ、CSファイナルステージ(これが旧日本シリーズに相当)とかにして欲しい。下剋上で上がってきて、日本一というのはこれはやはりおかしいので、せめて名前だけでも変更してもらいたいと思います。

|

« 生鮮食品 | トップページ | ヤリス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生鮮食品 | トップページ | ヤリス »