« 河川氾濫 | トップページ | CS廃止が叶わぬなら・・ »

生鮮食品

 こんばんは、チェスです。

 週明け、というか世間的には本日は「体育の日」で休日なんですが、小生の勤務先は出勤日でしたので、空いている電車で出勤しました。朝から雨がパラパラ落ちてくるお天気で、これが一日続きました。
 先日ISS(国際宇宙ステーション)への物資輸送に打ち上げられた「こうのとり8号」ですが、7号に引き続いて日本産の野菜や果物といった生鮮食品が輸送品の中に入っていたそうです。現在ISSに駐在している宇宙飛行士たちがその荷物を開けて喜んでいる様子の写真が、JAXAのサイトに掲載されていました。

 大きな粒のぶどう、パプリカ、みかんなどが宇宙飛行士の前でぷかぷかと浮いている様子は、やっぱりあんな感じになるのか、と思う反面、自分としては宇宙には行けないかな、とも思ってしまいます。「ガンダム」の世界ではありませんけれども、最早「地球の重力に囚われた人間」になってしまったのですね。将来人間が宇宙で暮らすということになれば、それは年齢が若いほど適応力が高いということになりませんかね。

 で、目下のところは、こうのとりが輸送した様な生鮮食品は、宇宙では作れないのですかね。人工の重力と光と水があれば何とかなりそうには思いますけれどもね。

|

« 河川氾濫 | トップページ | CS廃止が叶わぬなら・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河川氾濫 | トップページ | CS廃止が叶わぬなら・・ »