« 蒲田 | トップページ | 2年縛り? »

官房長官

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京は晴れて少し寒いかなと思う位で、全体としては良いお天気でした。
 4月1日で、新年度の始まり、小生の会社でも、新入社員の入社式がありました。
 電車に乗っていても、未だスーツ姿に慣れていないと思われる若者がちらほら。

 さて、本日の12時少し前、11時45分頃だったかな、菅官房長官が次の元号を発表しておりましたね。
 官房長官というのは、言うまでもなく政府のスポークスマンであり、内閣を代表して国民に向かって諸々発表するのが大事な仕事です。
 総理大臣が外遊不在中には、その職務を代行するという、総理の懐刀とでもいうべき存在であります。
 それだけに、将来の総理候補の中の一人、と目されることもあるでしょう。

 あと僅かで「令和」に引き継がれる「平成」を発表した、当時の官房長官、小渕さんも、その後に総理大臣を務めています。となると、菅官房長官が今後総理大臣になる可能性もあるでしょう。

 ところで、今から8年前、あの東日本大震災があった年、日本の総理大臣は誰でしたでしょうか?当時は民主党政権で、菅直人さんが総理でした。こちらは、官房長官と同じ字の姓ですが読みの方は「かん」ですね。
 もし、今の菅義偉(すがよしひで)さんが将来総理になったら、同じ文字の姓で異なる読み方をする2人の総理大臣誕生ということになる。単に同じ姓の総理大臣なら「鈴木」がいますが、同じ文字で別の読み方の姓というパターンは初めてでしょうね。

|

« 蒲田 | トップページ | 2年縛り? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒲田 | トップページ | 2年縛り? »