« ドラゴン | トップページ | ダイヤ改正迫る »

憧れの夜行列車

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝は少し薄雲がありましたが、基本的には晴れの一日で、強い風も収まった様です。
 気温も上がり、それがために花粉も飛散しているようで、外を歩く時にはマスクは必須という状況になりました。

 かなり以前の記事になりますが、かつての日本の鉄道~国鉄が存在していた頃~には多数の夜行列車が走っていました。特に東京から九州方面へと夕方に出発する「ブルートレイン」は、小生にとって憧れの的でありました。更に青函トンネル開通後は、「札幌」という魅力的な行先票を持つ「北斗星」という寝台特急が走るようになり、これまた強い憧れを持って眺めておりました。
 しか~し。

 新幹線網が整備される様になり、昼間の移動で充分となると、わざわざ夜行列車に乗る需要が減っていった。かつてあれほど走っていた夜行列車は次々と姿を消し、「チャンスがあれば是非乗りたい」と思っているうちに、夜行列車の方が殆ど絶滅してしまいました。

 本来であれば鉄道の夜行が望ましいのですが、こうなってしまっては是非も無し。来週の週末金曜日は、夜行のバスで山形へ行ってくることにします。午前0時過ぎにバスタ新宿を出て、山形駅に6時30分に着く。夜行列車の気分だけでも味わうことができれば。

|

« ドラゴン | トップページ | ダイヤ改正迫る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憧れの夜行列車:

« ドラゴン | トップページ | ダイヤ改正迫る »