« 高速バス | トップページ | 神田 »

同性結婚訴訟

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は雲が多く、寒々しい一日でした。
 昨日のバレンタインデー、カミさんからの前倒しの高級チョコレートはともかくとして、会社で義理チョコをもらえるかしらん、と思っていましたが、どうもこれは一切なく、しかも木曜日にやって来てアメなどくれる保険屋さんのおばちゃんも何故かいなくて(その方は今日現われた)、義理チョコに相当するのは一個もいただけませんでした。
 昔は、というとそれは相当昔になるのですが、なにがしかバレンタインデーにはチョコレートがもらえたものだがなあ、と追憶にふけったのですが、今はおそらく女性の社員の中で「義理チョコは一切廃止」みたいな取り決めがあるのでしょうね。

 そのまさにバレンタインデーの「愛の告白」の日に、同性カップルが全国で「同性結婚を認めることを求める訴訟」を起こしました。いや、訴状そのものを読んではおらず、正確にはわからないのですが、国を相手どった訴訟であることは確かでしょう。
 現在、先進7カ国(G7)の中で、同性結婚を法的に認めていないのは日本だけなのだそうです。これは憲法に婚姻の規定があり、憲法を普通に読めば「結婚とは男性と女性との合意によるもの」と解されますから、同性同士の結婚はそもそも想定されていないのだろうと思います。であれば、同性結婚を法的に認めるには、これはもう憲法を改正するしかないのではないの?と考えますがどうなのでしょう。
 例の「自衛隊は憲法違反云々」という議論もありますから憲法改正はいずれはなされるように思いますが、そのタイミングで憲法24条1項も改正されるのかどうか、今の政治家が踏み込めるかどうか、まずは裁判所の判断待ちではありますが、立法府たる国会は、どっちかというと保守的だからどうでしょうか。

|

« 高速バス | トップページ | 神田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同性結婚訴訟:

« 高速バス | トップページ | 神田 »