« ティップネス値上げ | トップページ | インフルエンザ »

完全分煙社会

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝は寒かったものの、基本的には冬晴れの一日でした。ただ、相変わらず雨の降らない日が続いており、空気がカラカラに乾燥していて、咽喉には悪いですね。

 昨日は、小生が参加している俳句結社の今年最初の句会~初句会がありました。出句した五句は結果的に全部開いたので、成績は良かったです。出だしは好調と言えるかな。
 句会の後で、懇親会で主宰が経営している居酒屋というかスタンドバーというか、そういったお店に行きました。ただ残念なことに、先に来られていたお店のお客様にタバコを吸われる人が居た様で、タバコの臭いがする。
 大きなお店とは言えないので、店内分煙というのは実現不可能なのはわかります。いつもは、タバコを吸われる方はお店の外に出してある小さな椅子とテーブルの所で吸われていたので、そういうルールなのかなと安心していたのですが、どうも店内禁煙という訳でもなかったらしい。
 帰宅すると、アンダーシャツにまでタバコの臭いがついていたので、やはりあの臭いは強烈ですね。

 そういえば、年が変わってもうすぐ10日ですが、綾瀬のセブンイレブンのお店の前の吸殻入れは、未だそのままに置かれています。あの店は撤去要請には応じないつもりなのか?
 日本たばこのテレビCMで、「吸うひとも、吸わないひとも云々」というキャッチコピーが流れますが、理想的なのは完全分煙社会なのです。タバコの煙も臭いも全く吸わされることがなければ、別にどんだけ愛煙家がタバコを吸いまくろうともなんの文句もありません。ただ、その実現はなかなか困難なのですね。

|

« ティップネス値上げ | トップページ | インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全分煙社会:

« ティップネス値上げ | トップページ | インフルエンザ »