« 今回も玉砕 | トップページ | 新年俳句大会 »

温州みかん高くなった?

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は午後曇り空になりましたが、雨は落ちてこず。少し降って湿度が欲しいところです。

 お正月から今頃まで、簡単に皮を手で剥いて食べることができる温州みかんの時期ですが、どうも小生の実感として今年のみかんは少し値段が高いのではあるまいか、と思っています。いや、実際は今年だけ、ということではなくして、この数年と10年以上以前というスパンで比較しての話のほうが正確なんだと思いますが、そういうことなら「今年のみかんは」ではなくて「今のみかんは昔に比べて」と書けばいいだけでしたね。

 何というか、温州みかんというのは大衆的というか、非常に安い果物というイメージがあったのです。
 小生が小学生の頃は、段ボール箱でみかんを買ったような記憶があります。
 但し、当時の温州みかんは現在ほど甘くはなく、中には結構酸っぱいみかんもあった。
 現在は酸っぱいみかんにお目にかかることの方が珍しい、というか、酸っぱいみかんなどというのは市場には出てこないのではないか。
 それに加えて、温州みかんの強力なライヴァルが色々登場しました。熊本のデコポンとか、せとか、はるみなどですね。これらはみかんの様に一袋いくらでは売られてはおらず、1個いくらですので、温州みかんより結構高級な果物です。それだけ美味しいというのでしょうが、こうしたライヴァルの登場にもかかわらず、小生は簡単に食べられる温州みかんが最も好きであることは変わりありません。

|

« 今回も玉砕 | トップページ | 新年俳句大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温州みかん高くなった?:

« 今回も玉砕 | トップページ | 新年俳句大会 »