« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

やっと観た❗ボヘミアン・ラプソディ

 こんばんは、チェスです。

 平成最後の大晦日、山形市は昨日迄の大雪が上がり、昼間は青空が広がって道路の雪も結構融けてくれました。
 午後には、カミさんのリクエストで話題の映画、ボヘミアン・ラプソディを観てきました。
 伝説のバンド、クィーンとそのボーカル、フレディ・マーキュリーの話ですが、確かに話題になるだけのことはあり、力作でした。さほどクィーンというバンドに思い入れの無い小生にも結構楽しめました。
 カミさんによればメンバー四人にはかなり似た俳優さんが起用されている様だ、と。
 大晦日でも結構お客様も入っていましたよ。
 それでは皆さま、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪は峠を越したか?

 こんばんは、チェスです。

 30日の山形市、昨夜からの雪が朝も降り続いていて、うちのパッソは雪ダルマ状態。
 ただし、昼過ぎて雪は小降りになり、更に青空も広がり、漸く雪は峠を越した様に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪掻き

 こんばんは、チェスです。

 29日の山形市、ほぼ1日雪で、時折吹雪になりました。
 で、雪掻きです。ママダンプという道具で雪を運んで水が流れる渠に捨てます。明日も似たような雪の天気らしいです。ガックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒波襲来

 こんばんは、チェスです。

 年末~正月の帰省で山形に来ております。皆さまの所も多分寒いでしょう、寒波襲来で山形市も雪の一日でした。
 風邪などお召しにならないよう、お気をつけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 大根

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、どうやら、年末大寒波という奴が日本列島に襲来したようで、北海道と日本海側に寒波と雪が猛烈に降っている様です。
 東京は今のところ、まだそれほど寒くはないですが、時間の問題で寒波が押し寄せるのでありましょう。

 暫く前に、「大根」という記事を書いて、大根一本丸ごと買ってしまった顛末を書きました。
 煮物に使ったり、湯豆腐の具材にしたり、味噌汁に入れたり、下ろして納豆にかけたりと使いましたが、未だ少し余っています。しかし小生は明日から1月4日まで山形に帰省です。冷蔵庫とはいえ、1週間もほおって置けば野菜はダメになるでしょう。
 山形へ持って行くかなあ。

 ということで、明日から1週間ほど、本ブログの記事更新が滞るかもしれません。スマホで細々と書こうと思いますが、どうなるかわかりませんので、悪しからず。
 では一寸早いですが、皆様、良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IWCからの脱退

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、雲が少し多めの一日でしたが、お天気が崩れるということはなかったです。気温もまあ、この季節なりという程度で、ベラボウに寒いということは無かった。しかし週末あたりには大寒波がくるよと、気象予報士が盛んに言っていますが。

 さて、今日の昼のNHKニュースでは、「日本がIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を決めた」と報じられておりました。

 元々、IWCというのは、かつて欧米中心に鯨の乱獲が行われた結果、資源量が著しく減ってしまった鯨を、国際的に調査管理して適正な資源利用をしようということを目的にできた国際機関と理解しています。
 調査の結果、資源量が回復したことがわかれば、商業捕鯨を一定の範囲で始めてもいいでしょうが、というのが我が国の主張だと思うのですが、何故かしらんがIWCには海が全く無い内陸国まで加盟していて、商業捕鯨再開の道というのは常に否決されてきたというのが、ずーっと変わらぬ流れなんですね。

 結局これは、捕鯨国(資源として適正に管理されればその中で商業捕鯨してもいいだろ)と、反捕鯨国(鯨を獲って食べるなんてとんでもない、商業捕鯨まかりならん)という感情的対立になってしまっていて、反捕鯨国メンバーは、そもそも捕鯨と無関係の内陸国にまでメンバーを広げることで、数の力で捕鯨国の提案を押さえ込んでいるのですね。
 もはやこうなってしまっては、どうにもならん、そもそも今のIWCは当初の目的を逸脱している、だから我が国は脱退して、自国の200海里内で商業捕鯨をやりますと、それに至ったと。
 仕方ないでしょうね。鯨を水産資源と考える捕鯨国と、鯨は保護すべき存在という反捕鯨国は、相容れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホールケーキ

 こんばんは、チェスです。

 12月25日はクリスマスですね。東京は晴れて終日安定しておりました。
 日本では昔から(というか、小生が子供の頃から)クリスマス当日より、前夜祭とでもいうか、クリスマス・イヴの方が何かと盛り上がる。クリスマスケーキを家族で切って食べるのも、イヴの夜ですよね。

 やはり子供としては、大きなクリスマスケーキを切り分けて食べるというのは楽しみであったように思います。親は「クリスマスケーキなんつうのは、洋菓子屋がかなり前から作り溜めている奴だから、そんなに美味しくないし、みんなが好きな小さいケーキをそれぞれ食べた方が美味しい」みたいなことを言っていました。
 今して思うと、それはそうだよな、とは思います。
 しかし結局、ホールケーキを買ってきてもらって、切るのが楽しい。ただ、母親はクリスマスイヴだからと言って特別なご馳走などは用意せず、通常の夕食でしたから、「ケーキなんか食べてしまったら、夕ご飯が食べられなくなる」と言ってケーキは後回しになる。すると当然あの大きなケーキは余って、翌朝にそのケーキの残りを、どうもあまり美味しそうには見えないけれども仕方なしに食べる、と、その繰り返しだったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田端

 こんばんは、チェスです。

 天皇誕生日の振替休日、ということは、来年からはここの休日は無くなって平日になってしまうのでしょうね。というか、今や12月24日は「クリスマスイヴ」と言ってしまった方が通りが良いか。

 お天気が良さそうだったので、以前カミさんからもらったチケットを使って「東洋文庫ミュージアム」を見学に行きました。
 地図で見ると、山手線の駒込が最寄り駅の様ですが、すると通勤定期の経路上にある田端駅から僅かに一駅山手線に乗らないといけない。立った一駅はもったいない、と、ドケチの虫が騒いで、西日暮里からとことこと歩きました。不忍通りに出れば後は真っすぐだ、とは思ったのですが、意外に歩きでがありました。坂道が多いのですよね、この辺は。

 東洋文庫は大変立派な建物で、そのミュージアムでは現在「古地図展」を開催しておりました。
 世界地図、日本地図、江戸の地図のいずれも古い奴を色々と拝見いたしました。

 また歩いて田端の駅まで戻り、昼食を食べて田端駅から直ぐ北にある「田端文士村記念館」を見学。
 ここはどうやら北区の施設で、入館無料でした。この田端駅からすぐそばに住んでいたのが、文豪 芥川龍之介。そして、龍之介と親交のあった様々な文学、芸術関係の人たちがこの界隈に住んでいたり、一時滞在したりしていたのですが、東京大空襲でその家が全部灰塵に帰してしまった後は、この人たちは最早戻ってくることは無かったのだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天皇誕生日

 こんばんは、チェスです。

 平成の御代としては最後の天皇誕生日、東京はちょっと生憎のお天気で、寒くはなかったものの、小雨の時折降るお天気でした。

 今上陛下が来年4月30日に退位され、現在の皇太子殿下が即位されて新天皇になることが既に決まっておりますから、現在の天皇陛下としての天皇誕生日は本日が最後ということになります。

 先代の天皇、昭和天皇の時代というのは、日本が泥沼の如き日中戦争から、その処理を誤ったあげくに突入することになった太平洋戦争、そしてその敗戦、GHQによる占領を経て、戦後の復興という、本当に激動の時代であったと言われています。その激動の昭和が63年も続いたことから、現在の陛下の平成の時代は、30年と1/3という、半分にも満たない時間で終了してしまうのですが、平成の時代というのも考えてみればそう平坦でもありませんでした。高度経済成長の終焉により日本経済の長い低迷期を迎え、また数々の大きな自然災害がありましたし、阪神・淡路大震災や原子力災害も引き起こした東日本大震災は、未だ未だ記憶に新しいところです。

 しかし、今上陛下は常に国民目線で、その職責を果たされたものと思います。こんなご高齢になっても現役トップという組織は中々無いです。

 後4ヵ月ほどで天皇を退位されますが、国民にとって誇らしい陛下です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝のうちこそ、未だお天道様が少し顔を出していましたが、忽ち雲が厚くなっていき、お昼過ぎにはポツポツと雨が落ちてきました。ただ寒さはあまりなく、外を歩いていても「これで師走かな」という気温でした。

 雨は夕方には上がりまして、今日は地元密着スーパーの方へ食材の買い物に出かけました。

 このスーパーは、お魚類はどうもイマイチなのですが、野菜が全般的に安い。

 で、太く大きな大根が1本100円で売られていて、思わず1本買ってしまいました。

 通常は小生は、イトーヨーカドーなどでは、大根は1/3や半分に切られて売っている奴を買ってきます。一人では大根は中々使い切れないためですが、地元密着スーパーの場合、大根は1本丸ごとしか売っていないので仕方ありません。

 今日の夕食は、それほど寒くないのに、湯豆腐を作りました。白菜や鱈を入れたのは良いのですが、件の大根も一緒に食べてしまおうと思い、半分弱を切ってどかんどかんと湯豆腐の鍋に入れたら、何の鍋なんだかわからなくなりました。
 そして、大根もこれだけ入れるとそれだけで相当にお腹が膨れて、食べるのが大変でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の句会


 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、どうも西からお天気は下り坂らしいのですが、今日の所は未だ東京はお天気に恵まれました。

 さて、昨日の第3木曜日は小生が参加している俳句結社の、今年最後の句会でした。確か、この第3木曜日の先月の句会では、全く名乗れず=無声=小生はスコンクと呼んでいますが、それを食ってしまい、悄然として帰宅したのでありました。
 今年最後の句会で、またそいつをやらかしてしまうと、もう立ち直れない・・という程ではないですが、悔しい思いをするのは確かです。

 で、どうであったか。

 実に危ないところで、またもやスコンクだったのですが、僅か一句に、ありがたい1点が入りまして、名乗ることができました。これで、今年最後の句会の句会報には小生が参加しているという証拠が載ります。
 やれやれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南青山の一件

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝は少し雲がありましたが、基本的には好天の一日でした。気温もこの季節としては高めなのではないでしょうかね。
 今日は、第三木曜日で、今年最後の句会ということで、小生にとっては鬼門のしばしばスコンクを食っている句会です。今年最後にスコンクはどうにも悲しいですから、何とかしたいとじたばたしましたが、果たしてどうなるか?明日の記事で報告します。

 ところで、港区が南青山に国から取得した土地に、児童相談所などの施設を作ると計画し、地元住民説明会を開いたところ、なにやら反対意見が出て、その理由が「南青山という土地のブランドを下げないでくれ」というものだったことから(他にもあるのでしょうが)結構マスコミに取り上げられています。

 小生は、そんな土地代の高い所にそもそも住めませんし、土地のブランドも理解の外なので、この一件に対してコメントはできないです。
 しかしもうちょい事例を広範に考えると、似たような話は全国どこでもあるのではないかと思いました。
 例えば、清掃工場とか、斎場とかいった施設ができる、という計画が明らかになると、これはまあ、大抵その近所から反対の声があがる。清掃工場ができると、ゴミ収集車がどんどん来るようになり、斎場には亡くなった御遺体がやってくる。それはイヤなんでしょうね。
 しかし良く考えたら、この2つの施設にお世話にならない人はいない。ゴミを出さないで生活することは普通は不可能ですし、人間はいつか必ず死んで、斎場のお世話になります。だから、必要不可欠な施設なんだ、ということは誰もが理解できる。それとは別に感情として自分の生活圏の側にはおかないでくれ、ということでしょうね。
 これはもう反対の合理的な理由ではないわけです。社会生活上、必要不可欠だから、うちの隣にできてもそれは甘受する、というのが常識人ではないでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーアウト

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝から快晴で、ほぼ終日ずーっと快晴が続きました。昼頃の気温は結構上昇し、まず快適な一日でした。

 先日の記事で、ボイジャー2号が太陽圏を出たというニュースをご紹介しましたが、その時に「しかし太陽系というのはまだまだ広大」と追記したと思います。
 太陽系の最果ての惑星と思われていた冥王星が、「ちょっと惑星というには小さいのでは」という議論があって準惑星に格下げになり、さらにクワオアーやエリスといった、冥王星軌道の外に小天体が発見されるに及んで太陽系の最果ては広がる一方です。

 今回また、エリスの軌道より更に遠いところを回っている小天体が発見され、発見者などは「ファーアウト」と呼んでいるそうです。まあこれはあくまで愛称で、正式に命名されるのはだいぶ後になるだろうと思います。こういう遠方の小天体は、何せ継続して観測されないと中々軌道が決定できない。おそらくですが、きちんとした軌道がわかるのは何年も先の事でしょうね。

 ニュースでは「太陽系で最遠の小惑星発見」という風に報じられていますが、実はセドナというとんでもなく大きな離心率を持つ(つまりとてつもない楕円の)軌道の小天体が既に見つかっているので、そういう意味では「一番遠い小惑星」はちょっと違うのかもしれません。まあ、このあたりになりますと黄道面からの傾斜角の大きな天体はすごく捜索も厳しいですから、おそらく未発見の小惑星が相当あるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

路上喫煙取り締まり

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、本日はもう終日お天気で、気温の方もまずまず上がりましたので、週末の様な寒さに震えるという目には遭いませんでした。
 ところで、最大手のコンビニチェーン「セブンイレブン」が店頭に置いている灰皿というか、スタンド式の吸い殻入れ、あれを撤去しなさい、という通達なんだか、お願いなんだかを、本部は加盟店に向けて出しているらしいのですが、12月も早くも18日になっているというのに、土人の国である綾瀬のセブンイレブンでは依然として吸い殻入れが設置されたままになっています。

 いったい、いつまであれを置いておき、周辺に毒ガスの如き煙や臭いをまき散らしているのか、と小生としては本部にメールでも送ってやろうかと考えている所ではありますが、しかし未だ12月は2週間程度残っていますから、お店側としてはギリギリまで粘って置いておくのかもしれません。

 ところで、通勤通学時に、駅の周辺では、おそらく足立区からの委託を受けてでしょう、路上喫煙禁止のベストを着たお年寄りが二人一組位で歩いている。彼らが本当に路上の喫煙者を取り締まる、というか、注意をすることができるのかどうか、怪しいものですが、ところが彼らは道に落ちている吸い殻は拾って袋に入れているのです。せめてそのくらいは、ということかもしれませんが、何かもっと強力な取り締まりはできないものでしょうかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もNHK大河終わり

 こんばんは、チェスです。

 週明け、月曜日の東京、朝は未だ雨が降り続いていて、しかし天気予報では午後はお天気は回復して晴れる、ということであったので、折り畳み傘で出勤しました。
 予報通り、午後はお天気が回復してきてぐんぐん晴れ間が広がってきました。

 昨日の日曜日で、NHK日曜日夜8時の今年の大河ドラマ「西郷どん」が終わりました。日本人なら知らない人はいない、明治維新の立役者の一人で、九州鹿児島の英雄西郷隆盛ですが、みなさんご承知の通り、維新成った後は新政府の方針と折り合わず明治新政府を去り下野してしまい、日本最後の大きな内戦という西南戦争を九州で起こすことになりましたから、歴史的な評価は少し微妙かもしれません。
 以前にも何度か書きましたが、日本史の中でも激動の時代、即ち戦国の世から天下統一に至る安土桃山時代と、幕末~明治は、これはやはりドラマとして面白く、NHK大河でもここを取り上げている作品が、他の時代と比べるとかなり多い。ですので今年の西郷隆盛は、テーマとしてはまず鉄板的に数字を取れるだろうというものでした。
 実は小生としてはかなり飛び飛びしか見なかったので、後で総集編でおさらいしてみようかな、とは思っていますが、西南戦争がさらっと1回で片付けてしまっているのはちょっと物足りなかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒーター出動

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、晴れていたのは朝のうちだけで、午前中のうちに雲が広がってきて、昼過ぎには時折弱い雨がぱらぱら落ちてくるというお天気でした。更にはかなり寒くなり、パソコンを置いてある部屋にはエアコンが無いため、全く暖房が無い。それで数年前に購入した電気のヒーターを引っ張り出して、今シーズンとうとう出動ということになりました。

 毎年のことではありますが、毎年「さてどうしよう」と困るのが年賀状の作成。まあ例年、12月23日あたりに作成の山になるのですが、今年は少し動き出しを早くしようと、殊勝にも考えて、一昨日の金曜日の会社からの帰宅時、王子駅前で郵便局が年賀はがきを売っていたので、買っておいたのですね。で、ヒーターも出動させてしまった以上は年賀状の方も印刷を始めようかと考えて、ネットで色々とデザインを探して、まあ無難なこのあたり、というのを見つけて、年賀はがきをプリンターにセットしました。
 郵便局は早目に買ってくれた客にはサービスが良いですねえ。年賀はがきの入っていた袋には、まあポケットティッシュが入っている位かなと思ったら、貼り付けるタイプのカイロや、おでこに貼り付ける熱さまシート、カップに引っ掛けるタイプのレギュラーコーヒーが入っておりましたよ。

 それは良いのですが、いざ印刷に入ったら、黒と黄色のインクが少なくて、まもなくインク切れになりますよ、とアラートが出た。折角人が早めに年賀状作成に取り掛かったのにこの始末だ。止むを得ずこれもネットでプリンターのインクカートリッジを注文いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数の子

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、朝から晴れましたが、等圧線が縦縞模様の冬型気圧配置となり、どうも北風がかなり強く吹いて、気温以上に寒く感じる一日でした。
 ところで、小生の数少ない投資先のうちの某社は、師走に入りますと株主に数の子を送ってくれるのですね。今年もちゃんと頂戴いたしました。(本来であれば株主にはきちんと配当できるように、利益を上げてもらいたい)。で、普段は特に食べることも無いこの食品、縁起物ということで、お正月の料理に並ぶ一皿になるわけです。送ってきたのはニシンの卵ですけれども、塩漬けにされた塩蔵数の子ですから、いざ食べる時には塩抜きをしないとしょっぱくて食べられたものではない。のですが、塩抜きをしてしまうと忽ち日持ちがしなくなりますから、料理をする直前に塩抜きをする、ということになるかと思います。
 お正月に食べるのであれば、塩抜きをするのは未だ早いわけだ。

 で、全部を正月に行く山形で食べるのも多いかな、と思って、半分を実家の鳥越に分けることにしました。
 夕方近くなって漸く強い北風も収まってきたので、鳥越へ行って数の子を分けてきました。鳥越を出る時はすっかり暗くなっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千代田線のダイヤ改正発表

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日の東京、今日は北風が強くて寒いながらもお天気は終日続きました。昨日の木曜日は、お天気の崩れは無い、と予報で言われながら、夕方パラパラと雨が落ちてきて、水泳部の活動(単にストレス解消で泳ぐだけ)で会社を退社してプールに行こうとした時に泡を食いました。

 ところで本日、東京メトロから「千代田線のダイヤ改正を来年の3月16日に行う」旨の発表がありました。
 ずーっと工事の続いていた北綾瀬駅のプラットフォームの延長工事が完了して、さていよいよ綾瀬-北綾瀬間での10両編成の電車が運行されるようになるわけです。
 綾瀬の住人としては、「今まで綾瀬始発の恩恵を受けてきたが、これからは全部北綾瀬始発電車に変わってしまうのか」と暗澹としましたが、そういうことではなく、例えば平日の朝7時~8時台の綾瀬始発の電車13本のうち、5本が北綾瀬始発に変わるのだそうです。(小生はここが大事)ということは、13本の始発電車のうち、8本は依然として綾瀬始発として殘ると。まあ、それならヤレヤレだな。
 更に、現在の3両編成で綾瀬-北綾瀬を往復している区間電車も残るということです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左足の膝

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、天気予報では、東京は久しぶりに晴れてお日様が拝めますよ~みたいなお話で、まあ事実日の出の頃から小生が出勤する頃までは青空が広がっていたのですが、午後になると何やら雲が広がってきまして、どうもあんまりぱっとしないお天気に戻ってしまいました。

 さて、ここの所数日、ひょっとすると1週間位になるのかもしれませんが、どうも左足の膝に違和感を感じるようになっております。あくまで「違和感」の範疇で、膝が痛くて立ち上がる動作やら、階段の上り下りやら、歩行に支障を来す、という話には至っておりません。
 数日前から東京は非常に寒くなってきたので、もしかしたらその寒さと関係のあることか、あるいは先週の木曜日にプールに入った時に、何かの拍子に膝を捻ってしまったとかしたか、と思い出してみたのですが、そんな状況だったら当日にそれなりに痛みが襲ってくるはずで、そんなことはなかったと思います。

 現在の所は、「大したことは無い」ので、敢えて整形外科へ行くとかいうのは要らないと思うので様子を見るに留めようかと考えていますが、左足というのは小生の場合利き足なので、少しいやな感じはします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽圏

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝のうちは未だ雨が降っておりましたが、午前中には雨は上がり、お天気は回復に向かいました。
 気温も昨日の寒さよりは少しマシになりました。

 ところで、NASAにより41年前に打ち上げられた外惑星探査機ボイジャー2号が太陽圏から星間空間に出た、との報道がありました。
 過酷な宇宙空間を41年も航行していて、よくまあ色々な観測機器が動いているものだなあと、そこが一番感心する点ですが、電池を節約するためにボイジャーが積んでいた観測機器のうちの半分以上は停止させていた様です。それでも、41年もちゃんと動き、地球に向けて通信できるというのは、これはやはり凄いし、さすがはNASAですね。

 さて、太陽圏というのと、太陽系というのは、なにやら似たような言葉ですが、意味するところは違います。今回は「太陽圏から出た」ということで、プラズマ状態になって太陽から吹き出している太陽風が観測されなくなった、ということを意味している様です。
 地球が属している太陽系というのは、準惑星に格下げになってしまった冥王星が一番遠い、と思われがちなのですが、今や更に遠くを巡る軌道の小さな惑星、エリスだのゼナなどが発見されておりまして、そういう意味では太陽系というのは相当に広大です。ですから、ボイジャー2号は太陽圏からは出たのですが、未だ太陽系の中にはいるということになってしまうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きのこのソテー

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、朝は殆ど快晴の様に晴れ、しかしこのシーズン一番の冷え込みになって、寒い一日でした。晴れていたのは午前中だけで、次第に雲が増えてきて、夕方はとうとう小雨がパラパラ落ちてきました。今夜から明日にかけて雨の予報なんですが、この寒さではおそらく関東地方でも山間部は雪になるでしょうね。

 小生はわりときのこという食材が好きで、特に舞茸、しめじ、エリンギなんかは安く買える時に買っておいて冷蔵庫の野菜室に入れております。

 寒くなってきたので、一人鍋の材料にきのこを入れるのも良いですが、小生が好きな調理法はきのこのソテーですね。バターでソテーして、仕上げにお醤油を少し垂らす。お醤油の量にもよりますが、塩コショウはあまり入れなくても味付けは充分。ただ、ほんの少し鷹の爪があるといいのですが、今の所こいつは無い。

 それで、昨晩在庫してあったしめじとエリンギを使って、久しぶりに作ってみたわけです。ただ、野菜室にモヤシが袋半分残っていて、モヤシというのは安い代わりに足が早くてすぐにダメになるので、これも一緒に炒めてしまった。これがちょっと失敗で、モヤシからの水分で味が薄くなってしまいました。

 野菜を一緒に炒めるなら、ニンジンとかピーマンとか、あまり水分が出なさそうな野菜にした方が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停車位置

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、昨日の日曜日より更に寒く感じる寒い一日で、これでどうやら師走になったな、という感じです。本日から会社に行くのに、ズボンの下にタイツの如きヒートテックの一種を履きました。

 ところで、今朝の千代田線、北千住を出て、町屋に着く手前で電車が止まってしまい、車掌のアナウンスによると、「前の電車が町屋駅で停車位置を直しておりますので、少々お待ち下さい」ということで、随分止まっていた様に感じましたが、実際は1分~2分という所でしょう。

 小生が乗っていた電車でも、過去に駅で一度止まったにもかかわらず、「停車位置を直します」と動いたことがありました。但し、プラットフォームをはみ出す位に行き過ぎたとかいうならともかく、ほんのちょっとのズレを直しているんですね。
 別にこの位だったらいいんじゃないの、と乗客としては感じるのですが、運転士としては「停車位置の誤差は50cm」とか決まっているのでしょうね。これは全くの推測ですが、東京メトロ千代田線も、そろそろホームドアの導入を進めつつあります。ホームドアが設置された場合、停車位置を厳密に守らないと、電車のドアとホームドアの位置がズレてしまい、乗り降りに支障が出るとか、ホームドアが上手く開かないという問題が生じるのかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千住東

 こんばんは、チェスです。

 日曜日の東京、少し曇りがちではありましたが、まあ、まずまずのお天気と言ってよいかと思います。ただ、漸く師走らしい寒さがやってきまして、東京でも街を歩く人はみんなコートやダウンジャケットを着込む様になりました。

 午前中は荷物が届くのでそれを受け取り、更に洗濯などをして、昼食を食べて、郵便を出しに出かけました。
 普通の封書であれば、切手を貼ってポストへ投函すれば良いだけですが、俳句結社の新年俳句大会の投句の締め切りが明日の10日に迫っています。10日の消印有効ではなくて、10日必着、という決まりなので、日曜日だと集配が遅れて明日には着かないかも、と思ったもので、それならば場合によっては速達にしてもらえるように郵便局まで行こうと考えました。

 小生の家の近所には、郵便局の本局はありません。一番近いのはどこかな?と調べたところ、足立郵便局がそうらしい。隣の北千住からでも歩いて行けそうだったので、千代田線に一と駅乗って北千住で下車。東口へ出て、東京電機大学のキャンパスを左に見ながら歩いて行きますと、千住東という地域です。「せんじゅひがし」と読みそうになりますが、ここの地名は「せんじゅあずま」なんですね。東京電機大学のグラウンドも「せんじゅあずま」と書かれていました。

 足立郵便局は、京成関屋の駅前にありました。日曜日の窓口は混んでいて、行列があり、待たされましたが何とか速達で出してきました。
 それにしても、京成関屋の駅と、東武スカイツリーラインの牛田の駅、非常に近いのですが、全く無関係の様に立っていて、乗り換えは駅の外に出ないとダメの様です。京成電鉄と東武鉄道は仲が悪そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯島天神

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、少し雲は多めでしたが、まずまずのお天気でした。
 本日は、小生が入会している俳句結社の今年最後の本部句会(主宰が必ず出席される唯一の句会)でした。会場はいつもの神保町のひまわり会館ではなくて、湯島の全国家電会館の講堂でしたので、小生の家からは少し近い。10分は時間が節約できるかな。
 で、お天気もまずまず恵まれていましたので、少しだけ早目に家を出て、湯島天神にお参りをしてから会場に向かうことにしました。

 今年最後の本部句会ですから、ここはやはりスコンクは困る。で、神頼みということです。湯島天神は、皆さまご承知の通り、菅原道真が祀られている神社です。讒言により九州は太宰府に左遷されてしまい、彼が亡くなったあと、自然災害やら伝染病からが続発したので、こいつは菅原道真の祟りだ、ということで、神様になったわけですね。とにかく、道真は学問の神様ということになっているので、これからの受験シーズンにはたくさんの絵馬が奉納されるでしょう。
 俳句という文芸と、学問とは、ちとジャンルは違う様な気がしますが、ともかく何とかスコンクは免れたいです、とお願いして会場に参りました。本殿の前では、結婚式を挙げられた方々の記念撮影が行われておりました。神前式という奴ですね。

 結果、本日は3点を頂戴した句が一句、1点が一句で、二句が開きましたから、お陰様でまずまずの成績と言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公衆電話

 こんばんは、チェスです。

 週末金曜日、東京は、朝の内はまたぞろ雨が落ちてきそうな曇り空でしたが、天気予報ではお天気は回復に向うとのことでしたので、傘はもたずに出勤いたしました。

 そのまま確かにお天気は回復し、まだ今日のところはそれほど気温は低くなりませんでしたが、週末から週明けにかけては寒さがやってくるらしいです。

 昨日は、携帯電話の3大キャリアの一角であるソフトバンクの携帯とスマホが通信障害を起こし(圏外になってしまうとか)ソフトバンクユーザーが大混乱を来たしたと今朝のニュースで報じられておりました。小生はAUのユーザーなので、特に影響はございませんでした。
 ニュースでは、街角の公衆電話ボックスに入って電話を掛ける人の様子が映っておりました。こんな様子を見ると、東日本大震災の際にどこのキャリアの携帯も殆どパンクして繋がらず、公衆電話から鳥越の実家に電話したことを思い出しました。
 今回はキャリアが一つ障害を起こしただけですが、3.11のことを思うと、これはやはり公衆電話を全部止めてしまうというわけにはいかないですね。ただ、ウソかホントか知りませんが、若い世代には公衆電話の使い方を知らないという人がいるとか。そういう人は、一度位練習で使ってみた方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

扇屋の厚焼き玉子

 こんばんは、チェスです。

 木曜日の東京、朝から雨が降っておりまして、夕方近くまで雨が残りました。気温も昨日に比べるとかなり下がり、師走らしい寒さがやってきました。

 その昨日は、小生が会員となっている俳句結社の忘年句会がありまして、句会の後は主宰が経営する居酒屋にての懇親会です。
 今回は「差し入れ歓迎」という日でしたので、出席の面々が食べ物やお酒を持ち寄り、賑やかな忘年会となりました。
 昨年の忘年句会では、小生は最高得点句賞を獲得し、賞品を貰って帰ったのですが、残念ながら今年は逃しました。

 ところで、小生は宴会の差し入れには、王子の扇屋の厚焼き玉子をいつも買って持って行きます。
 王子駅の北口の駅裏、音無川親水公園にはかつて割烹の老舗「扇屋」というのがありまして、ここの名物が、釜焼きの玉子焼きだったのです。
 ただ、割烹の扇屋は、もうかなり以前に閉店してしまいました。ただし扇屋の名物玉子焼きだけは、残渣というか名残として、売っているのですね。

 特徴としては、ずばり「甘い玉子焼き」です。甘いのが嫌いな人には向いていません。下戸で甘党の小生は、これが好きなんですね。で、酒飲みばかりが集まっている句会の宴会料理にこの甘い玉子焼きは如何なものかな、と思って、最初は恐る恐る持って行ったのですが、こいつが意外に好評で、結構早く無くなってしまうのですね。昨日も、お皿に余っていたら食べようかな、と思っていたら、既に全部売り切れておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新駅名称

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝は曇りながら、雲の切れ目から日が差し始めているというお天気で、天気予報ではこれからお天気は回復に向うということであったので、折り畳み傘を鞄から出してしまったのですが、王子駅で下車して歩き始めるとパラパラと雨が落ちてくる始末。朝の通勤通学時に濡れてしまった人もいたでしょうね。

 さて、JR東日本の稼ぎ頭、山手線の田町-品川間に新しく開業するという新駅の名称が発表になりましたよね。「高輪ゲートウェイ」。

 駅名を一般公募して決めたわけですが、既報のとおり、この「高輪ゲートウェイ」は応募数順位で言えば130位なんだそうで。
 そうすると、そもそも一般公募の意味があったのか?という議論も出てきてしまいそうですが、JR東日本もまあ色々苦労したらしい。
 素人が考えれば、シンプルに「高輪」や「高輪泉岳寺」ではどうなの、ということですが、新駅の住所は高輪にはならず、港南になってしまうそうです。
 けれども、今や国際的にも知名度が上がってしまった「秋葉原」という駅。この駅があるのは千代田区の外神田です。そもそも、駅名と地名が一致しない例なんてのはいくらでもあるでしょうに。都営地下鉄大江戸線の「新御徒町」なんて、酷いものだと思っています。どこが「御徒町」なんだと。

 それで言えば、新駅が高輪には無くても、高輪で充分いけると思います。まあどうせ、新駅が開業したら、10人が10人「高輪」と省略して呼びますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オシリス・レックス

 こんばんは、チェスです。

 火曜日の東京、基本的には曇り空で、すっきりしない空模様ではありましたが、南から流れ込んできた暖気のためなのか、気温は20℃以上はありましたかねえ。

 NASAの小惑星探査機「オシリス・レックス」が、目標の小惑星である「ベンヌ」に到着したというニュースが入って来ました。オシリス・レックスの任務は、「はやぶさ2」と似ておりまして、サンプル・リターンもあります。「はやぶさ2」のライバルなんですが、双方がサンプルを目出度く回収できた暁には、サンプルを交換するという協力をすることにもなっているみたいです。

 にしても、あちらは何しろ天下のNASAの探査機だ。「はやぶさ2」と比較すると、軽自動車と最高級キャデラックくらい(打ち上げ時の重量が)違う。これはもう、予算の違いとしか言いようがありませんね。大きく重い探査機ですから、載せている観測装置もはやぶさ2と比較すると贅沢に奢っております。でも、我が方のはやぶさ2も今回は初代はやぶさの経験を活かして「リュウグウ」からお宝を頂戴せんと頑張っておりますから、負けるわけにはいきませんよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームドア

 こんばんは、チェスです。

 週明けの月曜日、東京では夜中に雨が降った様で、朝出勤時には未だ路面が少し濡れておりましたが、雲は切れていく方向で、基本的にはお天気は崩れずに持ち堪えたという一日でした。但し西からお天気は下り坂ということで、明日の火曜日は東京も雨がおちてくるらしいです。

 いつぞやの記事で、千代田線の各駅(北千住を除く)では、一斉にホームの発車メロディーが導入された、と報告いたしましたが、現在東京メトロではホームドアの導入も着々と進めているようで、我が千代田線や、半蔵門線でも、各駅で順次工事が進んでいる模様です。
 JR東日本の首都圏では、稼ぎ頭の山手線が真っ先にホームドアを導入しましたが、これは中々先見の明がありましたね。何しろ今日び、スマホを歩きながら眺めている人は多いし、ゲームをやっている人もそれなりです。あの人たちは、ホームから線路へと転落する可能性は充分あります。
 それで、そうした線路転落事故を防止する意味でも、ホームドアの導入は有効ですよね。速やかに、できれば、全線全駅へ導入してほしいですが、混雑激しい駅に優先的に工事する、でもいいや。しかし、再来年に迫った東京オリンピックに間に合うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セブンイレブン前の吸い殻入れ

 こんばんは、チェスです。

 昨日の土曜日の暖かさに比べると、本日日曜日の東京は、この季節らしいとでも言いますか、お日様が出てこなかった分寒かった。寒いは確かに寒かったのですが、しかしもう師走に入りましたから、こんなものかなとは思います。

 ネットで、「セブンイレブンの店舗前に置かれている吸い殻入れ(灰皿)を撤去する要請を、まずは東京の店舗に対して行った」というニュースを読みました。(誰が)という主語が抜けておりますが、まあこれは当然に、セブンイレブンの本部というか、フランチャイズの元締めでしょうね。

 確かに、セブンイレブンに限らず、コンビニの店舗の前にはスタンド式の吸い殻入れが置かれていることが多い様に思います。

 コンビニではタバコも取り扱っているから、タバコを吸う人への配慮として、お店の前に吸い殻入れを老いて、まあここで一服どうぞ、という形なのだろうな、とは思いますが、しかし、小生の如く「喫煙者は全員ガス室送りで良い」と思っている人間からしたら、セブンイレブンの前を通る度に、タバコの煙と臭いが流れてくる(かもしれない)と思うだけで「コンビニにちょっと寄りたい用事があるけど、他へ行くか」と思ってしまう。販売機会を奪うだけの威力がタバコの煙にはあるわけです。

 まあ、吸い殻入れが撤去されたとしても、吸い殻が地面に落ちるだけだとしたら、本当に喫煙者は早く死んで欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと不満

 こんばんは、チェスです。

 土曜日の東京、穏やかに朝から晴れて、昼間は気温も上がって洗濯日和の一日でした。

 気が付けば、今日から師走、12月です。1年が12枚のカレンダーを使っていますが、そいつがとうとう最後の一枚。本当に一年経つのがあっという間ですね。昨日小生が会員になっている俳句結社から、12月号の俳誌が配達されてきました。で、会員の俳句が載るコーナーで、主宰が「この人の作品は素晴らしい」という「秀逸」という2ページがあり、その2ページの後に作者の五十音順のページが続く、ということになっているのですが、今年は何とか一回でもいいからこの「秀逸」のページに載りたい、と念じて頑張ったのですが、とうとう一度も秀逸に載ることはなく、2018年が終わってしまいます。誠に残念であります。

 午前中、歯医者の予約が入っていて、こちらは3ヵ月に1回の割合で行っているのですが、実は小生の歯の中に、ブラッシングが甘くて少し汚れが取れていない歯があるのです。最近それに気が付いて、その歯を重点的に磨いているのですが、あまりに懸命に磨いていたら血が出てきてしまいました。それでも汚れが取れないので、プロの力で何とかしてもらおうと、クリーニングが始まる前にこれこれとお願いしてみました。

 そしたら、毎度やってくれる歯科衛生士の女性、冷たく「それはご自分のブラッシングのやり方の問題なんですね。」と言って、こちらの責任だという。そりゃま、毎日歯磨きしているのは小生ですけれども、それでは綺麗にならないから、何とか綺麗にしてほしい、と頼んでいるのに、それはダメだという。毎回、2000円以上を支払っているのに、ちょっと不満でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »