« 中間選挙 | トップページ | ドラフト会議 »

CSはカップ戦に

 こんばんは、チェスです。

 水曜日の東京、朝のうちは雲が多く、どうも夜雨が降っていた様で路面は濡れていましたが、昼間は晴れ間もあり、昨日の様に寒いということもなく、まずまずの一日だったと思います。

 今年、2018年の日本のプロ野球も、後残すは日本シリーズのみとなり、だいぶ押し詰まってきました。今年の日本シリーズの顔合わせは、セントラルは順当にペナントレースチャンピオンのカープ、対するパシフィックはライオンズが敗れてしまい、ホークスということになりました。
 この現行のCSという制度による日本シリーズなんですが、どうも小生は始まったときから今に至るまで、モヤモヤ感があります。ペナントレース優勝チーム同士で、日本一を賭けて戦う日本シリーズの価値が、どうも下がってしまうような気がします。ペナント3位チームがひょっとすると日本一になってしまうという下克上は、「それは単なる敗者復活戦だよね」と思ってしまいます。

 日本シリーズは、これはもう昔の様にセ・リーグとパ・リーグのチャンピオン同士のシリーズに戻してもらって、どうしても敗者復活戦をやりたいならば、日本シリーズとは別のカップ戦をやってはどうでしょうか。でもって3位から、とかケチ臭いことをいわずに、ペナントレースの6位のチームが5位のチームと対戦して、勝者が4位のチームと戦う。その勝者が3位のチームと対戦して、その勝者が2位のチームと、そして最後に待ち受けるラスボス、チャンピオンチームと対戦する。全部、負けたら終わりの勝ち上がりトーナメント方式にすれば、全部で5試合で済みます。(両リーグで実施しても10試合)ペナントレースが上位成績のチームほど、試合数は少なくて済みますから、当然これは有利です。6位だったチームが優勝するには、5連勝しかないわけで、相当厳しいですが、下克上というにはこのくらい厳しくないと意味ないでしょう。優勝カップの名前は両リーグでそれぞれ決めればいいと思います。どうでしょうねえ。

|

« 中間選挙 | トップページ | ドラフト会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CSはカップ戦に:

« 中間選挙 | トップページ | ドラフト会議 »